俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

CDジャケットにチラシ、SoundCloudバナーも…「Canva」でアーティストのビジュアルデザインが完結できる

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

とっても良いツールを発見したのでご紹介です。

 

コレがあればスキルがない人でもプロ並みのデザインができる!

 

音楽活動にも!無料でデザインできる「Canva」がスゴイ!

canvaは基本無料で使えるブラウザ上のデザインツールです。

 

使い方はとっても簡単で、まずはFacebookかGoogle+またはメールアドレスでログインします。

f:id:sohhoshikawa:20170531200351p:plain

 

次に使用目的を、

  • ワーク
  • 個人
  • 教育

から選びます。

どれを選んでも機能や料金には違いがないようです。

便宜上、一応選ぶだけみたいですね。

ぼくは個人にしておきました。

 

あとは多数あるレイアウトから用途と好みに応じて選んでデザイン作業開始!

実際に使ってみると「コレは音楽活動でも超使えるな~」と思ったのでcanvaの魅力をご説明します。

 

音楽系アイテムのレイアウトも標準装備

canvaは音楽活動で出くわす「デザイン」も対応してるんですよ!

 

ポスターやフライヤー、単純なロゴのデザインレイアウトを標準装備。

f:id:sohhoshikawa:20170531201027p:plain

 

各種ソーシャルメディアのヘッダー部分やYouTubeのサムネイルも。

Soundcloudバナーもあるとかシブい!

f:id:sohhoshikawa:20170531201159p:plain

 

CDジャケットまで用意してあります。

DIYでCD作る人とか助かるんじゃないかな?

f:id:sohhoshikawa:20170531201358p:plain

 

用途に応じてデザインを選びます。

さらにそこから詳細なレイアウトを選んで、それをベースに作業していくんです。

f:id:sohhoshikawa:20170531202024j:plain

 

例えばこんなCDジャケット作ってみました。

3分で完了!

 

まぁ、フリー素材なのでアレですが(笑)

f:id:sohhoshikawa:20170531202735j:plain

 

有料レイアウトを使ったり、凝った写真素材を用意しておけばさらにカッコよく作れそうですね。

 

フォントの種類が多い

ぼくは今までデザインする時は「pixlr」とか「Picky Picks」などを使うことが多かったのですが、それらに比べてCanvaが良いのは文字フォントの種類が豊富なところですね!

 

ちょっと多すぎて数を数えきれないぐらい。

f:id:sohhoshikawa:20170531203110p:plain

 

和風フォントが結構充実しているのかなぁ?

こんな感じで色々選べますよ!

f:id:sohhoshikawa:20170531204114j:plain

 

ちなみに有料プランだと自前でフォントもアップロードできるみたいです。

もはやプロ仕様ですね。

文字フォントについてはこちらのブログが参考になりますよ。

関連サイト:デザイナーが仕事で使う日本語フリーフォント12選【商用可】 - ベーコンさんの世界ブログ

 

誰でも簡単に操作できる!

canvaはもちろんブロガーにもおすすめです。

他にも、こんなのを作ってみました。

 

スマホ用ブログヘッダー↓

f:id:sohhoshikawa:20170531204710p:plain

スマホ下部の固定バナー↓

f:id:sohhoshikawa:20170531204720j:plain

 

この程度ならマジで1枚10分くらいでできます。

操作もめっちゃ簡単です。

 

イメージ的には小学校のパソコンの授業で習うペイントツールを触ったことがあればできます。

フォトショップとかイラストレーターの経験がない人でも大丈夫!

基本的にはレイアウトを選ぶ⇒素材を選ぶ⇒文字情報を入力する、だけですからね。

デザインが苦手な人ほど積極的に使うべきです。

 

まとめ

そんなわけでcanvaは、

  1. 基本利用は無料
  2. 操作も簡単
  3. ブラウザ上で使えるのでソフトのインストールなど必要なし
  4. 音楽活動にも使える!

などなどのメリットがあるメッチャ便利ツールでした!

ぜひ覚えておいて必要な時に使ってくださいね。

⇒Canvaの公式サイトを見てみる

 

 

 

それでは!

 

 

 

ところで俺、まちがってねぇよな?