読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

おすすめの激安CDプレス会社と紙ジャケットを手作りする方法

バン活!(バンド飯) バン活!(バンド飯)-ロックバンドのモノづくり

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

今回は僕が使わせてもらったCDプレス会社さんを紹介します。

実際、利用してみて丁寧な対応が好感でした。

 

at green


CDプレス・Tシャツ・オリジナルグッズの制作なら | at green

RundabanSpoilerPartyの『WORKING CLASS BEAT』と『どうなっちゃてんだ』両方ともat greenさんにお願いしました。

まず、安さがありがたいのですが、その他にも良いところがあります。

 

業界初の代引き

クレジットカードや銀行振り込みなどを使わなくても決済できるのは便利。

資金調達もギリギリまで時間をかけられます。

海外プレスでも盤面の「Pressed in Taiwan」不要

意外とこだわるアーティストが多いのでは?

CDフルパックはバルクをプレゼント

これは地味にありがたい。

CDを全国リリースするとサンプル版を各所に配るのですがその時に重宝します。

丁寧な対応

僕らは全国リリースしたので、デザイン面で色々とチェックする部分がありました。at greenさんでも丁寧な校正をいただき、かなりありがたかったです。

ちなみに

f:id:sohhoshikawa:20150211213351j:plain

CDにこんなレコード溝加工を施すことも可能です。

僕らも利用させてもらってRundabanSpoilerPartyの『どうなっちゃてんだ』の盤面はこの加工になってます。

最安値なら三光メディア

CDプレス バルク製造 | CDプレス・DVDプレスの三光メディア

こちらが業界最安値と言われているCDプレス会社です。参考までに。

 

バルクとハンドメイドCDジャケットのススメ

バルクとはケース無しのディスクだけをプレスしてもらう形態です。

とりあえず一番安く、プレスできます。

at greenなら500枚¥24000。

三光メディアなら1000枚¥19800です。

 

これでジャケットはDIYで手作り!

というはどうでしょう?

CDは最盛期より売れなくなっています。

 

しかし、

「ライブ物販」

また別の観点からすると

「バックエンド商品」

としてはまだまだ優秀なものだと前回までの「バン活!」で理解してもらえたと思います。

 

お手製でプレミアムな商品をつくることでファンにとっての「特別感」とバンドにとっての「利益の確保」が望めます。

また、意外にハンドメイドのジャケットでも全国流通に対応してくれたりもするのでディストリビューターさんに事前に相談してみてください。(なんならCD-Rでも流通してくれたりもする)

例えばこんなつくり方は?

 

CDジャケットを自作する方法

まずは紙ジャケットを用意

Amazonでまとめ買いするのが安い。

表紙を用意

これだけだとなんのデザインもないので表紙を印刷しましょう。

普通のコピー用紙に印刷して・・・・。

カットして張り付ける。裁断機買っちゃいますか(笑)

貼る時はスプレー糊が便利。

最初からシールに印刷するという手もありますね。

歌詞カードを用意

ちょっとコジャレてクラフト紙に印刷するのはどうでしょう?(笑)

A4なら半分に切って折りたたむののがいいかな?

包装して完成!

一応、内袋にCD入れましょう。

あとは包装します。 

試しに100枚つくってみると費用はこんな感じ

・CDバルク代(三光メディア)¥18700

・ジャケット本体代(紙ジャケット10枚セット¥864×10)¥8640

・ジャケット表紙代(A4コピー用紙)¥490

・裁断機¥1635

・スプレー糊¥540

・歌詞カード(A4クラフト用紙)¥486

・内袋¥810

・外袋(20枚セット×5)¥500

合計¥31801

一枚あたりの原価は¥31801÷100=約¥320

なので売価を¥1000とすれば¥31801÷1000=約32

33枚目以降から純利益が発生します。

どうでしょう?

30枚くらいはライブと通販で売れそうな気がしませんか?

まぁ、そのくらい売れないとそもそも音楽でメシなんてムリなんでしょうけど。

 

さらにこんな便利な商品もありました

レコード風のCD-Rとジャケットがセットになった商品。

歌詞カードやデザインを入れても原単価¥200くらいでいけそう。

 

アイディアと愛情で特別なものを

個人的な感覚ですが、上記のようなハンドメイドジャケットでも10曲くらい入ったフルアルバムなら¥2000くらいの値段でよいと思うんですよ。

人件費もかかってますから(笑)

やっぱり100枚完売して利益が¥70000くらいだとなかなか次の活動に繋げるのは大変かなと。

要はそれだけの価値があればOK。

是非、独自のアイディアを入れてファンの方が喜ぶものにしましょう!

 

さて、ここまで大体のバンド活動の概要はつかめたと思います。

 

このピラミッドを網羅しました。

f:id:sohhoshikawa:20150117111513j:plain

さて、ピラミッドが完成したからといってほおっておいてもなかなか上手くはいきません(笑)

次回は図、右側のコンテンツを考えて見たいと思います。

 

コンテンツをピラミッドに供給することでコミュニティが活性化して、ファンになってくれる方を増やそうというわけですね。

 

次回のバン活はこちら。

www.shellbys.com


引き続きお読みください。

 

 

以上、バンドマンがお送りしました!

 

こちらもどうぞ!

www.shellbys.com

www.shellbys.com

www.shellbys.com