スポンサーリンク

 

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

「クラウドソーシング」ってご存知ですか?

ネット上で仕事の依頼、受注ができるサービスことですです。

これの音楽版!

 

音楽のクラウドソーシングがいよいよ活気づいてきたので、ここいらでまとめておきます。

このサービスは特に作曲家の方にチャンスです。

もちろんそれ以外でも、バンドやソロアーティストなど曲を制作できる人たちは楽曲で稼ぐことができそうですよ。

①オーディオストック

オーディオストックはおそらく日本では音楽クラウドソーシングの先駆けとなったサービスですね。

興味ある方はまず、ここから見ると良いでしょう。

著作権フリーBGM/効果音の音楽素材 - 「オーディオストック」

 

スポンサーリンク

②ARTISTCROWD

こちらは新興ですので、ライバルが少なさそう。

コンペは盛り上がってますね。

ARTISTCROWD - Music sound and music of crowdsourcing artist cloud

 

③CREOFUGA

こちらもイイですね。

作曲で稼ぎたい人はとりあえず複数登録しておいて損はないかと。

作曲コンテスト・コンペ開催 - 音楽共有サービスCREOFUGA[クレオフーガ]

 

④クラウドワークス

クラウドワークスは音楽に限らず、様々な仕事を受注する日本で一番最初のクラウドソーシングです。

音楽カテゴリーもあるのでチェック。

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

⑤ココナラ

ココナラもクラウドソーシングですが、単価が500円~というわかりやすさから最も気軽で敷居の低いクラウドソーシングサービスです。

音楽に限らず、様々なサービスがありますのでクライアントとしても使いやすい。

僕も自分のアイコンを作ってもらいました。

ココナラ

 

⑥DOVA-SYNDROME

こちらは完全無料で楽曲を提供するので収益をあげることができませんが、まずは実績を上げたい、露出を増やしたい方にはうってつけのサービス。

実際、DOVAとオーディオストックを併用している人はかなり多い気がします。

フリーBGM(音楽素材)無料ダウンロード|DOVA-SYNDROME

 

まとめ

まずはDOVAココナラなど敷居の低いものから始めるといいかもしれません。

また、ただアップロードしたり、コンペディションに応募するだけでなくブログなどで自分の信用と実績を積み上げて、わかりやすくプレゼンする能力も必要です。

本当にたくさんの方がこういった活動にチャレンジしています。

 

参考になりそうな方を紹介しますので是非、それぞれのブログなど見てみてください。

 

それでは!
「音楽で稼ぐ」カテゴリー一覧に戻る

スポンサーリンク
音楽で稼ぐの関連記事
  • 音楽サービスが全部入り!?エイベックス提供の「BIG UP!」の効果的な使い方を考えてみた
  • 誰でも自分のバンドスコアを作って売る方法
  • 人気の物販、バンドグッズランキング!おすすめの製作業者も紹介
  • YouTubeの「コンテンツID」で音楽の『著作権使用料』を稼ごう
音楽ブログの教科書

今、副業として、専業としてブログで稼ぐ人が増えています。

あなたも好きな音楽のことをブログに書いて収益を上げることができます。

音楽ブロガーのノウハウを知りたい方はこちら。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事