バン活!~バンドマンのための音楽活動サイト~

バンド活動のお悩み解決!音楽でメシを食うための方法。

 

ダウンロード?ストリーミング?ラジオ?音楽配信ストア、3タイプの違いをわかりやすく解説!

スポンサーリンク

どうも、星川(Soh_RundabanSP)です。

 

群雄割拠!

 

最近はホント音楽配信サービスが増えましたね~!

基本的に音楽配信サービスは以下の3タイプがあります。

  1. 買い切りのダウンロード型
  2. 配信されている曲なら聞き放題のストリーミング型
  3. 次々に音楽を流してくれるラジオ型

 

「スマホに音楽アプリほしいけど何が良いの?」

「私のライフスタイルに合っているのはどれかしら?」

 

今日はそんな疑問に答えるべく、3つの音楽配信のタイプを解説して、その中でもおすすめのサービスを厳選して紹介します!

きっと自分にぴったりの音楽アプリが見つかりますよ。

 

①ダウンロード型音楽配信サービスの特徴

ダウンロード型のサービスは、楽曲を購入したら音楽を端末にダウンロードして保存しておけるサービスです。

楽曲は1曲単位、またはアルバム単位で購入することができます。

 

代表的なのは、

  1. iTUNES
  2. レコチョク

の2つですね。

 

ご存知、iTUNESは世界中で使われている音楽ダウンロードストアです。

レコチョクはそれの日本版といって良いでしょう。

 

ダウンロードサービスの特徴は、一度ダウンロードしたらずっとその音楽が消えずに聴けるところです。

後述するストリーミングサービスとラジオ型サービスでは、アーティストやレーベルが音楽配信をやめると、そのサービスから楽曲が消えてしまいます!

お気に入りのアーティストが消えたらツライですよね…。

 

その点、ダウンロードサービスは安心です。

目に見えないデジタル商品ですが、ユーザーにとって最も「所有感」が強いのがダウンロードサービスですね。

 

また、最近ではCDよりさらに高音質とされるハイレゾ音源がダウンロードできるサービスも増えています。

ハイレゾ推しの「e‐onkyo music」のような配信ストアも増えていますね。

 

②ストリーミング型音楽配信サービスの特徴

ストリーミング音楽配信サービスは月額料金が固定で、配信されている楽曲ならいつでも自由に音楽が聴けるサービスです。

だいたい価格帯は1000円前後が多くなっています。

関連記事:日本で使える音楽ストリーミングサービス全9個比較【2016年決定版】

 

現在ではダウンロード販売よりも市場が大きく、音楽業界のメインストリームはストリーミングに移りつつありますね。

 

何といっても、数千万曲に及ぶ大量の楽曲が1000円程度で"全て""自由に"聞けちゃうのが魅力です。

ぼく自身も音楽ストリーミングで音楽が聴くことが増えてきましたね。

 

イメージ的には「スマホの中に巨大なCD倉庫がやってきた!」って感じです。

若い時にCDショップに足を運び、「あ~、あれもこれも聞いてみたいな~」という夢が叶ったようで興奮しますね(笑)

 

もちろん、デメリットもあります。

先ほどの話でもあったように、配信者側が取りやめてしまうと音楽が聴けなくなってしまいます。

また、通信量(パケット)も消費しますので、ヘタすると月末に通信制限になってしまたりもしますね。

 

しかし「新しい音楽との出会いの場」としては最強です。

気になったアーティストをすぐに深堀できるのも便利ですね。

今や音楽好きなら使っておきたいサービスになってきたのがストリーミング型の音楽配信です。

 

③ラジオ型音楽配信サービスの特徴

ラジオ配信型のサービスは好きな曲を自由に聞くことはできませんが、流行の音楽や特手のテーマにそった音楽を次々に流してくれるサービスです。

 

メリットは何といってもコスパです。

ラジオ配信型のサービスの価格帯は月額300~500円とめちゃくちゃ安いです。

関連記事:ラジオ配信型の音楽サービスまとめ|コスパ抜群で、流しっぱなしに最適!

 

なので「作業用BGMが欲しい…!」とか「流行を知りたい!」という人にとってはかなり便利なサービスになりそうです。

ダウンロードの「所有」とは真逆の、情報をしるための「メディア」としての役割が強いのがラジオ型サービスの特徴といえそうですね。

 

厳選!おすすめの音楽配信サービスを3つ紹介!

以上の3タイプ全て含めて、音楽配信サービスは実に20コ近くあります。

正直ここまで解説されても数が多すぎて、どれを選んだ良いかわからないですよね…。

 

そこで、具体的におすすめのサービスを3つ紹介します!

自分のライフスタイルにあった選び方もまとめておきますね。

 

①音楽大好きなら「Spotify」でキマリ!

f:id:sohhoshikawa:20171008120121p:plain

まず「ガッツリ」音楽を聴きたいなら、音楽ストリーミングサービスのSpotifyをおすすめします。

Spotifyは押しも押されぬ音楽ストリーミング業界のトップです。

 

月額980円4000万曲以上が聴き放題で、ユーザーの好みを分析した楽曲のおすすめ能力に定評があります。

 

また、ランダム再生だけなら無料で使えるのも強みです。

BGMとしてだけ使うならタダですので、最もコスパの良いサービスでもありますね。

ヘビーユーザーはもちろん、使い方によってはライトユーザーでも楽しめる全方向型のサービスです。

 

有料登録後も初回は30日間無料です。

とりあえずスマホにダウンロードしておいて損はないアプリですよ。

 

アイフォンの方はこちら↓

Spotify(iOS) 

 

それ以外のスマホの方はこちら↓

Spotify(android) 

 

②日本の流行をバッチリ抑えてコスパ抜群の「dヒッツ」

f:id:sohhoshikawa:20171008130730p:plain

 

Spotifyの弱点となりうるのが邦楽のラインナップなんですね。

邦楽ファンにおすすめしたいのが、ラジオ型サービスの「dヒッツ」です。

 

dヒッツはラジオ型でありながらも、毎月10曲づつ自分の好きな楽曲をプレイリストにできる「Myヒッツ」機能があります。

1年間で120曲も保存できちゃいますよ。

 

dヒッツは「ラジオ型、ちょっとストリーミング」というユニークなサービスなんです。

それでいて月額が500円と安いですので、学生さんなどには特におすすめのサービスです。

 

配信元もレコチョクですから流行りもバッチリ抑えられます。

初回は31日間無料です。

dヒッツの公式サイトへ

 

③映画もアニメもマンガも楽しみたいなら「Amazonプライム」

f:id:sohhoshikawa:20171008120813j:plain

Amazonからは「Prime Music」という音楽ストリーミングサービスが展開されているのですが、これは実は「Amazonプライム会員」のサービスの一つに過ぎないのですね。

 

Amazonプライム会員は他にも、

  1. 映画、アニメ、TV番組も見放題「プライムビデオ」
  2. さまざまなデバイスで、豊富な本・マンガ・雑誌が読み放題の「Prime Reading 」
  3. お急ぎ便、お届け日時指定便が無料

といったサービスがあり、これだけであらゆるエンタメがやりたい放題になるわけです。

 

さらに他にも、

  • 通常より30分早くタイムセールに参加可能
  • 無限に写真を保存できるオンラインストレージ「プライム・フォト カメラ」
  • 専用アプリでのお買い物を1時間以内にお届けする「Prime Now(プライム ナウ) 」
  • おむつとおしりふきが定期おトク便でいつでも15%OFFになる「Amazonファミリー 」
  • Kindle電子書籍リーダーまたはFireタブレットをお持ちの場合、対象のKindle本から好きなタイトルを毎月1冊無料で楽しめる「Kindleオーナーライブラリー」
  • ワンプッシュでお気に入りの商品を簡単注文できる「Amazon Dash Button 」
  • 食品・日用品を中心とした低価格帯の商品をひとつから必要な分だけ買える「Amazonパントリー 」
  • 生鮮食品や専門店グルメから日用品まで、必要なものをまとめてお届けくれる「Amazonフレッシュ 」

 などといった使いきれないほどのサービスが充実しています。

 

そして、それでいてなんと料金が年額3900円と破格の値段設定になっています。

つまり月額に直すと、325円という驚異的な安さ!

 

もっとも音楽ストリーミングサービスとして「Prime Music」は他社よりも劣ります。

配信楽曲数も少なめで、洋楽が中心ですね。

 

ですが、音楽はもとより他のエンタメも楽しみたい方には超おすすめのサービスです。

Amazonで毎月買い物する人ならすぐに元はとれちゃいますし。

実際ぼくは「Amazonプライム会員」と「Spotify」など他のサービスを併用していますしね。

 

初回は30日間無料体験もできます。

学生さんはさらにやすいAmaozn Sutudentもありますので是非。

 Amazonプライム会員の公式サイトへ

 

音楽の"好き度合い"によってサービスを選ぼう!

3つほどサービスをご紹介しましたが、ぜひ「自分はどのくらい音楽が好きか?」を考えて選んでみて下さい。

 

まとめると、このようになります。

f:id:sohhoshikawa:20171008123623j:plain

 

 

ダウンロードサービスには触れていませんが、楽曲の所有とか購入はもはや好みだと思うんですね。

今は、

  • 音楽ストリーミング
  • 音楽ラジオサービス
  • YouTube

などで音楽に出会います。

 

そのなかでお気に入りがあったら、

  • ダウンロード
  • ダウンロード(ハイレゾ)
  • CD
  • レコード

など好きなカタチで"所有"するという楽しみ方が一般的になってきました。

 

なので、まずはストリーミングとラジオを利用してみてほしいと思います!

以上、参考になったらうれしいです!

 

 

それでは!

 

 

 

ところで俺、まちがってねぇよな?

バンド活動ノウハウ集

音楽活動の宣伝
音楽で稼ぐ方法
ライブハウスの選び方
ライブとレコーディング
メジャーデビューする方法
音楽と両立できる仕事や副業
独立して活動するアーティスト
ミュージシャンにおすすめの本
バンドコラム

 

演奏力アップ

おすすめの音楽教室
ドラムのコツ

音楽ファンむけ

音楽業界の仕事
音楽ニュース
おすすめの音楽
音楽の楽しみ方