X JAPANhideさんの話題は定期的にあがりますけど、天才だって知ってますか?

あぁ、知ってますよね(笑)

でも、僕にもちょっと語らせてください。

おすすめ

音楽サブスク『Amazon Music』が、今なら4ヶ月間、無料で使えます!(10月31日まで

TOKYO GAME MUSIC FES 2021の特設ページからの利用に、限り超お得キャンペーンが適応。

 

無料体験中に退会すればお金はかかりませんので、ぜひ今のうちに試してみてください!

\4ヶ月間、無料/

※操作が不安なら→Amazon Music Unlimitedの始め方、使い方をわかりやすく解説!初心者でも簡単に7,500万曲が聴き放題できます

時代さきどりしすぎ

まずは四の五の言わずに聞いてもらいましょう。

後期の代表曲「ピンクスパイダー」です。

www.youtube.com

デジタルなサウンドがふんだんに盛り込まれているのがわかると思います。

デジタル技術を日本で最初に導入したのはYMOだと言われていますが、hideさんはさらにJポップ的な美メロと融合させた最初のアーティストです。

デジタルサウンド+Jポップ歌メロ+ハードロックのアレンジ

というはなれ業をやってのけてます。

これを今から15年以上前に発明したって言うんだからまぁ、すごい。

今聞いても全然色あせてないでしょ?

例えば音作りでも生のドラムにデジタルドラムを重ねるといった技術を使っています。

これは今ではごく普通の作業だそうです。

時代を先どりしまくったhideさんは当時、自分の音楽を評して「サイボーグロック」と言っていました。

いやぁ、今の音楽ってサイボーグロックがスタンダードじゃないですか?

セカオワやサカナクションなどデジタル技術を駆使している今のバンドもこの日本の音楽の文脈を捉えて聴くとなお一層、感慨深いでしょ?

もし、hideさんが生きていたらサカナクションのプロデュースして欲しかったなぁ。

きっとすばらしいコラボになっていただろう。

センスよすぎて日本一のプロデューサーになっていたんじゃないだろうか?

歌よすぎ

それでいて技術論だけで終わらないのがhideさんのすごさです。

具体的には彼のシンガーソングライターとしての能力の高さです。

別にサウンドにこだわらなくたって、音楽として十分成立してます。

だって曲がいいんだもん。

この曲なんかそのシンガーソングライターの部分がよく出ていると思います。

www.youtube.com

めっちゃいい曲・・・・。

詩のよさも注目してほしいところです。

初期の名曲「TELL ME」も必聴。

www.youtube.com

バンドで例えるならBUMP OF CHICKENぐらいいい曲歌ってる。

サウンドメイクには流行り廃りがあります。

けれど歌は普遍的。

時代を超えていきます。

hideさんの楽曲には十分にその力がありますよね。

結局、X JAPAN最強かよ

そう考えるとhideさんとYOSHIKIさんが共存していたXって最強ですよねぇ・・・・。

2人の大天才が同じバンドでやってるって奇跡以外のなにものでもない。

後づけかもしれないけど、そりゃ歴史に名を残すわな。

Xにしてもhideさんにしてもたくさんのフォロワーを生み出し、しかも後につづくバンドをフォローしてくれたっていうのは忘れちゃいけませんよ。

「ビジュアル系」って言葉作ったのもYOSHIKIさんですし。

日本の音楽の源泉なんだよ

話がまとまらなくなりそうですけど「デジタルサウンド」そして「ビジュアル系」という今の音楽シーンの2大メインストリームの源流がhideさん(X JAPAN)なんです。

これだけでその偉大さが分かってもらえると思うんですけどね。

とりあえずベストアルバムをおすすめしておきます。

個人的には「FLAME」という曲を聴いて欲しいなぁ。

難病を患ったファンに贈った曲だと言われています。

僕も子どもの頃はあんまり体が強くなくて、この曲に随分励まされた思い出があります。

是非、聴いてみてくださいね!!

 

Print Friendly, PDF & Email
※バンドミーティングにご利用ください

※PDFダウンロード、メール送信もできます

※余分な画像は削除できます