スポンサーリンク

 

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

このページではバンドコンテストをまとめてあります!

 

もちろん、入賞、優勝すれば劇的に知名度アップが狙えますよね。

とりあえずブックマーク(お気に入り)しておきましょう。

 

スポンサーリンク

①フジロック「ROOKIE A GO-GO」

FUJI ROCK FESTIVAL '16|フジロックフェスティバル '16

数多くのバンドがここから世に出ました。

毎年15組ほどが出演しているルーキーのステージ。

応募総数は1000を越えるとか!

 

②サマーソニック「でれんのサマソニ!?」

でれんの!?サマソニ!? 2018

こちらもツイッターでは夏の風物詩になりつつあるイベントです。

予選が多くて大変だけど、確実に話題になりますね。

2009年からスタートし現在では年々規模が拡大しています。

2017年にはサマーソニックだけでなく、様々なフェスに出場することもできるようになりました。

 

スポンサーリンク

③ROCKIN'ONJAPAN fes/COUNTDOWN JAPAN「RO69JACK」

RO JACK for COUNTDOWN JAPAN 17/18 - COUNTDOWN JAPAN 17/18出演を目指すバンド・アーティストのオーディション

ロッキング・オンが主催する年に2回のフェスに挑戦できる。

2回チャンスがあるのはいいかもしれません。

メルマガに登録しておくと随時情報が届くので便利です。

 

④RISING SUN ROCK FESTIVAL/RISING STAR

RISING★STAR ライジングスター | RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO

出演できるのが2組とかなり狭き門。

過去にはサカナクションなども入賞しています。

 

⑤未確認フェスティバル(旧:閃光ライオット)

未確認フェスティバル2018

そもそもが10代限定のオーディション型フェス。

ねごとGalileo Galileiなどを輩出しています。

 

⑥りんご音楽祭/RINGOO A GO-GO

RINGOOO A GO-GO | りんご音楽祭2017オフィシャルサイト

長野県松本市のフェス。

そのほんわかした名前とは裏腹に結構ロックも多い。

 

⑦MASH A&R

[ MASH A&R ] 4社合同のバンドオーディション

MUSICA、A‐SKETCH、SPACE SHOWER TV、HIP LAND MUSICが合同で行っているバンドコンテストです。

毎月のビデオ審査と3か月に1回のライブ審査による行程になっています。

なんどでも応募できるので自信作で挑戦してみましょう。

 

⑧EMERGENZA

エマージェンザ、世界最大のライブコンテスト

世界最大のバンドコンテストと言われる。

世界大会まであって毎年ドイツで行われます。

 

⑨GET SATAGE

getstage(ゲットステージ)|登録アーティスト7,000組以上、日本最大のオンラインアーティストマッチングサービス

こちらも大小、様々なコンテストに応募できる。

コンテスト以外にも様々なライブへのブッキングもあります。

 

⑩イナズマゲート「イナズマロックフェス」

イナズマゲート 2017

9年続くロックフェス「イナズマロックフェス」への出場をかけたバンドコンテスト。

去年はなんとグランプリなしとなかなかのガチ感がうかがえます…。

 

⑪SXSW

SXSW Music Festival 2016( 3/14 ~ 3/19) の出演受付開始! | ASADA Inc. | SXSW Official Representative

アメリカのインディーズミュージック見本市「サウスバイサウスウェスト」に出れるコンテスト。

10日間で来場者は20万人にも及ぶ、世界最大級の音楽見本市。

 

随時開催中のデモテープオーディション

フェスオーディション以外にも通常のデモテープオーディションも随時開催されています。

デビューを夢見ている方は、ぜひこちらも合わせてご覧ください。

 

コンテスト・フェスオーディションに受かるには?

以上のコンテストからチャンスを掴んだバンドは数知れず、まずバンドで成功するなら思い浮かぶ選択肢ですよね。

ですが、個人的には普段の活動をしっかりしないとあまり意味がないと思います。

(っていうか勝てない。)

個人でできるツイッターやブログを使った宣伝方法もご紹介しています。

合わせて読んでみて下さい。

まずは色々覗いてみて、戦略を立てましょう。

 

こちらのページ是非ブックマークしておいてください。

 

それでは!

スポンサーリンク
関連記事
お金に悩まず音楽をやりたい!

音楽活動資金が足りず悔しい思いをしていませんか?

コンテンツ販売プラットフォームnoteにて、ぼくがスポンサーからお金の支援を受けて音楽活動をした話を記事にして販売しています。

実際に月々30000円の支援を受けて活動することができました。

多くのバンドマン/ミュージシャンの参考になると思うのでぜひ読んでみて下さい。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事