この記事では東京でノルマ制でないライブハウスを紹介しています。

ライブハウスにおける「ノルマ制」とは出演するバンドに集客ノルマを課し、ノルマに達しなかった場合はバンド側がチケット代を保証するというシステムです。

 

一般にノルマ制でないライブハウスの方が敷居が高いといわれています。

なので、インディーズバンドとして上へ行きたい場合は以下で紹介するライブハウスはぜひ挑戦したいハコということになります。

 

ぜひ参考にして下さい。

 

ノルマ制じゃないライブハウスに出でみよう!そのメリットとは?

ぼくは個人的にノルマ制じゃないライブハウスにでることをオススメします。

バンドマンの方ならわかると思うのですがノルマ¥30000の場合。

 

当日、「念のため」¥30000をもってライブハウスに行きませんか?

 

集客は天候や災害など不確定要素に左右されるものでもあります。

なのでどうしても現金で用意しておく必要があります。

要は「興業のリスクをバンド側が持つ」ということですが、これってちょっと無駄ですよね。

 

前回までにお伝えしたとおり¥30000でできる宣伝活動はすごく多いです。

同じ赤字¥30000だとしても

「ノルマ代¥30000払ってお客さん0人」

「宣伝費¥30000使ってお客さん15人」

とでは全然、違います。

 

ノルマ制のライブハウスだと「念のためノルマ代¥30000」と「宣伝費¥30000」の合計¥60000の現金が必要になります。

これでは一回のライブにかけるコストが大きい。(まぁ、大きいか小さいかは人それぞれかもしれませんが)

 

ノルマ制でないライブハウスに出て興業のリスクという「後方の憂い」を失くし、思いっきり練習に、宣伝にいそしんだ方が結果的にライブハウス、バンド、ファンにメリットがあるのではないかと思います。

 

そこで、今日は都内だけになりますが、ノルマ制でないライブハウスを紹介しておきます。




三軒茶屋HEAVEN’S DOOR

f:id:sohhoshikawa:20150416202024p:plain

チケット・売り上げについて
・チケットノルマは原則的にはありませんが、事前にチケットをお渡ししますので、頑張って売って下さい。
・チケットの売れ枚数が1~20枚の場合は、売れた前売券分の金額のみを納めて頂く事となります。
・但し、バンド毎にチケットの売れ枚数が、前売り券と当日券(当日券を購入したお客様には、どのバンドを観に来たかチェックしています)
を足して21枚以上売れている場合にのみ、こちらからバックを出します。

三軒茶屋HEAVEN'S DOOR

下北沢CLUB QUE

f:id:sohhoshikawa:20150416202144j:plain

金銭的な条件ですがチャージバックです。ノルマもありません(1回目の出演ないし昼の部にはノルマがあります)。ノルマがないという事はバンドの力量や責任が問われるところですが、店としてもリスクを背負うわけなので、気を張ったイヴェント展開にして、相応の宣伝活動をしていかなければいけないという事ですね。

CLUB Que WEBSITE

下北沢SHELTER

ノルマに関する記載なし。

しかし、一般的にはノルマなしだと認知されています。

下北沢SHELTER|音楽の街下北沢にあるライブハウス「下北沢シェルター」




新代田fever

公式サイトにノルマに関する記載なし。

しかし上記のシェルターの元店長が営われていて、基本的に同じ方針が貫かれています。

日本では珍しく飲食店と併設してある。

LIVE HOUSE FEVER | ライブハウスフィーバー

下北沢THREE

下北沢THREE

2017年1月から平日のブッキングライブのノルマ制を廃止するそうです。

<チケットノルマ制の完全廃止について>
ブッキングライブでのチケットノルマ制を
完全に廃止致します。

shimokitazawa THREE




下北沢ろくでもない夜

ろくでもない夜

2015年5月に老舗「下北沢屋根裏」が閉店した跡地にできたライブハウス。

チケットノルマについてはどのようなシステムになっているのですか?

出演者のチケットノルマはありません。さすがに、お客さんが1、2人とか、そういう時はあらかじめ聞いて、お断りしたというケースもありましたが、そこはやはり、お互いがwin-winにならないとやる意味がないですからね。お互いにすごくがんばった結果が5人だったら、まあそれはそれでしょうがないって事もありますけど。

引用元:https://www.livewalker.com/pickup/24501_rokudemonaiyoru.html

下北沢 ろくでもない夜

 

その他のライブハウスはこちら

繰り返しますが「ノルマ制でない」ということは「興業のリスクをライブハウス側が持つ」ということです。

その分、バンドは良いライブをと集客を提供したいですね。

 

その他のライブハウスをお探しの方はこちらをご覧ください。

合わせて読みたい東京主要エリアのライブハウス一覧

Print Friendly, PDF & Email
※バンドミーティングにご利用ください

※PDFダウンロード、メール送信もできます

※余分な画像は削除できます