スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

「ロックスターは27歳で死ぬ」

そんな話を聞いたことはありませんか?

 

これはバンドマンの間では有名な話で、実際に27歳で死んだ天才ロックミュージシャンたちをザッとあげることこんな感じ。

  • ブライアン・ジョーンズ(ローリングストーンズ)
  • ジミ・ヘンドリクス
  • ジャニス・ジョプリン
  • ジム・モリソン(ドアーズ)
  • カート・コバーン(ニルヴァーナ)

ロック以外のジャンルでもまだまだいますね。

 

そこからなにがどーなってか逆に「すごい奴は27で死ぬ」っていのがバンドマンの認識になっていきました。(笑)

 

で、まぁごく普通にみんな28歳の誕生日を迎えます。

その時思いましたよね?

 

「あーあ、俺は天才じゃなかったんだ」

 

みんな心の隅でちょっとは思ったはず。(笑)

なんともバカな発想ですが「あー、ポールマッカ-トニーは今の俺の年齢でyesterdayつくったんだなぁ」というプチ絶望感と似ています。

 

なんにせよバンドマンにとって「27歳」は自分の人生を振り返る契機になっています。

 

27の時、ぼくが思ったこと

ぼくも27の時「ロックスターはこの歳で死んだのか・・・。」とボンヤリ思いました。

同時に「もし今死んだらどうだろう?」とも考えました。

 

自分でも意外だったんですが「後悔しないな」と思ったんですよね。

 

19の時からロックバンドをやってきました。

つまり好きなことばかりやってきた。

その中で大好きな人にも出会えました。

 

そんな人生で後悔するなんてこともないわけです。

 

でも、同時にこうも思いました。

 

「今死んでも後悔しないけど、このまま生きていたら後悔するな」って。

 

これって矛盾してますけど、正直な気持ちなんです。

自分でもうまく説明することはできないなぁ・・・。

 

普通に考えて「死ぬ確率」は日に日に上がっていきます。

もっともっと好きなことをしなきゃいけないし、目標を持たないといけないと思います。

人生は有限だと「27歳で死んだロックスター」に教えてもらった気がします。

 

スポンサーリンク

早死のロックスターなんて時代遅れだぜ

ぼくの好きな曲でクロマニヨンズの「エイトビート」という曲があります。

(アルバム「FIRE AGE」収録)

www.youtube.com

ただ生きる 生きてやる 呼吸を止めてなるものか

エイトビート エイトビート

この一節が特に好きです。

なにも説明しなくてもエイトビートが「心臓の鼓動」を連想させるすばらしさ!

 

よく考えれば早死になんて周りを悲しませるだけで迷惑なだけだわ(笑)

「早死にのロックスター」だけじゃなく「生涯現役のロックヒーロー」も世の中にはいるわけで。

生きるも、死ぬも100%自分でコントロールできません。

 

結局は与えられた人生の中でせいいっぱいがんばるしかないんですね。

 

バンドマンの苦悩

ところで、バンドマンの苦悩について描かれた「アイデン&ティティ」という本をご存知ですか?

みうらじゅんさんの漫画です。

ロックに翻弄されるバンドマンの真意を知りたい方はぜひ。(笑)

 

銀杏ボーイズの峯田さん主演で映画にもなってます。

 

 

 

 

 

それでは!

 

 

 

 

ところで俺、まちがってねぇよな?

 

 

 

こちらもどうぞ!

www.shellbys.com

www.shellbys.com

スポンサーリンク
音楽活動に納得していますか?

バン活!はバンドマン/ミュージシャンが音楽活動で迷ったり、悩んだりしたことを解決することを使命としています。

集客・宣伝、SNSやホームページの作り方。音楽でお金を稼ぐ方法を公開しています。

全てのバンドマンに悔いのない音楽人生を。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事