俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

オリジナルのドラムスティックが作れるサービスまとめ

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

「自分だけのオリジナルドラムスティックをつくりたい!」

 

と、思ったことはありませんか?

ぼくはこのブログの公式グッズを作って売ろうと思ってオリジナルドラムスティックの作り方を調べていました(笑)

 

せっかく色々調べたので、特に使い勝手が良さそうなサービスをいくつかご紹介します。

  • こだわりのオリジナルスティックでレベルアップしたい
  • ドラマーの友人にプレゼントしたい

そんな方におすすめです!

 

①本格派!Myシグネチャーモデルが作れる「Custom Shop CANOPUS」

f:id:sohhoshikawa:20170624084920p:plain

 

ドラムメーカーで馴染みのCANOPUSがオリジナルスティック制作サービスをやっています。

これは調べた中では一番本格的なサービスで、

  • 材質(ヒッコリー or ライトヒッコリー)
  • 直径
  • 長さ
  • フィニッシュ(表面加工)
  • テーパー
  • チップ

などを細かく選べます。

組み合わせは実に4000通り!

完全オリジナルスティックですね。

 

もちろん、ロゴを入れることも可能。

f:id:sohhoshikawa:20170624085157j:plain

 

「いつか自分のシグネイチャーモデルをつくりたい…」なんて夢をもっているドラマーは多いです。

でも、これで夢叶っちゃいますね(笑)

 

ただ、発注は1グロス(144ペア)単位です。

1ペアあたり¥820~とのことですので、最低でも118000円ぐらいは予算が必要です。

これはちょっと素人には手がでないですねぇ…。

 

まぁ、ここまでのカスタムは当たり前に玄人しか必要としてないで良いんですが(笑)

なのでCNOPUSのカスタムサービスは、

  • 本格派ドラマーの方
  • バンドグッズとして売りたいレーベルの方

におすすめです!

⇒Custom Shop CANOPUSの公式サイトを見てみる

 

プレゼントをお考えの方は以下のサービスを。

 

②気軽に一本から「オリジナルショップ らふら」(彫刻)

f:id:sohhoshikawa:20170624091628j:plain

らふらさんというショップで、スティックにオリジナルの名前を彫ってくれるサービスを提供しているようです。

印字でなく彫刻ですね。

ワンペアが通常販売価格2000円と手に取りやすいお値段です。

 

ただスティックのスペックが、

  • サイズ:(約)40cm×1.2cm×1.2cm
  • 素材:木製
  • 重量:(約)200g
  • 生産国:アメリカ 

と、かなりザックリ(笑)

 

実際のプレーで使えるかは、買ってみたいとわからないですねぇ…。

普通に記念品なら良いと思います!

 

ちなみに、らふらさんではギターピックの刻印サービスもやっています。

こちらも合わせてチェックしてみて下さい。

⇒オリジナルショップらふら(Yahoo!ショッピング) 

 

③スティックの持ち込みも可能「リトルウイング レーザーワークス」(彫刻)

f:id:sohhoshikawa:20170624091032j:plain

 

リトルウィング レザーワークスさんは主に革製品の加工をやっている会社のようです。

こちらでもドラムスティックに彫刻してくれるサービスがありました。

 

良かったのが、普段自分が使っているスティックを郵送(または代理購入)して、刻印してもえるサービスだということ。

料金は1本750円で、2本で1500円だそうです。

 

想像するに、愛用のスティックに名前を入れてプレゼントしてもらったらドラマーは嬉しいと思います!

ドラムスティック 名入れ彫刻 | LITTLE WING online store

 

④DIYで作るのも可能!?

他にも、いろいろ調べてみたのですが一本から印字してくれるサービスはなかなか無いみたいんなんですよねぇ…。

彫刻もカッコいいですが、重心とかバランスが変わりそうな気がするなぁ。

 

まぁ、そこまで気にする必要もない場合が多いと思うのですが、一本だけオリジナルスティックをつくるならDIYでもイケそうな感じがします。

ごく普通に売っている、転写シールを使えばどうでしょう?

 

まぁ、家にプリンターがないので試してないので滅多なこと言えませんが、一本だけのプレゼントならDIYで色々工夫したほうがかえって簡単だし、喜ばれる気がします。

 

自分で作ったら追記したいと思います!

 

 

それでは、以上になります。

ぜひご活用くださ~い。

 

 

 

 

それでは!

 

 

 

 

 

ところで俺、まちがってねぇよな?