どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

音楽活動、バンド活動の悩みはつきません。

今や、音楽を聴いてもらうツールは本当にたくさんあります。

 

YouTubeやSound Cloud、Spotifyなどの音楽ストリーミングサービス。

誰でも気軽に配信できるし、気軽に聞ける。

 

そんな中でもただ配信して「やりっぱなし」になっていませんか?

やはり、マーケティングを一緒に考えていかないとたくさんの人に聞いてもらうのは難しいです。

とはいえ、アーティストは職人。

そこまで気が回らないのも事実です。

 

そんな人は以下のサイトを利用してみてはどうでしょうか?

音楽を投稿した「その次」を提案、サポートしてくれるサービスです。

①viBirth

f:id:sohhoshikawa:20150807103910j:plain

viBirthは元々、単にi tunesなどの大手サイトに配信するだけのアグリゲーターだったと思うのですが、最近は多角的にアーティストをサポートするサービスとして、進化しています。

viBirthに登録することでだいたい以下のことが可能になります。

ダウンロードサイトへの配信

AmazonによるCD流通

コンペディションへの参加

そして、アーティスト活動を全面サポートしてファン増加をめざす「Fan's」というサービスにも登録可能になります。

f:id:sohhoshikawa:20150807105235j:plain

これはITリテラシーがあまり高くない、「ネットって苦手!」って人にはかなりありがたいサービスだと思います。

②OTOTOY

OTOTOYも音楽配信が独自にできるサイトなのですが、なんといっても特徴はメディア型だということです。

f:id:sohhoshikawa:20150807105828j:plain

こんな感じで、アーティストの特集記事がどんどんアップされています。

いうなればCDショップと本屋がいっしょになったようなもの。

アーティストをより深く知れるプラットフォームになっています。

また、ハイレゾ音源にも積極的で、さながら「良質な音楽を提供するセレクトショップ」の様相を呈してきています。

③Frekul

f:id:sohhoshikawa:20150807110639j:plain

Frekulでは楽曲をリスナーに無料でダウンロードしてもらいます。

同時にリスナーはアーティストのメールマガジンに入ってもらいます。

 

そこから、ライブやグッズ販売などに発展的に繋げていき、収益をあげていこうというビジネスモデルを一括して提供しているサービスです。

 

また、最近Frekulと一緒に注目されているのがLumitというサービスです。

f:id:sohhoshikawa:20150807110956j:plain

これはパーソナルラジオというサービスなのですが、使っていくうちにリスナーの好みを判別してオススメの音楽を流し続けてくれるんです。

Lumitに流れる楽曲はFrekulに投稿された楽曲です。

 

つまりリスナーはLumitで気に入った音楽に出会ったら、Frekulから曲をダウンロードしてアーティストをサポートできるわけです。

アーティストにとってはかなりありがたい露出機会になりますね。

このパーソナルラジオの分野は既にアメリカではPandraRadioというサービスが大成功を収め、MTV以上の音楽媒体に成長しています。

 

PandraRadioきっかけでブレイクするアーティストはもはや珍しくないようです。

今後、日本でも人気がでる可能性がありますから、注目しておきたいサービスです。

まとめ

良い楽曲を作っている。

誰でも気軽に聞けるように配信している。

それでも、音楽活動がうまくいかないのはおそらく、ビジネスモデルが悪いのと、マーケティングがしっかりしていないからです。

 

「そんなの苦手だよ!」

 

って人は是非、以上のサービスを使ってみてください。

きっと可能性が広がるはずです。

 

それでは!

「音楽活動の宣伝」一覧に戻る

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事