バンドマン/ミュージシャンのみなさんはおそらくツイッターは使われていますよね?

 

うまく使えば大きな宣伝効果が見込める便利なツールです。

ツイッターでタイムライン上で音楽が再生できたら便利・・・・。

っというかすぐ音楽が聴けるようになっているツイートみたことありませんか?

それらは、おそらくこれから紹介するツールを使っているんです!

 

以下4つのツールでツイッターに音楽を投稿することができます。

比較しながら自分に合った、使いやすいものを探してみましょう。

 

①MQube

f:id:sohhoshikawa:20170531142921p:plain

MQubeはツイッター音楽投稿サービスの中で人気だったTmboxの後継となるようなサービスです。

(※2017年5月31日追記:Tmboxは音楽アップロードを停止しました。2018年4月1日まで観覧はできるようです)

Tmboxのユーザーだった人が作ったというこで、なんとんなく雰囲気が似ていますね。

アップロード数に制限はなく、

  1. mp3ファイルのみ
  2. 1曲50MBまで

の音源を投稿できます。

再生数などのデータを確認できるのも良いですね。

モチベーションがあがります。

f:id:sohhoshikawa:20170531142520p:plain

登録はTwitter IDとパスワードだけなのですぐに使えますよ!

おとであそぶ MQube




②TwitSound

f:id:sohhoshikawa:20160103141905j:plain

※2018年9月現在 閉鎖中のようです

こちらは逆にめちゃくちゃシンプルなシステム。

アカウントをつくったり、ログインの必要もありません。

以下の項目だけ入力すればOKです。

f:id:sohhoshikawa:20160103141829j:plain

必要十分。

気軽に使いたい人はおすすめです。

TwitSound | 音楽つぶやきサービス

 

③Soundcloud

f:id:sohhoshikawa:20160103143013p:plain

音楽共有サービスとして有名なSoundCloudもツイッターと連携していたのはご存知ですか?

しかし、日本語のサービスではないのでどうも使い勝手が悪い・・・・。

世界的には最も著名な音楽サービスですね。

投稿はSoundCloudの画面から行います。

まずは楽曲を選びます。

 

「share」ボタンからツイッターのロゴをクリックしてつぶやきます。

やり方は簡単なんですけどね。

androidユーザーなどは頻繁にエラーが出るようなので気をつけてください。

SoundCloud – Hear the world’s sounds




④LINE mp3

f:id:sohhoshikawa:20160103150640j:plain

LINEmp3はラインで音楽を共有できるサービスですが、実はツイッターにもつぶやけます。

以下の項目を入力します。

f:id:sohhoshikawa:20160103150736j:plain

ラインmp3と言いながら多様なファイルに対応しているのは良いですね。

また、「プレイ有効期限」もおもしろい機能です。

1日、3日、7日から期限を選べます。(逆に無期限はできない)

 

これにより例えば「3日間限定視聴!」みたいなプロモーションができます。

ツイッターに投稿するには「START」をクリック後、以下の画面の「Twitter」をクリックします。

f:id:sohhoshikawa:20160103151332j:plain

欠点としてはツイートにプレイヤーが埋め込まれるわけではない、というところですね。

LINEMP3 - LINEで音声ファイルを送れるアプリ - Google Play の Android アプリ

LINEMP3 メッセンジャーで音声を送れるアプリ for LINEを App Store で




ツイッターの動画投稿機能を利用する(Twitter Media Studio)

ツイッターには動画投稿の機能が標準装備されています。

140秒以上の動画は投稿できませんが、こちらを利用するのもスマートかもしれませんね。

 

タイムライン上でそのまま視聴できるのは便利です。

例えばこんな感じになります。

簡易的にでもキャプチャを入れておくとカッコつきますね。

こちらもお試しを。




Twitter Media Studioを使うとキャプチャを入れたり、予約投稿ができる

またパソコンからブラウザでツイッターを開くと「Twitter Media Studio」という機能が使えます。

これは動画ツイートに140字にプラスしてキャプチャ(説明)やリンク(コールトゥアクション)を入れたり、予約投稿までできる機能です。

 

2019年4月現在、Twitter Media Studioはブラウザでツイッターを開いても使えない人が多いかもしれません。

その時はメニューの「アナリティクス」から「詳細」→「動画」とクリックしてみて下さい。

Twitter Media Studioの使い方①

「アナリティクス」をクリック

Twitter Media Studioの使い方②

「詳細」をクリック

Twitter Media Studioの使い方③

「動画」をクリック

 

そこまで表示させたうえで一度ホーム画面に戻ると、「Media Studio」のメニューが表示されているかと思います。

表示されていない人はいちどリロードしてみて下さい。(なぜこんな手順が必要なのかは不明です…。おそらくベータ版なのか)

Twitter Media Studioの使い方④

ホームに戻ると表示されている

 

「Media Studio」をクリックすると今までアップした画像や動画が羅列されています。

「メディアをアップロード」をクリックすれば、新たに動画をアップできます。

Twitter Media Studioの使い方⑤

新しい動画をアップ

 

それぞれの動画(画像)の下の「+」マークをクリックすると動画付きツイートができます。

Twitter Media Studioの使い方⑥

ツイートするにはここ

 

そのままツイートもできますが「メディア設定を編集」をクリックすると、動画のタイトルや説明、リンクも入力できます。

Twitter Media Studioの使い方⑦

「メディア設定を編集」をクリックすると…

Twitter Media Studioの使い方⑧

メタデータを入力できます。

 

予約投稿も簡単ですので、ツイッターに直接動画(音楽)を張り付ける際はぜひ利用してみて下さい。

 

  • 人気だったTmboxを引き継いだMQube
  • 簡単な投稿が便利なTwitSound
  • 世界最大の音楽共有サービスSoundCloud
  • LINEにも投稿でき、期限が設定できるLINE mp3
  • ツイッターの公式機能「Twitter Media Studio」

おすすめはMQubeですかね。

 

ユーザーが多いので、コミュニティが生まれやすいし、ちょっとした音楽でも聞いてもらって盛り上がれますよ。

逆にコミュニティ機能を利用したくない、アカウントなどつくりたくないという人は動画ツイート形式かLINEmp3をプロモーションの用途に応じて選びましょう。

SoundCloudは多少使い勝手が悪いで既にユーザーの方以外は使わなくても良いかな思います。

 

さて、せっかく曲をアップロードするならたくさんの人に聞いて欲しいですよね?

こちらのツイッターであなたの音楽を20万人に宣伝する方法と言う記事で、ココナラを使って気軽に宣伝する方法をご紹介しています。

ぜひチェックしてみて下さい

 

以上が「ツイッターに音楽を投稿できるサービス」でした!

お役に立てたらうれしいです。

Print Friendly, PDF & Email
※バンドミーティングにご利用ください

※PDFダウンロード、メール送信もできます

※余分な画像は削除できます
更新のお知らせはツイッターで

更新情報はツイッターで。

バン活!のキャラクター「バン犬」アカウントをフォローしてください。