スポンサーリンク

 

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

このページではWordPressで音楽配信サイトを構築した方法をご紹介します。

ミュージシャンのホームページには必須の作業ですね。

 

ぼくのやっているバンド「The Hayseeds」ではホームページを自分で作って、そこで音楽を配信しました。

こんな感じで表示されます。(PC画面です)

 

これがストリーミング。

ヘイシーズのホームページのストリーミング画面

こっちがダウンロードです。

ヘイシーズのホームページのダウンロード画面

スマホでもほとんど同じサイトデザインです。

備忘録もかねて、実際にWordpressで音楽配信をおこなった作業をわかりやすく解説します。

レンタルサーバーはドメインキング

解説する上での作業環境を共有しておくと、ぼくはドメインキングというレンタルサーバーを使っています。後述する「メディアのアップロード上限を変更する」という作業はお使いのサーバーによって違うのでご注意下さい。

 

スポンサーリンク

WordPressサイトで音楽をストリーミング配信する方法

ストリーミングは端末の保存領域を圧迫しないで、ファイルを再生できる方法ですね。

YouTubeと一緒です。

 

WordPressで音楽をストリーミング配信する方法はすごく簡単です。

まず楽曲を挿入したい投稿の編集画面を開きます。

そこの「メディアを追加」をクリック。

wordpressメディアを追加する方法

あとは任意のファイルをアップロードするだけです。

Wordpressファイルをアップロードする手順

で、ここで問題があります!

WordPressにアップロードできる(音声限らず)ファイルサイズの上限がデフォルトだと2~8MBになっていることが多いです。

 

音楽ファイルは一曲だいたい10MB前後であることが多いため、このままだとアップロードできません。

ご覧のようにぼくのサイトでは最大アップロードサイズを16MBに変更しています。

なので次に最大アップロードサイズを変更する手順を書いておきます。

 

 

ドメインキングでWordpressの最大アップロードサイズを変更する方法

ドメインキングの管理画面から任意のドメインを選びます。

「全般」⇒「カスタマイズ」とクリックしていきます。

ドメインキング管理画面

次は「PHP設定」をクリックします。

ドメインキング管理画面2

そのPHP設定から「post_max_size」と「upload_max_filesize」と「file_uploads」の値を変更していきます。

「post_max_size」と「upload_max_filesize」は16Mに。

ドメインキング管理画面3

「file_uploads」はonにします。

ドメインキング管理画面4

これでアップロードできるサイズを16MBに変更できました。

ただぼく自身、あまり詳しくないので他の方法でもできるかもしれません。

(または変更しなくてもよい値を変更しているかもしれません。)

 

詳しくはドメインキングのヘルプに問い合わせて下さい。

その他のレンタルサーバーで最大アップロードサイズを変更する手順は以下のサイトが詳しかったです。

参照してください。

WordPressのメディアのアップロード上限を上げる方法まとめ | TONOST

メディアのアップロード上限が変更できない!

以上の作業が難しかった方は、プライグインをダウンロードして音楽プレイヤーをサイトに実装させましょう。最も有名なのが「HTML5 jQuery Audio Player」というプラグインです。プラグインはあまり増やしすぎると良くないのですが、簡単に作業できますのでメディアのアップロード上限が変更できなかった方はどうぞ。

 

 

スポンサーリンク

WordPressサイトで音楽をダウンロード配信する方法

次にダウンロード配信する方法です。

ストリーミングの方が素早く視聴できるのですが、何度も聞くと各携帯キャリアの通信制限にすぐひっかかっちゃいます。

 

「YouTube見すぎて、今月はもうネットが遅い!」なんていうのはみなさん一度は経験あると思います。

なので何度も聞きたい人のためにダウンロード配信も提供しましょう。

 

WordPressでファイルをダウンロードしてもらうにはまず、プラグイン「Download Manager」を導入する必要があります。

プラグインをインストールすると左のメニューに「Downloads」というメニューが現れます。

そこから「Add New」を選択。

Wordpressで音楽をダウンロード配信する手順1

こんな画面がでますので、わかりやすくする整理するためまずタイトルに任意の名前を付けます。

「ファイルを選択」でファイルをアップロードします。

Wordpressで音楽をダウンロード配信する手順2

画面下の方に行くと「Pakage Settings」という画面があります。

そこの「Link Label」に名前を入力します。

 

これはそこをクリックするとダウンロードが始まる文字列になります。

f:id:sohhoshikawa:20160606164114j:plain

同じところから「Icons」も設定しておきます。

好きなものを選んでOKです。

Wordpressで音楽をダウンロード配信する手順4

以上で設定は十分です。

 

これを保存して、次は「All Files」を選びます。

Wordpressで音楽をダウンロード配信する手順5

ここからショートコードをコピー。

Wordpressで音楽をダウンロード配信する手順6

あとは表示させたい投稿の任意の場所にペーストすればOKです。

Wordpressで音楽をダウンロード配信する手順7

以上で自分の楽曲をダウンロードしてもらうことができますよ!

 

SpotifyやSoundcloudをWordpressサイトに埋め込む方法

SpotifyやSoundcloudで音楽を配信中だという方のために、それぞれのプレイヤーを埋め込む方法をご紹介しておきます。

これで上記の代替えとしても良いでしょう。

 

Spotifyの音楽プレーヤーをサイトに埋め込む方法

まずはSpotifyのデスクトップアプリをPCにダウンロードしておきます。

埋め込み作業はデスクトップアプリからしか行えません。

 

Spotifyの埋め込みは、

  • アーティスト
  • アルバム
  • 楽曲
  • プレイリスト

などそれぞれの単位で行うことができますよ。

 

ここではアーティストの埋め込み方法をご紹介します。

(プレイリストでもアルバムでも楽曲でも基本操作はいっしょです)

 

まずアルバムの画面に移動します。

「…」のマークとクリック、「シェア」をクリック、「埋め込みコードをコピー」とクリックします。

これでコードがコピーでできました。

 

あとはWordpressの埋め込みたいページの編集画面に移動します。

「テキスト」をクリックし、表示させたい場所に貼り付けます。

こんな感じで表示されますよ。

 

Spotify Masterというプラグインを使っても埋め込めるのですが、なるべくプラグインを入れない方が良いと思うので、以上の方法で直接埋め込むのを推奨します。

 

Soundcloudの音楽プレイヤーをサイトに埋め込む方法

Sound Cloudも埋め込めます。

Spotifyは一応、有料サービスですので、サイトの来訪者に無料でフル尺を聞いて欲しい場合はSound Cloudが良いでしょう。

 

やり方は簡単です。

任意の楽曲画面へ移動して「SHARE」をクリックします。

続いて、「embed」をクリックし、コードをコピーします。

デザインも選べますよ。

あとはコピーしたコードを、先ほどのSpotifyと同じようにWordpressの好きなページに埋め込むだけです。

こんな感じで表示されます。

やはりSoundCloud Masterというプラグインを使うと作業を簡略化することができます。

 

WordPressを使いたくない人は

これで自前で音楽配信サイトをつくることができました。

WordPressを使うとサイトデザインやユーザビリティにおいて優れたものをつくることができます。

こちらのシリーズでサーバレンタル・独自ドメインの取得方法から基本的な使い方まで全て解説していますので、WordPressを導入してみたい方はどうぞ。

 

WordPressを使わずにバンドのホームページを持ちたい人は以下の記事も参照してください。

便利なサービスを紹介しています。

 

Spotifyに楽曲を配信する方法はこちらです。

 

 

参考になったらうれしいです!

それでは!

スポンサーリンク
関連記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事