前回の記事では腰痛予防のストレッチをご紹介しましたが、この記事では腕の関節を伸ばすストレッチをご紹介します。

これはドラマー専用と言っていいですね。

 

と、言うのはドラムスティックを使って行うストレッチなんです。

いっぺんに肩、肘、手首の関節をのばす効率的なストレッチです。

 

怪我予防、ウォームアップに。

ライブ前、リハーサル前にやってみてください!

 

おすすめ

年にいちどのお買い得!

Amazonの音楽サブスク『Amazon Music Unlimited』が、今なら4ヶ月間、99円で使えます。(10月14日まで)。

 

無料体験中に退会すればお金はかかりませんので、気軽に試してみて下さい。

\4ヶ月”99円”/

※詳しく⇒【10月14日まで】業界最大級!Amazon Musicが4ヶ月間”99円”のビッグセール開始!

まずはスティックを逆手でもつ

ドラムスティックを逆手でもつ

まずはドラムスティックを逆上がりをする時のように逆手でもちます。

 

片手を内側にひねりこむ

ドラムスティックを持った手の片手をひねる

次に片方の手を内側にひねりこみます。

画像では左手をねじった状態です。

 

これで手首と肘の関節がのばされていると思います。

ぼくはもうこの時点で結構痛い。(笑)

 

逆の手もひねりこむ

ドラムスティックを使ったストレッ

同様に逆の手も同時にねじりこみます。

イテテ…。

 

画像だけだとわかりにくいので、動画も撮ってみました。

 

そのまま腕をあげる

最後にこの状態から腕を上にあげていきます。

 

これで肩の関節もストレッチされますよ。

あぁ、イタい。




注意!決して無理をしないように

やってみるとわかりますが、結構痛いと思います。

元々関節がかたい人は決して無理をしないでくださいね。

 

かえって怪我につながったら元も子もないので。

できない人はまず、片手だけやってみたり腕をあげないでやってみてください。

 

それでも十分のばされますから。

良いドラマーは得てして関節が柔らかいものです。

 

即効性のあるものでもないので、無理せずマメにやってみくださいね。

他にもドラマーの職業病である腱鞘炎を予防するストレッチもご紹介しています。

 

合わせて読んでみて下さいね。

関連記事ドラムで腱鞘炎が痛い人へ 正しい知識と治し方【ストレッチ】

Print Friendly, PDF & Email
※バンドミーティングにご利用ください

※PDFダウンロード、メール送信もできます

※余分な画像は削除できます