どうも、星川(Soh_RundabanSP)です。

 

ベンジーのニューアルバム『Suger』を聞きました!

今作も前作に引き続き激しい!!!

 

むしろより激しさを増して、曲によってはちょっとメタルっぽい印象も持ちました。

1曲づつ感想を書いてみたいと思います。

※すべて独断と偏見です。専門的音楽レビューの雰囲気は皆無。ファンの感想です。

 

激しさを増した浅井健一&the Interchange kills!

①Vinegar

浅井健一 & THE INTERCHANGE KILLS 『Vinegar』MUSIC VIDEO(Short Ver.)

「メタルっぽい」と思ったのはこの曲が大きくて、さび前の一瞬のフレーズや音作りがメタリック。

BPMも早くてサビメロが細かくて、コピー出来たら超気持ちよさそう。

(無理だがw)

あとベースもメロディアスなフレーズでガンガン攻めてきて、ロック好きにはツボだと思う。

 

アルバムタイトル『Sugar』で1曲目「Vinegar」って調味料つながりw

 

②Beatiful Death

浅井健一 & THE INTERCHANGE KILLS 『Beautiful Death』MUSIC VIDEO(Short Ver.)

この曲がアルバムのキーかな?という感じがします。

まずギターの音がめちゃくちゃカッコいい!

ぼくが好きだった2000年代のロックンロールリバイバルムーブメントの時のバンドたちを彷彿とさせるシブい音です。

 

 

『Suger』はミックスエンジニアが4人で担当したらしいのですが、この音を作ったのはブランキーの楽曲をやったこともあるマイケルさんというエンジニア。

すごくワイルドでカッコいい音を作れる方なんですねぇ。

そしてサビの歌詞とメロディのインパクトすごいですよね?

インパクトありすぎてビックリし過ぎるのですが、冷静に聞くとすごく音楽的に鳴っていて不思議です。

こうゆうのも才能と言うような気がします。

 

ミュージックビデオにもなっている曲ですが、YouTubeでは聞けない後半の部分の展開が本当に素晴らしいんだよなぁ…。

ベンジーならではのアレンジだと思います。

 

③Ginger Shaker

浅井健一 & THE INTERCHANGE KILLS 『Ginger Shaker』MUSIC VIDEO(Short Ver.)

いわゆるバラードっぽい曲はアルバムでこれぐらい。

それゆえに流れで聞くととってもはえる曲です。

 

イントロのリフと思われるギターフレーズをすぐに捨てて、叙情的な単音フレーズに移行するあたりはさすが。

全体的にイントロ、間奏、ギターソロ、アウトロみたいな歌以外の部分を短めの尺にまとめていて聞きやすい楽曲だと思います。

interchange killsではシンプルが楽曲構成が増えましたね。

 

④ハノイの彫刻

タイトルから想像してメロウな曲かと思ったら、めっちゃグルービー!

ベースリフに裏打ちのギターバッキングを合わせるアンサンブルのノリはすんばらしいですねぇ。

 

そしてドラムが素晴らしいなと思いました。

このノリだとハネちゃうフィーリングが出ちゃうドラマーが多いと思うのですが、ドラマーの小林瞳さんはヘタにハネてない。

ベンジーが「外人のグルーヴ」を持ってると言っていましたが、そうゆうことかもしれません。

 

⑤どっかいっちゃった

なんと言ってもベンジーのアコギのアタックの強さ!

全編とうしてアコギが右でガシガシ鳴っています。

 

アコギを聞くとホント、ベンジーのギターのうまさがわかるなぁ。

ステレオの左ではエレキのフレーズに盛り上げるのですが、ライブではどちらを弾くのか楽しみ。

個人的にはアコギ聞きたいなぁ。

 

⑥Wathing TV ~English Lesson~

これはインストなのですが、何というか…「ギター初めて半年の人が考えそうなリフ」ですw

伝わるかなぁw

 

めちゃくちゃ無邪気なフレーズで、まだ自分の実力をよくわかってないギター初心者が思いつきそうな感じなんですよ~。

でも、初心者は技術がないし「音楽」にはできないんですね。

でもベンジーはできてしまう。。。

 

逆に技術がつくと「無邪気さ」が失われていくものですが、ベンジーは両立してるんだよなぁ。

そしてアウトロ斬新www

 

⑦Turkey

ライブノリナンバーワンなBPMの早いロックです。

割と単純なギターリフだと思うんだけど、このスピードだとキレイに弾くのは大変なんですよね。

 

早いだけじゃなくて、サビメロにフックがあって普通に「ポップな良い曲」にも聞こえる。

この辺りは前回のアルバムよりもパワーアップしている感じがします。

 

⑧Fried Tomato

好きw

激しいナンバーが続く中で、リラックスした雰囲気が心地よいです。

歌詞がまたイイ。

紅茶を入れたら トマトを焼くらしい
意外と 美味くて
新しい発見なんだって言ってさ 喜んでるよ
なんておめでたいやつだ 最高!

ホント最高!w

 

何気なくて、さりげなくて、明るいベンジーの歌詞は大好きです。

 

⑨New Pirates

Aメロの歌メロがオシャレ!

あんまり日本人で歌う人はいない感じがする。

 

歌詞が印象的ですね。

始めるよ第二の人生 ここにきて新展開

という歌詞はファンとしてはうれしくなりました。

そしてインタビューで意味深な答えを…。

――味噌汁ですか!? 今度試して見ます。さて、「New Pirates」の歌詞に<始めるよ第二の人生>とありますが、これは意味深だと思いました。どういった気持ちで書かれたのでしょうか?
それは内緒で、4月くらいになればそれがわかると思うよ。まあ、あんまり気にしなくていいよ。そこは聴いた人が自由に感じてくれればいいかな

楽しみしておきましょうw

 

⑩水滴

ドラマー小林さんのコーラスがフューチャーされていて、めっちゃ発音がキレイw

さすがネイティブ!(?)

 

この曲も激しくないのですが、Fried Tomatoみたいな明るい曲とは違って悲しげな雰囲気が漂います。

心を落ちつけて、そこれそ雨の日とかに聞きたくなる曲ですね。

 

⑪すぐそば

今回、一番好きかもしれません!

 

明るくて希望が見える。

アルバムの最後を締めくくるにふさわしい曲です。

 

前作のアルバム『meteo』の最後の「Finish Field」や前々作の『Nancy』の「ハラピニオ」もやっぱり明るい曲でどっちも大好きです。

ベンジーは年齢を重ねるごとに明るくなっている気がするなぁw

 

特典DVDはスタジオライブ!「Bang!」に「Devil」も

特典DVDのメニュー画面。ベンジーデザインのキャラクターが浮遊する宇宙空間。

 

今回、限定版CDについているDVDは、

  • スタジオライブ
  • ミュージックビデオ完全版
  • パリロケのドキュメンタリー

が収録されています!

 

スタジオライブは前作から「フルサト」、そしてブランキー時代の名曲「Bang!」にライブでお馴染みJUDE時代の「Devil」も披露されています。

中尾さんのベースはDevilにぴったりだったな~!

Vinegerのミュージックビデオ(レトロ音楽番組風)の舞台で全曲演奏されています!

 

CD買うなら絶対限定版の方ですね~。

 

LINE MUSICで『SUGER』が配信中!

ぼくは以前からLINE MUSICを使っていたのですが、なんとCDの発売日と同時に「Suger」が配信されていました!

メジャー流通だから、少なくともCD発売日とはズラすと思ったので意外でした。

 

現状、CDを買った方がアーティストの往年になるのですが、音楽ストリーミングでも再生ごとにアーティストに収益が発生します。

ぼくはCDも買ってLINE MUSICでも聞いてガンガン応援w

 

音楽ストリーミングは月額980円が相場なのですが、LINE MUSICは500円/月20時間のプランがあります。

ぼくは他のストリーミングと併用しているので500円プランを使っています。

それでも十分聞けるのでおすすめですよ。

 

初回登録時は3か月間日無料ですので、ストリーミング派の方はどうぞ!

  • アイフォンの方はこちら⇒LINE MUSIC (iOS)
  • その他のスマホの方はこちら⇒LINE MUSIC (android)

 

『Sugar』を気に入った人におすすめのベンジーの過去作品

「今回のアルバムでベンジーを初めて聞いてファンになった!」

 

という方いますか?

もしいらっしゃたらぜひ次は『LOVE FLASH FEVER』(ブランキージェットシティ)『ELECTRIC RAINBOW 』(ユダ)『GALAXY HEAD MEETING』(ポンティアックス)を聞いてみて下さい!

 

『Sugar』と同じく激しい楽曲が多いアルバムです。

ベンジーはキャリアも長く多作ですから、たっぷり楽しみが待ってますよ~。

その他のおすすめアルバムもこちらの記事で紹介しています。

 

 

以上、「Sugarを聞いた感想」でした。

いや~、今作も楽しかったです。

まだ聞いてない方はぜひ聞いてみください!

 

それでは!

音楽ブログの教科書

今、副業として、専業としてブログで稼ぐ人が増えています。

あなたも好きな音楽のことをブログに書いて収益を上げることができます。

音楽ブロガーのノウハウを知りたい方はこちら。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事