「移住してぇ…」

 

いや、東京も好きなんで理想は二拠点生活なんですが、将来を考えると東京で生活するほうがリアリティがないなと最近思います。

 

そこで移住に関する情報を集めていたらかなりの量が集まったのでみなさんに共有です。

  1. 移住に関する
  2. 移住に関する雑誌
  3. 移住に関するマンガ
  4. 住に関するサイト
  5. 地方の仕事
  6. 地方の不動産編
  7. 移住体験
  8. 便利な田舎暮らし編

の8つに分類してお届けします。

 

移住をお考えの方にはきっと役に立つリストになっていると思います。

 

全部でどーんと50コ、膨大なリストになってしまいました。。。

興味あるものから覗いて見て下さいね!

 

移住情報をあつめよう。無料で

Amazonの電子書籍読み放題サービス「Kindle Unlimited」なら、移住に関する書籍も多数読み放題に登録されています!

電子書籍は、スマホでも気軽に読むことができて、情報収集に便利です。

 

無料体験の期間中に退会すると、お金はかかりません。

雑誌「ソトコト」のバックナンバーも対象になっているので、ぜひ利用してみて下さい。

\今なら30日間、無料!/

 

 

おすすめ

音楽サブスク『Amazon Music Unlimited』が、今なら3ヶ月間、無料!(1月11日まで)

 

無料体験中に退会すればお金はかかりませんので、ぜひ今のうちに試してみてください!

\3ヶ月間、無料!/

※操作が不安なら→Amazon Music Unlimitedの始め方、使い方をわかりやすく解説!初心者でも簡単に9,000万曲が聴き放題できます

移住に関する本編

まずは書籍をご紹介します。

実際に移住した人の体験記や地方の良さを語る本たちです。

また直接移住とは関係ありませんが、新しい価値観やライフスタイルを提案する本も選んでいます。

 

1.俯瞰的に見る地方の魅力「里山資本主義」

NHKより話題になった里山資本主義。

これからの資本主義のあり方を考えながら、消費とは何かを考えます。

 

新しい生き方にはなぜ地方が良いのか?

地方の強みとはなにか?

 

地方で生きる人たちに希望を与える内容になっています。

 

2.学びをさらに深める「里海資本論」

里山資本主義の続編。

視野を海まで広げ、より良い循環型社会を目指します。

マクロ視点から田舎を考えるのに良い本。




3.0からつくる人生「アイム・ミニマリスト」

「房総に家族とトレーラーハウスに住む男性」「自分で家をつくって住む女性」。

など邁進する人たちが紹介されています。

新しいき方をするワクワク系ミニマリストの本。

 

4.世界同時多発的移住「ヒップな生活革命」

アメリカ、ニューヨークで起きた変化。

若者は今都心を離れ、郊外に移り住んでいると言います。

「移住」が日本国内だけでなく先進国において共通のムーブメントだとわかります。

 

5.葉山暮らしの実例「住む場所を選べば、生き方が変わる」

いわば「ヒップな生活革命」葉山版。

神奈川県の葉山町で自分らしく生きるために仕事や生活を変えた人たちが多く紹介されている。

また、バブリーな別荘地としてイメージが強かった葉山が新しいムーブメントの発信地になっていく歴史を語られています。




6.仕事に対する新しい経済観念「田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」」

岡山(現在は鳥取)で天然酵母のパン屋「タルマーリー」を営む著者。

お金にとらわれない生き方と考え方がよくわかる内容です。

 

7.農家2.0「だから、ぼくは農家をスターにする」

田舎の基幹産業と言えば農業です。

担い手不足や市場が複雑化していく中で新しい農家のあり方を提案する内容になっています。

移住先で農家をやりたい人は読んでおいて損はない本です。

 

8.沖縄で文化をつくる「那覇の市場で古本屋」

著者が大手書店の店員から、1人沖縄で古本屋を開業するまでをまとめた本。

沖縄独特の空気感が本からも現れていて、なんだかリラックスしちゃう内容です。

移住先を沖縄に考えている人には貴重な先輩移住者の記録です。




9.夢の二拠点生活「週末は田舎暮らし」

東京と房総の二拠点生活を綴った本。

二拠点生活に至るまでの経緯や苦労、その魅力が詳しく語られています。

極端な話ではなく無理のない二拠点生活は多くの人に再現性がありそう。

 

10.小さな仕事のつくり方「ナリワイをつくる」

田舎で心配なのは仕事ですよね。

自分の生活を拡張して小さく稼ぐ「ナリワイ」という概念は知っていますか?

ちょっと目線を買えれば、自分でも仕事はたくさんある。

仕事に縛られ生活を変えることに一歩踏み出せないあなたの肩の荷を降ろしてくれる本。

 

11.続・小さな仕事のつくり方「小商いのはじめかた」

さらに小さな仕事の実例を知りたい人にはこちらの本がおすすめ。

小さな仕事=小商いの実例が紹介されています。




12.IT×限界集落=無双「まだ東京で消耗してるの?」

プロブロガーのイケダハヤトさん。

ブログを中心に人並み以上に稼ぎながら、高知の限界集落に住んでいます。

場所を問わない仕事を持っている人はすぐ移住すべき!

そんな風に背中を強く押してくれる本です。

 

13.元祖新しい生き方「半農半X」

<10年以上前に刊行されたこの「半農半X」という本は農業とX=好きなことを組み合わせる生きかたを提案しています。

資本主義の限界を90年代からするどく指摘し、昨今の移住ブームの先駆けとなった本。

 

14.稼がない自由「ダウンシフターズ」

ものを持たないことを主義とするミニマリストが昨今話題です。

ミニマリストの本質はものをもたないことで、お金から自由になり、仕事や生活を考え直すことだとぼくは思います。

 

その根本的な主張を「ダウンシフト」という言葉で早くから提唱してきたのがこの本。

特に著者は居酒屋を営む個人事業主なので、同じ雇用形態を望む人には多くの参考になりそうです。




15.ニートになれば怖くない「ニートの歩き方」

日本一有名なニートphaさんの著書。

お金も住まいも、必要最低限で生きられれば都会でも地方でも怖くない。

ある意味、最も強い生き方であるニートの実態に迫った本。

 

16.世捨て人ならぬ世離れ人「20代で隠居」

ニートと同じく必要最低限で生きようと試みるのがこの「20代で隠居」

特に現代のインフラであるネットを使わない生活をしている著者なので、ネットが苦手な人ほど読むと参考になりそう。

 

17.帰る場所を自分でつくる「フルサトをつくる」

2人が和歌山に家を借りて、自分たちならでは「フルサト」をつくる内容です。

いわばIターンの実例として読んでおきたい。

 

18.これからの地方公共団体のありかた「稼ぐ町が地方を変える」

ふるさと納税の導入などにより確実に資本主義化する地方公共団体。

その現実と本質を見つめながら、健全に稼ぐことが地方を豊かにすると提案する本。

移住に関する雑誌編

雑誌はネットにはなかなか出ない地方の最新情報を伝えてくれる貴重な情報源です。

 

移住に関する専門雑誌。

それに近いものをご紹介します。

20.ソトコト

ソトコトは時々移住に関する特集組まれます。

21.TURNS(ターンズ)

移住専門雑誌。

本気の方はまずはこちらを購読して情報収集するのが良さそう。




22.田舎暮らしの本

田舎暮らしのリアルを伝える雑誌。

特に一次産業に従事したい人は必読。

23.Kindle Unlimited

以上の「ソトコト」「TURNS(ターンズ)」「田舎暮らしの本」は、Amazonの電子書籍読み放題サービス「Kindle Unlimited」に登録されています。

 

過去のものもふくめて一挙配信されているので、いっきに情報収集したい人にはとてもおすすめです。

 

月額980円でこれらが読み放題になりますが、30日間の無料体験もついています。

無料体験中に退会すればお金はかかりませんので、意中の雑誌だけ読んで、いったん退会しておくこともできますよ。

 

電子書籍「Kindle」のサービスですが、専用端末(電子書籍リーダー)がなくても、スマホやタブレットアプリから観覧可能です。

移住に関するマンガ編

移住に関するマンガもいくつか出版されています。

楽しく移住について知れますのでおすすめです。

 

しかしどれも漫画家さんの実録っていうのがおもしろい。(笑)

 

24.広島尾道へ「0円で空き家もらって東京脱出」

空き家をタダで譲り受け、広島は尾道に移住したつるけんたろうさんのマンガ。

空き家の改修の大変さや、DIYにはまりゲストハウスを運営するまでリアルに書かれたドキュメントです。

25.明るい離島生活「流されて八丈島」

八丈島に移住したたかまつやよいさんのマンガ。(たかまつやよいは共著で移住したのはやよいさん。)

 

全体的に八丈島の魅力が楽しく描かれています。

続巻していて、現在5シリーズほど発売されています。




26.田舎女子のドキュメント「おひとり様女子の田舎移住計画」

こちらも女性の移住。

現金収入10万円のリアルな田舎生活の実態が描かれています。

27.もはやテレビの企画みたい「ぼっち村」

1人で移住、1人で生活して自給自足に挑戦する漫画家の話。

なんだか電波少年みたいですね。(笑)

他にもどんどん移住マンガが増えていてこのページでは書ききれないので別途こちらのページでまとめてあります。




移住に関するサイト編

移住した人のインタビューや田舎暮らしの実例を紹介するウェブメディアも紹介します。

28.1,500の自治体情報があつまる「たびすむ」

たびすむは移住を考えている人なら、ぜひ登録しておきたいサイトです。

 

無料登録しておくと、

  1. 移住先AI診断の詳細な結果
  2. カップル診断
  3. 助成金情報
  4. 地域の担当者との連絡
  5. お気に入り登録

など、移住する際に重要な情報を得られます。

 

1,500もの自治体が登録されていますから、有名で人気の移住先以外の情報が得られるのも強み。

 

知名度だけに頼らずに、ほんとうに自分に向いている地域を探すことができます。

 

まずは遊びがてら「AI診断」を試してみましょう。

29.これからの豊かさを考え実践するためのメディア「未来住まい方会議」

「アイム・ミニマリスト」を刊行したYADOKARIが手がけるメディア。

 

世界の小さな住まいを紹介するほか、承認制のFecebookグループ「YADOKARIサポーターズ」では小屋作りなど大人の部活動が展開されている。

未来住まい方会議 by YADOKARI 

 

30.欲しい未来はつくれる「greenz.jp」

グリーンズは単に住まいの話だけでなく、エネルギーや消費についても考えるメディア。

 

新しい社会のあり方という広い視点で記事が更新されています。

greenz.jp 

 

31.働く場所も自由に選ぶ「reallocal」

東京R不動産が手がけるメディア。

 

R不動産系がある地方を中心にその土地のイベントや人々を紹介しています。

reallocal

 




地方の仕事編

気になるのが地方の仕事。

最近では地方に特化した求人サイトもちらほら見かけるようになってきました。

 

また政府も推進するテレワークなど場所にとらわれない働き方も増えています。

雇用形態を様々にご紹介します。

32.転職後の推定年収を診断する「ミイダス」

ミイダスの市場価値診断の結果

 

ミイダス は登録して診断を行うと、転職したときの推定年収を教えてくれます。

 

転職に際し不安もおおきいと思いますが、まずはミイダスに登録することで「ちゃんと仕事がある」ことが確認できて安心できますよ。

 

登録したからと言って猛烈にメルマガが来たり、エージェントサービスのようにスタッフさんと面談があるわけでもありません。

職務経歴書、履歴書の作成、カウンセリング等一切不要です。

 

「ちょっと他に仕事探してみようかな?」

「転職したらどうなるんだろう?」

 

といったぐらいの、まだ本格的に職探しをする気持ちがない人にもおすすめですよ。

 

本気で職探している人には、

  • 企業とじぶんの相性を測る「コンピテンシー診断」
  • 面接確約オファー

など、高いマッチング精度を実現する機能もそろっています。

 

もちろん登録・利用は完全無料なので、まずは会員登録からどうぞ。

33.まずは大手で職を探す「リクナビネクスト」

大手求人サイトの「リクナビネクスト」は上記の地域おこし協力隊の求人も掲載されることがあります。

 

一般的に田舎の仕事はネットには少なめですので、求人数が多い大手が心強いです。

登録して求人を見たり、申し込むのも完全無料なので、気軽に求人を検索できますよ。

34.転職エージェント大手「リクルートエージェント」

リクルートエージェント
同じくリクルートエージェントなどエージェントつきの転職サービスもチェックしましょう。

 

転職が初めての方には心強いことはもちろん、一般にエージェントサービスを使ったほうが「離職期間が短くなり、年収もアップする」傾向にあるそうです。

 

35.四国に特化「四国転職」ネット

四国転職ネット は昭和61年創業時から地元優良企業と長年の取引があり、各業種・職種の求人を取り扱っています。

 

愛媛・香川・高知・徳島それぞれに拠点があり、各県在住の転職専任のエージェントが、四国内の転職活動、および四国へのU・Iターン転職活動を支援。

 

数少ない地方特化型転職エージェントです。




36.フリーランスの仕事を紹介する「ギークスジョブ」

ギークスジョブ はフリーランスのプログラマー、エンジニアに仕事を紹介してくれるサービスです。

 

元々場所にとらわれない仕事ができる人には心強いサービスが出揃ってきています。

 

37.バイト感覚から本業まで、今すぐ在宅ワークできる「クラウドワークス」

クラウドソーシングサービスとは、ネットで仕事が受注できるサービスが話題です。

バイト感覚で月に2~3万円稼ぐ人から、本格的に20万円以上稼ぐ人まで様々ですが自立した仕事の第一歩として考えておきたい働き方です。

 

地方に移住して、下がった給料の補填として。

本格的なリモートワーカーとして。

 

移住の際に貴重な収入源になり得るサービスなので、ぜひ会員登録して仕事内容を覗いてみて下さい。

国内最大級のクラウドワークス がおすすめです。

 

38.バイト探すなら全国対応の「タウンワーク」

移住後アルバイトからはじめたいなら、やっぱりタウンワークです。

タウンワークは全国対応。

 

求人数もナンバーワンですね。

 

39.地方の中小企業の求人に力をいれている「はたらいく」

はたらいくは中小企業の求人に力を入れている転職サイトです。

リクナビネクストなど大手ではカバーしきれない小さな会社の求人も見つけられます。

 

もちろん無料ですから、合わせて利用してみて下さい。




地方の不動産編

肝心要の住まいが見つからなければ移住できませんね。

地方の不動産を探せるサイトをご紹介します。

40.全国の土地を探すなら「タウンライフ不動産」

せっかくの地方移住。

広い土地から探して、理想の家を建てたい!というのは当たり前ですよね。

 

そうなるとまず始めなければいけないのは、移住先の土地の選定です。

しかし、全国津々浦々、膨大な「土地」から理想の土地を見つけるなんて雲をつかむような話。

 

そこで利用したいのがタウンライフ不動産売買です。

タウンライフ不動産は全国の土地、一戸建て、マンションの情報を一括で資料請求が可能。

 

希望する市町村を限定することができます。

かんたん60秒

 

なにはともあれ、土地や物件は早いものがち

いち早く行動した人は理想の物件にたどり着けます。

 

まずはタウンライフ不動産売買で情報収集をはじめてみましょう。

41.見てるだけで妄想が膨らむ「空き家ゲートウェイ」

こちらもYADOKARIが手がけるサイトです。

 

ワクワクするような物件が掲載されています。

42.夢の物件に出会えるか?「全国空き家ネット」

全国の「空き家バンク」をリンクしてあるサイトです。

「空き家をセルフリノベーション!」という胸躍りますが、実際は険しい道のりのよう。

 

なかなか空き家バングで一目ぼれして、即入居とはならないのが現実のようです。




移住体験編

本格的な移住前に色々とお試ししたいのが人情ですよね。

お試し移住ができれば失敗もしなさそうです。

 

そんな人のために移住を体験できるサービスをご紹介します。

44.農泊体験ができる「STAY JAPAN」

STAY JAPANは、「知らない日本に、泊まってみよう。」がコンセプトの日本初の民泊・農泊予約サイトです。

 

普通の宿泊予約サイトにはない、ユニークな宿がいっぱいで、まさに移住希望者にピッタリなんですよ。

 

例えば、

  • 田舎で農業体験、いろりを囲んで料理を食べる農泊
  • 漁師の宿で一緒に漁に出て、おいしい魚を食べれる漁師民泊
  • お寺で修行体験ができる寺泊
  • 陶芸家の家に泊まり、陶芸体験ができるアート泊
  • 歴史的な文化施設や旧校舎での宿泊

などなど、新しい宿泊体験ができます。

 

移住したい場所、移住したらやりたいライフスタイルを疑似体験できますよ。

 

45.大手民泊サービス「Airbnb」

民泊ならAirbnbも外せないサービスです。

ホストはもちろん地元の住人ですから、あえてホストとのふれあいが多い宿を選んで人脈を広げるのは賢い作戦かもしれません。

利用には免許証やパスポートなどが必要ですのでご注意を。

Airbnb (エアビーアンドビー)

46.長期滞在なら「ゲストハウス」

その土地の魅力を知るために長期滞在するならゲストハウスを利用するのが良いです。

 

普通のホテルより安い上に、ゲストハウスは得てして人が集まる場所になっていますから、思わぬ貴重な出会いがあるかもしれません。

 

ゲストハウスのまとめサイトは見つからないので、検索していただくか参考までコチラの記事をリンクしておきます。

シルバーウィークに泊まりたい♩全国のおしゃれなゲストハウス27選 | 株式会社LIG

47.稼ぎながら移住体験をする「アルファリゾート」

地方の観光地の旅館やスキー場、海水浴場などで一定期間アルバイトできる「リゾートバイト」という働き方があります。

リゾートバイトは家賃や光熱費が無料の場合がほとんどで、働いた分の給料が丸ごともらえてしまうのがメリットです。

 

さらに全国各地でリゾートバイトすることで、実質的にはお試し移住ができてしまうんですね。

まさに一挙両得

 

「移住したいけど、お金ないしなぁ…」という方はお試し移住ができて、移住資金ができるリゾートバイトは有力な選択肢です。

興味ある方はリゾートバイト大手のアルファリゾート の公式サイトをご覧ください。




便利な田舎暮らし編

田舎と言えば不便。

そんなイメージがあるかと思いますが、今やテクノロジーの進歩で都会と田舎の利便性は縮まりつつあります。

 

実際に移住した際に知っておいたら便利、というサービスを少しご紹介します。

48.気軽に車をゲットするマイカーリース「KINTO」

 

移住したら即ゲットしなければいけないのが車。

しかしいざ購入しようとすると、もろもろの手続きや税金の支払いなど、苦労とめんどうが耐えません。

 

そこで便利なのが今、話題の「マイカーリース」です。

 

トヨタのKINTOなら、お得な初期費用フリープランから購入したくなったらすぐに解約できる解約金フリープランまで、フレキシブルに車を利用できます。

 

移住したら、まずお家の整理整頓をしたり、仕事に慣れたり、地域の人と交流したりと、忙しいことこの上なし!

 

なので、必需品である車はとにかくサクッとゲットしておくに越したことはありません。

49.すぐに免許を取得する「合宿免許ドリーム」

「運転免許をもっていない!」

 

という人は、移住したくてもなかなか踏み出せませんよね。

そのモヤモヤは合宿を使えば最短2週間で晴れます。

 

また合宿免許の良いところは、それ自体が移住体験にもなりうるところ。

合宿免許はほとんどが地方なので、そこで2週間暮せば地方の暮らしを疑似体験できます。

 

どうせ免許をとるなら、近所の教習所で割高&長期で取得するより、合宿免許で割安&短期&移住体験したほうが一石三鳥。

 

全国の合宿免許は合宿免許ドリームから検索可能。

 

口コミも確認できますし、ぜひ興味ある地域の教習所を利用してみてください。

 

50.田舎に嫁げる「田舎婚」

田舎婚 は、グループ全体会員数2万人以上の日本最大級の専門婚活グループが運営するオンライン結婚相談所

 

田舎婚は田舎に住む男性と田舎へ移住したい女性のみが登録します

そのため従来の結婚相談所よりも遥かに高い確率で自分と相性の良い人と出会えます。

 

そして田舎婚は初期費用がオール0円のため、完全無料で婚活を始めることができます。

実際に気になった人とのお見合いを希望するまでは一切費用がかかりません!

 

また、通常発生する高額な成婚退会料を撤廃し、かつ5万円の『成婚祝い金』を田舎婚で成婚したカップルに贈呈してれくます。

 

いっきにことを進めたい女性は登録してみましょう。