どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

僕が定期的に購読しているブログはいくつかあるのですが、音楽系のやつだと

「こおろぎさんち」

「hocori-house」

を読んでいます。

 

2つのブログで同じ「ツイッターでライブ告知はやめよう」というテーマの記事があったのでご紹介。

 

 

こちら!↓

もう一度だけ言う、ライブ告知ツイートはもうやめろ

コアなファンを失うリスクがある「定期ツイート」はもうやめよう。代わりの宣伝方法も提案するから。

 

モノワカリの悪い人もこんだけ言われればわかるでしょう(笑)

みなさん代案をちゃんと提案しているところがすばらしい。

これらを読むと何もTwitterの使い方のみならず、あらゆる媒体で意識すべき「告知の基本」が理解できるように思います。

「Twitterでライブ告知」に対する私見

現役バンドマンの僕です。

実はついつい「Twitterでライブ告知」しちゃってます(笑)

やっぱり効果は薄いですよ。

 

で、逆に集客がうまくいく時ってどんな時かな?と考えると

自分がそのライブ(イベント)を楽しみにしている時だったりするんですよ。

っというのも自分が楽しんでると自然とコンテンツが生まれてくるんです。

 

対バンを紹介したくなったり、イベントのすばらしさを語りたくなったり・・・。

そんな思いをTwitterに最適化すると、自然とその思いに賛同してくれる人が集まってきます。

 

つまり、大事なのは

「自分が楽しめないライブには出ない!」

ということですね。

 

当たり前ですが(笑)

でも、これがなかなか意識的にできない。

 

演者が楽しんでないライブに呼ぶなんてそもそも失礼な話だ。

それが結局「つまらない告知」を生み出す原因だと思います。

僕のブログからTiwtterに関する記事を紹介するならこちら。

 

 

しかし、こうやって「志を共にする者」がSNSやブログを介して繋がるってホントにおもしろいと思います。

幕末の志士とかこんなふうに世の中を語り合ったのかな~と妄想します。

 

ここから音楽業界がさらに良い方向に進んでいくような気がしています。

是非、みなさんのブログ読んで見てくださいね。

 

それでは!
「音楽活動の宣伝」一覧に戻る

関連記事
その演奏力で本当に満足していますか?

シアーミュージックでは厳しい審査を突破した講師による確実にうまくなれる指導が月10000円で受けられます。

口コミNo.1の音楽レッスン。

演奏力で差をつけて、ライブハウスの注目を独り占めしてください。

Twitterでフォローしよう