「音楽業界で働いてみたい!」

 

音楽が好きな人なら当然、そう考える人は多いと思います。

そんな人にお伝えしたいことがあります。

 

「音楽業界への転職に失敗した人」に実際に会って聞いた「失敗した理由」です。

 

音楽業界でマネージャーとして仕事をしていた友人のAさんと会ったんですよ。

彼はアーティストマネージャーとして働きだしたのですが、正味半年ほどで退職してしまいました。

 

これは転職失敗と言わざるを得ないですよね。

なぜ彼は失敗してしまったのでしょうか?

以下でその理由を紹介するので、彼の二の舞にならないように音楽業界を目指す方はよく参考にして下さい。

おすすめ

Amazonの音楽サブスク『Amazon Music Unlimited』が、今なら3ヵ月間無料で使えます。

無料体験中に退会すればお金はかかりませんので、気軽に試してみて下さい。

\3ヶ月間無料/

※詳しく⇒Amazon Music Unlimitedの始め方、使い方をわかりやすく解説!初心者でも簡単に6500万曲が聴き放題できます

転職に失敗した理由①業界の常識がわからなかった

彼はとても人間関係に苦労したそうです。

アーティストと営業先の間に入って調整するのがマネージャーの役割ですが、その仕事に明確な答えはありません。

 

仕事の正解は「人間性・相場・慣例」などで決まります。

つまり「空気を読めるかどうか」が死活問題だと。

 

いわゆる業界の常識といったものをしっかり感じて頭に入れておく必要があります。

それが彼はできなかった。

またやってみて苦手だと気づき、とてもツラかったそうです。

 

転職に失敗した理由②給料、待遇が悪かった

彼の当時の給料はなんと時給制だったそうです。

しかも時給1000円…。

 

ちょっと頼りないですよね。

また一般的な感覚で言う「8時~17時、週5」といった拘束時間でもなかったそうです。

時給制でありながら、時間的拘束はあいまいで仕事は「あればやる」システム。

 

逆にいうと自宅で休んでいても、メールが入ったりいつも仕事のことが頭の片隅にある状態です。

自宅で仕事をした場合は自己申告すると時給が発生するそうですが、普通は遠慮しちゃいますよね(苦笑)

そしてなんと社会保険や厚生年金などの福利厚生もなかった。

 

結果的に給料は手取りで16万円ほどだったそうです。

とても満足できる待遇ではないですよね?

 

音楽業界への転職を成功させるコツは?

このように「個性の不一致」と「給料」が原因で彼は仕事を辞めざるを得ませんでした。

それを踏まえて、逆に「音楽業界への転職を成功させるコツ」も聞いてみました。

ぜひ反面教師にしてください。

 

面接のコツ!ルックスが大事!

「見た目をキレイに!」というのが面接のコツです。

音楽業界、とりわけマネージャー業となると一番重視されるのは、なんとルックスだそうです。

 

それはつまり第一印象ですね。

前述のとおりマ、ネージャーは他社との窓口になる業務が多いです。

 

そんな人は清潔で快活な方が良いに決まってますよね。

なので面接時は(写真も)見た目には気合を入れましょう。

 

機能が充実した転職サイトを使おう!

Aさんは転職の際に「音楽系求人の専門サイト」を使ったそうです。

そのサイトのサービスを具体的に伺ったところ「ほぼただの掲示板」だと。

音楽専門の転職サイトでは専任のスタッフに相談できたり、ましてや顔を合わせることすらなかったそうです。

 

たしかに専門に特化した求人サイトは求人数こそ多いけれど、手厚いサポートがあるわけではないんですよね

そこでおすすめしたいのがサポート機能の充実したミイダスのような転職サイトです。

転職に失敗するとは、具体的に言うと、

  1. 転職後の給料が下がった
  2. 転職後の職場が合わなかった

ということですよね。

 

この2つの問題を解決するには、転職前にしっかりと準備することが大切です。

転職で給料が上がるメカニズムを解説

転職後に給料を上げるには、自分の「市場価値」が高い時に転職することにつきます。

市場価値とはなんでしょうか?

 

自分を「商品」に例えてみるとわかりやすいです。

例えば、何か「QUEENのフレディ・マーキュリーのグッズ」をもっていたとしましょう。

 

ネットオークションやメルカリでその商品をチェックすると中古価格は¥1,000でした。

ところが2019年の1月にメルカリに出品してみたところ、¥2,000で売れました。

 

なぜでしょう?

その頃は映画ボヘミアン・ラプソディが一大ブームだったからです。

 

このように市場価値とは、

  1. 商品そのもの価値=自分のスキル
  2. 市場のニーズ=企業のニーズ

の2つの要素によって価格=給与が決まります。

 

つまり、

  1. 自分のスキルを把握して
  2. そのスキルを高く評価してくれる企業の求人を見つると
  3. 転職後に給与が上がる

ということですね。

転職の公式

転職の公式

 

自分のスキルを上げる方法は千差万別。

今の仕事を頑張ることも、もちろんスキルアップでしょうし、資格をとることもそうですね。

 

見落としがちなのが「2.企業のニーズ」です。

「企業ニーズ」と「あなたの市場価値」をカンタンに把握する方法

「企業のニーズを見極める」とは、口で言うほどカンタンなことではありませんよね?

 

いくつもビジネスニュースをチェックし続けるのは大変。

じゃあ、穴が開くほど四季報でも見なくちゃいけない?

はたまたデイトレーダーのように毎日株価をチェックしなければいけないのでしょうか?

 

そんな行動は現実的ではありませんよね。

そこで活用したいのがミイダスです。

 

ミイダスには他の転職サイトとは違った特徴があります。

まずサイトに行くとすぐに利用できるのが、「市場価値診断」というツール。

 

これは自分の職歴やスキルを入力することで、自分が転職した後の推定年収がわかるというツールです。

ミイダスの市場価値診断の結果

企業があなたをどう評価するかわかります

 

つまりあなたをどんな企業どのくらい評価してくれるのかがわかります。

まだ見ぬ企業ニーズと出会える診断なので、実際に試してみると「自分にもこんな可能性があったんだ!」と驚きますよ。

 

ミイダスはサービス登録後も定期的に面接確約オファーが届きます。

これにより随時、自分を評価してくれる企業をチェックできるというわけです。

 

転職エージェントのように登録後すぐに転職活動をスタートする必要はありません。

定期的にオファーを見返して、気軽に自分の可能性を見直す使い方ができるのがミイダスな便利なポイントです。

「合わない職場」を回避できる機能

もうひとつ転職の失敗と言えるのが、合わない職場に転職してしまうことでした。

ミイダスではそのミスマッチを防ぐ機能もついています。

 

それがコンピテンシー診断というもの。(登録後利用できます)

 

コンピテンシー診断をすると、

  • マネジメント資質
  • パーソナリティの特徴
  • 職務適性
  • 上下関係適性
  • ストレス要因

がわかります。

 

これらは自己分析にいかせるだけでなく、実は企業側もコンピテンシー診断を利用しています。

例えば企業側が営業部の人材を募集する時、営業部のエースにコンピテンシー診断をやってもらいます。

 

わが社の診断結果と転職希望者の診断結果を照らし合わせ「入社後、活躍できそう!」と思えたら、オファーを出すという仕組みです。

コンピテンシー診断の仕組み

 

既にその企業で活躍している人とあなたは似ているわけですから、入社後にスムーズに仕事に入れる可能性は高いですよね。

ミイダスのコンピテンシー診断は履歴書などの単なる文字情報では見えない、深い部分でのマッチングを可能にする機能です。

ミイダスは転職の失敗から生まれたサービス

ミイダスを運営する株式会社ミイダスはDODAやテンプスタッフなど「パーソルキャリアグループ」の一員です。

グループの他のサービスと比べてもユニークなのは、ミイダスを立ち上げた現在の代表の転職を失敗談が元になっているからだそう。

 

代表は転職を考えていた若かりし頃、転職エージェントに登録しました。

しかしエージェントに「営業はイヤだ」と言ったのに、営業の仕事ばかりすすめられなかなか上手く転職活動が進まなかったそうです。

 

一方、それをしり目に代表の弟は人材不足の企業からスカウトされ、ほぼ同じ内容の仕事で年収が200万円もアップ。

その経験から、転職は自分の都合だけでなく、市場の都合で転職するほうが給与が高くなると知ったそうです。

 

そのような経験をもとにサービスが作られているため、ミイダスには市場値診断やコンピテンシー診断などカンタンに自分と市場のマッチングができる機能がそろっているんですね。

 

もしあなたが代表と同じような経験や気持ちがあるのなら、ぜひミイダスの利用をおすすめします。

もちろんミイダス全て無料で使えるので、まずは気軽に市場価値診断からやってみて下さい。

ミイダス
 

また業界研究したい方にはこちらの記事もおすすめです。

それでは以上です。

転職はそれ自体がとても難しい仕事ですよね。

 

今回のAさんの例が参考になったらうれしいです。

みなさんはぜひ、転職成功させて下さいね!

Print Friendly, PDF & Email
※バンドミーティングにご利用ください

※PDFダウンロード、メール送信もできます

※余分な画像は削除できます