バン活!~バンドマンのための音楽活動サイト~

バンド活動のお悩み解決!音楽でメシを食うための方法。

 

インディーズバンドのミュージックビデオ(PV・MV)作り方色々(僕のドキュメントを含めて)

スポンサーリンク

 ミュージックビデオを作るのってハードル高いイメージがあると思うんですよ。

 

でも、ないより絶対あった方がいい!

 

最近じゃ「YouTubeにアップされていなければ音楽じゃない!」なんていう人もいますからね。

ぼくもバンド活動をやっていますが、友だちに紹介する時はYouTubeを見てもらうことがほとんどです。

実際にみなさんもそうじゃないでしょうか?

 

そこで、この記事では自分の経験を含めて、ミュージックビデオの作り方をご紹介します!

超格安で作る方法や、おすすめの業者さんをまとめてありますので、参考にしてみて下さい。

 

 

ミュージックビデオを自分でつくる方法

ぼくが以前やっていたロックバンドRundabanSpoilerPartyの動画です。


【MV】ブルーカラーシンドローム/RundabanSpoilerParty - YouTube

どうでしょう?

 

これ、スマホで撮影してます。

そして、編集は無料のソフト

監督、編集はメンバーのマイシケイスケです。

 

つまりほとんどお金をかけずに作ってるんです!

マイシが大学時代、映画サークルだったので、ざっくり動画編集技術があったのですね。

もちろんプロ並みとはいきませんが、素人がタダ同然で作ってもこれくらいはやれるという例です。

 

実際に撮影・編集に使ったツールや、おすすめのツールも紹介しておきます!

 

MVを自作するときに使えるツールまとめ

①スマートフォン

f:id:sohhoshikawa:20150820111945j:plain

まずは撮影機器ですけでも、とりあえずスマホで挑戦してみてください。

プロの方にアドバイスをもらったのですが、いきなり一眼レフを買って動画撮影するのはおすすめできない、とのこと。

一眼レフはきれいに取れますが、背景をぼかしたりとセンスがいるそうです。

 

iPHONEはじめ、最近のスマホは高解像度ですので、かなり良い映像がとれます。

大ヒットした映画シンゴジラにはiPHONEで撮ったシーンがあるとか!

 

以下の周辺アイテムをがあるとさらに便利です。

 

広角レンズ

足が曲がって、ぶら下げることもできる三脚

他にも、撮影に必要なアクセサリーが比較的安価に売ってるのもスマホの強みです!

 

②i movie

f:id:sohhoshikawa:20150820112050j:plain

 次は編集ソフトですが、これはMacにデフォルトのi movieでよさそうです。

むしろ編集ソフトより問題はPCのスペックですね…。

 

動画編集はメモリを使い倒しますので、良いPCが必要です。

色々そろえるより、MacbookProを買っちゃったほうが早いんじゃないかなぁというのがぼくの感想です。 

ちなみに、Winだと「Windows movie maiker」というソフトが無料です。

 

③ドローン

f:id:sohhoshikawa:20150820112115j:plain

これはちょっと離れ業ですが、アマチュアが空撮できるってすごくないですか!?

 

演出の幅は間違いなく広がるはずです。

撮影が終わったらこれで遊びたい(笑)

 

④Shutterstock

f:id:sohhoshikawa:20150830121943j:plain

Shutterstockは動画や画像などの素材を買えるサイトです。

 

自分で撮影した素材に、こういったプロが提供している素材を組み合わせることでグッとクオリティが上がります。

⇒Shutterstockのサイトを見てみる

 

自分でできないところは協力者をつのってみよう!

とは言え、撮影・編集技術をもっているメンバーがいない場合もありますよね?

 

「素材はあるけど、編集はできない!」

「一部の編集や効果の使い方が分からない…。」

 

そんな時は、ちょっと手伝ってもらえる協力者を募るのをおすすめします。

 

ぼくらの場合でも、やりたい演出や効果が使い方がわからなかったので、ある日ツイッターでつぶやきました。

「どなたかミュージックビデオの製作をお手伝いいただけませんか!?」

そうしたら見事、1人の方から返信があり、協力してもらえることなったんです!

 

今の時代、志が共感を生んでこんなことが起きちゃうのももはや普通のことかもしれませんね。

そして、できた動画がこちらです。


Rundaban Spoiler Party「どうなっちゃってんだ」 - YouTube

素材はホント荒くて、ツアー中のスマホでとったオフショットとライブハウス備え付けのカメラの動画がほとんど。

よくここまでまとめてもらえたな~っと思います。

さすがプロです!

 

「たまたま協力してくれる人がいて運がいいだけじゃん!?」なんて思うかもしれませんが、クラウドソーシングなどで探すと、動画編集をやってくれる人が見つかります。

クラウドソーシングとはウェブ上でスキルを持っている人と、それを使いたい人とをマッチングしてくれるサービスです。

 

おすすめのクラウドソーシングサービスは「ココナラ」ですね。

 

ココナラは単価500円からという気軽なサービスで、サイト自体がポップでわかりやすいのが魅力ですよ。

動画以外にも、ホームページ作成や宣伝代行などバンド活動に使える多様なサービスがたくさん売買されています。

 

色んな場面で困ったときにサッと使えるので、とりあえず会員登録(無料)だけでもしておくのをおすすめします!

「ココナラ」で動画を作ってくれる人を探す

 

ミュージックビデオを製作してくれるプロ業者まとめ

完全にプロにお願いする選択肢ももちろんあります。

以下では動画制作をやっているフリーランスの方や、プロの業者さんを紹介します。

 

動画制作・編集をしているフリーランス

AYC_WORKS

AYC_WORKSという名義で活動している相沢さんです。

実際にぼくもHAYSEEDSというバンドをやっていた時にお願いしました!

 

まずリリックビデオの制作を依頼。

こんな感じに仕上げてくれました!

www.youtube.com

 

さらにライブ映像の素材があったので、加工と字幕をお願いしたのが以下の動画です。

www.youtube.com

これ具体的には言えませんが、かなりお安くやってもらったんですよね。

 

AYC_WORKSでは、他にも本格的なMV制作もやっています!

www.youtube.com

www.youtube.com

 

制作をお願いしたいと思ったら、ツイッターから連絡をとってもらって見積もりを出してもらってください。

AYC_WORK(@aycity130)さん | Twitter

 

野村太一さん

YELLOW STUDSの野村太一さんもミュージックビデオ制作をやっているそうです。

実際にイエスタの楽曲で野村さんが作ったMVがこちら。

www.youtube.com

 

こちらもコンタクトをとるにはツイッターか、イエロースタッズの公式サイトが良いかと思います。

野村太一@Yellow Studs (@taichi4303) | Twitter

Yellow Studs official web site

 

動画制作の業者まとめ

太陽FILMS

PV制作・MV制作をしている
「太陽FILMs」です。
プロモーションビデオ(PV・MV)は、
メジャーやインディーズに限らず音楽を創られているアーティストの方々にとって色々な局面で必要となり、PVは持つ意味のあるものだと思います。ですが、
これまでのPV制作会社では制作したくても料金が高くてなかなか手が出しづらいものでした。
そこで、アーティストの方々へ、より手が出しやすい価格でコストパフォーマンスに優れたPV制作のプランをご用意させて頂きました。
4つのプランごとにサンプルなどもありますので、どうぞご覧ください。
「サンプルMV」の項目には、A・B・C・Dプランという風に、皆様のお好みのミュージックビデオを具体的に選べるように、分かりやすく載せております。
音楽を創られている方々特有の色を、プロモーションビデオという形でお持ちになってみてはいかがでしょうか。公式サイトより

⇒PV制作・MV制作の「太陽FILMs」-インディーズ向けミュージックビデオ制作

 

753デーズ

753デーズさんはインディーズバンドのMVを中心に制作されている業者です。

具体的な金額は明示されていませんが、制作実績などはホームページをどうぞ!

⇒七五三デーズ

 

Frekul

Frekulは音楽活動を総合的にサポートするプラットフォームですが、最近になって「ORGA ENTA×Frekul 5万円でつくるミュージックビデオ」という企画が始まりました!

 

制作工程やロケ現場の手配などの準備をバンド側が行うことで料金が格安になるシステムです。

一流機材を使って高品質な動画を撮影できるのが魅力ですね!

⇒ORGA ENTA × Frekul 5万円で作るMusic Video | Frekul(フリクル)

 

ミュージックビデオを作るお金がない時の対処法

さて、ここまで、

  1. 自作する方法
  2. 手伝ってもらう方法
  3. プロにお願いする

など色んな選択肢をご紹介してきました。

 

ぼくの経験からすると30000円~ミュージックビデオを作ることができると実感しています。

もちろん、こだわりだせばその製作費は青天井。

いくらでもお金を投入したい部分ですよね。

 

制作費がなくて困っていたら、例えば最近ではクラウドファンディングでMVの製作費を募ることができます。

こちらの記事など参考にしてみて下さい。

⇒クラウドファンディングを音楽活動で活用する方法!成功のコツをCAMPFIRE社長から聞いてきました

 

その他、音楽で稼ぐ色々な方法やサービスをこちらで紹介していますので、合わせてチェックしてみて下さい。

⇒音楽で稼ぐ方法 - バン活!

 

また、「まったくお金をかけたくない!」という方でも、Pawoo Musicのツールを使うのをおすすめします。

静止画像に音楽だけのYouTubeは味気ないです。

 

Pawoo Musicなら動的なエフェクトを付けた簡易MVを簡単に作ることができます。

⇒どうせYouTubeに音楽を上げるなら少しはカッコつけようぜ!Pawoo Musicで簡易MVが30秒で出来上がる!

 

そうしてなんとか出来上がったミュージックビデオ。

どうせならたくさん再生されてほしいですよね?

 

こちらの記事ではYouTubeで再生回数を上げるテクニックも紹介しています。

ぜひ合わせて読んでみて下さい。

⇒YouTubeに最適な設定をしてミュージックビデオの再生回数を増やそう!

 

 

以上「インディーズバンドのミュージックビデオの作り方」をご紹介しました!

参考になったらうれしいです。

 

それでは!

「音楽活動の宣伝」に戻る

バンド活動ノウハウ集

音楽活動の宣伝
音楽で稼ぐ方法
ライブハウスの選び方
ライブとレコーディング
メジャーデビューする方法
音楽と両立できる仕事や副業
独立して活動するアーティスト
ミュージシャンにおすすめの本
バンドコラム

 

演奏力アップ

おすすめの音楽教室
ドラムのコツ

音楽ファンむけ

音楽業界の仕事
音楽ニュース
おすすめの音楽
音楽の楽しみ方