読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

インディーズバンドのミュージックビデオ(PV・MV)作り方色々(僕のドキュメントを含めて)

バン活!(バンド飯) バン活!(バンド飯)-ロックバンドのモノづくり

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

ミュージックビデオを作るのってハードル高いイメージがあると思うんですよ。

でも、ないより絶対あった方がいい

最近じゃ「YouTubeにアップされていなければ音楽じゃない!」なんていう人もいますからね。

まぁ、たしかにその通りで日常、YouTubeから自分のバンドを紹介することがほとんどです。

今日は自分の経験を含めてミュージックビデオの作り方を考えてみます。

 

①自分でつくる

僕らRundabanSpoilerPartyのこの動画。


【MV】ブルーカラーシンドローム/RundabanSpoilerParty - YouTube

どうでしょう?これ、スマホで撮影してます。

そして、編集は無料のソフト

監督、編集はギターのマイシケイスケです。

素人がタダ同然で作ってもこれくらいはやれます。

参考までに。

(関連記事インディーズバンドのPV(プロモーションビデオ)撮影と編集に使えるツールまとめ)

 

 

②協力者をつのる

ある日、ツイッターでつぶやきました。

「どなたかミュージックビデオの製作をお手伝いいただけませんか!?」

そうしたら見事、1人の方から返信があり、協力してもらえることになりました。(しかもご近所さん!)

今の時代、志が共感を生んでこんなことが起きちゃうのももはや普通のことかもしれませんね。

そして、できた動画がこちら。


Rundaban Spoiler Party「どうなっちゃってんだ」 - YouTube

素材はホント荒くて、ツアー中のスマホでとったオフショットとライブハウス備え付けのカメラの動画がほとんど。

よくここまでまとめてもらえたな~っと思います。

さすがプロです。

「たまたま協力してくれる人がいて運がいいだけじゃん!?」なんて思うかもしれませんが、例えばココナラクラウドワークスなどのサイトでも動画製作の技術を持った人がいたりします。

 

是非、色んな形で探してみてはどうでしょう?

 

 

③プロにお願いする

とりあえず最初に思いつく選択肢ですよね。主な動画製作会社をまとめておきます。

太陽FILMS

PV制作・MV制作をしている
「太陽FILMs」です。
プロモーションビデオ(PV・MV)は、
メジャーやインディーズに限らず音楽を創られているアーティストの方々にとって色々な局面で必要となり、PVは持つ意味のあるものだと思います。ですが、
これまでのPV制作会社では制作したくても料金が高くてなかなか手が出しづらいものでした。
そこで、アーティストの方々へ、より手が出しやすい価格でコストパフォーマンスに優れたPV制作のプランをご用意させて頂きました。
4つのプランごとにサンプルなどもありますので、どうぞご覧ください。
「サンプルMV」の項目には、A・B・C・Dプランという風に、皆様のお好みのミュージックビデオを具体的に選べるように、分かりやすく載せております。
音楽を創られている方々特有の色を、プロモーションビデオという形でお持ちになってみてはいかがでしょうか。公式サイトより

RED FILMS

[プロモーションビデオ・ミュージックビデオをもっと身近に。]自分たちの表現をイメージのまま動画に収めたい。満足の行く形で世界に配信したい。RED FILMSでは制作前に必ず打ち合わせを行います。あなたの表現したい事、伝えたい事をお聞かせください。ご要望に応じた映像プランニングを行います。

 masic lamp

高品質で安価なPV制作を実現する マジックランプの「独自システム」

インディーズPV・MVの製作費は、当社通常価格30万円です。※内容により価格が変動します
「通常価格から、当社ロゴを入れる事でその分の広告料を差し引き、お客様にとっては安価にPV制作できる」独自システムを開発。 高品質でありながら多くの方がPV制作しやすい料金体系でのサービス提供が可能となりました。

 

格安のMV、リリックビデオを知っておこう

予算がないバンドはリリックビデオという選択肢も考えておきましょう。

リリックビデオとは文字で構成されたミュージックビデオです。

演奏シーンなどの素材が必要ないため一般的に格安で制作することができます。

 

現在のぼくのバンド「The Hayseeds」でもリリックビデオを制作しましたよ。

www.youtube.com

ご覧のように文字が中心の動画ですが、動的な演出であきのこない流れになっています。

こちらはなんと3万円で制作してもらいました!

価格はマチマチでしょうが、フリーランスで活動されている方を探してみると良いですよ。

関連記事ミュージックビデオ(MV・PV)を作ってくれるフリーランスをまとめてみた

 

とにかく現代のバンドにとっては動画はマストアイテムですので、以上を参考に是非つくってみてください!

 (関連記事バンドマンがYouTubeを使わなさ過ぎてワロタ(悪い意味で))

 

 

 

さてさてここまで、レコーディングに動画製作に思わず「お金がかかる~!!」と言っちゃいそうです。

 

そこで次はバンド活動の資金調達について一つのアイディアを提供します。

 

次回のバン活!はこちら。

www.shellbys.com


引き続きご覧ください。

 

 

以上、バンドマンがお送りしました!

 

 

 

こちらもどうぞ!

www.shellbys.com

www.shellbys.com

www.shellbys.com