スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

自分の音楽の才能がどの程度なのか…。

知りたくないですか!?

簡単に調べる方法があります。

それはおなじみにYouTubeと、YouTube広告を出稿できるGoogleアドワーズを使います。

Googleアドワーズとは?

Googleアドワーズは、天下のGoogleが運営する広告出稿サービスのこと。

個人でも運用でき、500円程度の少額でも広告を出稿することができます。

GoogleアドワーズにはYouTube動画を宣伝できるタイプのものがあり、それで自分のミュージックビデオを見てもらうことができます。

さあ、Googleアドワーズで見ず知らずに他人に自分の音楽を評価してもらいましょう!

これでグッドもつかず、拡散もされなかったら…。

もう、わかりますよね?

イメージ的にはネット上でストリートライブをやる感じに近いですね。

誰もあなたの音楽に振り向いてくれなかったら出直しです。

スポンサーリンク

ようは「市場評価」を求める、と言うこと

言わずもがな、音楽で食っていくためには自分の音楽が市場評価を得なければいけません。

つまり「お金を払う価値があるか?」ということです。

「それだったらライブハウスのライブでも、CDでも良いんじゃない?」って?

でも厳密にそれは市場評価の厳しい目にさらされているでしょうか?

ライブ会場は知り合い+対バンになってませんか?

CDは全国流通してますか?

ライブ物販で止まってませんか?

ぼくの好きな竹原ピストルさんの『石ころみたいに一人ぼっちで 命の底から駆け抜けるんだ』にこんな歌詞があります。

ホームグラウンドに友達集めてレコ発ワンマン。

おめでとー、ありがとー、はい完結、ってそれもいいけど、気付いてやってくれ、フロアの隅っこ、あんたの音源が、旅を求めて泣いてはいないか?

いつものメンツでジョイントライブ、今日は俺の勝ちだ。

いや、俺の勝ちだ。わはは。ってそれもいいけど、気付いてやってくれ、楽屋の隅っこ、あんたのギターが真の勝敗を求めて泣いてはいないか?

市場評価が得られるか、否かという真の勝敗を求めましょう。

ぼくのバンド、ヘイシーズでもいつも勝負を意識しています。

なかなか結果が得られないことも多いですよ。

(ってかその方が多い)

関連記事:ぼくのインディーズバンドのMVが再生回数1000回突破!けど、このキビしい現実をみてよ・・・ 

それでも諦めたり、辞める必要はまったくありません。

必要なのは走る続けることじゃない 走り始め続けることだ(オールドルーキー)

でも、ぼく思うんですよ。

ツアーに行けば見ず知らずに人たちの前で音楽を披露できる。

CDを作って全国流通すれば、全国のCDショップに通う音楽ファンの目にさらすことができる。

たしかにそうなんですがコレ、リスクも高くないですか?

ツアーなら交通費や宿泊費。

CDならプレス代などバカにならないお金がかかります。

「勝敗を求めろ」と言ってはみたものの、負けた場合は二度と立ち直れないかもしれません。

だからこそYouTube+アドワーズ広告を試して欲しいのです。

アドワーズ広告なら1万円程度使えば、だいたい3000回は再生されます。

ミュージックビデオだって最近なら安いもので3万円~つくれます。

自作したって良いでしょう。

関連記事:インディーズバンドのミュージックビデオ(PV・MV)作り方色々(僕のドキュメントを含めて)

またまた竹原ピストルさんの名曲「オールドルーキー」にこんな歌詞があります。

www.youtube.com

何度でも立ち止まって また何度でも走り始めればいい

必要なのは走り続けることじゃない

走り始め続けることだ

走り始め続けるためには、リアルな部分も大事にしてほしい。

YouTubeに音楽をアップロードして自分で宣伝するのは、誰にも迷惑をかけないし、安価ですから、何度だって挑戦できます。

そう、もし評価が低かったって何度でも挑戦すれば良いんです。

そして何度でも挑戦しやすいのが今回ご紹介した方法です。

Googleアドワーズを使ってみよう!

YouTubeは音楽にとって最大の消費地です。

もっとも音楽が聞かれ、音楽ファンが集まる場所です。

そこで3000回程度再生されるなら、それは市情評価として検討して良いと思います。

詳しいGoogleアドワーズの使い方はこちらの記事を参照してください。

関連記事:Google adwords広告を使ってミュージックビデオの再生回数を増やす方法

またYouTubeについてはこちらもどうぞ。

関連記事:YouTubeに最適な設定をしてミュージックビデオの再生回数を増やそう!

ぜひ参考にしてみて下さいね。

それでは!

ところで俺、まちがってねぇよな?

スポンサーリンク
バンドコラムの関連記事
  • 「音楽が無料になる」その理由が圧倒的過ぎる
  • アナログ回帰の事例「カセットテープ」が復活して、リリースするバンドも!
  • アジカン後藤さんの「やめなくてもいい音楽」を目指していこう!
  • 「会社への依存度を下げる」という意味で、音楽活動(ロックバンド)をやってみよう
音楽活動に納得していますか?

バン活!はバンドマン/ミュージシャンが音楽活動で迷ったり、悩んだりしたことを解決することを使命としています。

集客・宣伝、SNSやホームページの作り方。音楽でお金を稼ぐ方法を公開しています。

全てのバンドマンに悔いのない音楽人生を。

Twitterでフォローしよう

  • 音楽教室
    人気の音楽教室おすすめランキング!【大人むけ】
    2017年4月8日
  • 音楽活動の宣伝
    ツイッターであなたの音楽を20万人に宣伝する方法
    2017年1月10日
  • 音楽で稼ぐ
    音楽を投稿して、仮想通貨でチップを受けとれる「tipmusic」と「MUSICOIN」
    2017年12月18日
  • バンドコラム
    【評判口コミ】楽器通販「サウンドハウス」は便利でお得だった!
    2018年1月12日
  • ミュージシャンにおすすめの音楽本
    ミュージシャンにおすすめの本13選。あなたの音楽人生を変える自伝やビジネス本!
    2017年11月12日
  • 音楽活動の宣伝
    ミュージシャンやバンドマンなら知っておくべきウェブサービス47選
    2016年1月17日
  • 音楽で稼ぐ
    【手数料激安!】ミューシャンはBASEで音楽を売ろう!
    2014年11月29日
  • 音楽業界の仕事
    音楽業界の仕事とは?全20職種の解説と進路をまとめてみた
    2017年12月14日
  • 活動報告
    音楽ブログでミュージシャンが稼ぐ方法を有料マガジンにしました
    2017年8月8日
  • ミュージシャンの副業
    【現役バンドマンが教える】バンドマンの定番おすすめバイト6選
    2017年11月27日
おすすめの記事