スポンサーリンク

 

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

「もっと好きなことに打ち込みたい!」

 

音楽をやってきたぼくはいつもそんな想いに駆られてきました。

アルバイトをしながらのバンド活動だと、仕事に気力や体力をバイトに取られてなかなか音楽に打ち込むことができないですよね。

 

「(あまり)働かないで収入を得られる「不労所得」があれば…」

ついついそんな妄想をしてしまう人は少なくないのではないでしょうか?

 

そんな折、「ミュージシャンのミュージシャンによるお金のセミナー(2017年)」に確定申告の勉強に行ったのですが、そこでなんとも興味深い話を聞いてきました。

 

それはズバリ「ミュージシャンと不労所得」という話。

 

話してくれたのは自身もインストバンドLITEで活躍するバンドマンで行政書士の武田さんです。

f:id:sohhoshikawa:20170228170536j:plain

武田さんは行政書士をやりながら不動産投資にも挑戦して、音楽にまい進するために収入の安定化をはかっているそうです。

少ない労力でまとまったお金を生むことができる「不労所得」

ミュージシャンも不労所得の構築に挑戦してみてはどうか?というのが武田さんからの提案でした。

 

ぼくも同じくミュージシャンにとって不労所得は必要不可欠なものだと思います。

創作に長い時間がかかることもしばしばある音楽活動では、どうしたって収入は安定しません。

また生活が切迫するばっかりに、ミュージシャンが「売れる音楽」を作ることだけを考え出したら豊かな音楽文化は生まれないと思います。

 

ミュージシャンが副収入を得ることはなんだか不純なイメージがありますが、むしろ純粋に音楽に向き合うためには必要なものではないでしょうか?

 

そこでこの記事では「初心者でも始められる不労所得の作り方」をご紹介します。

何を隠そう、ぼく自身が初心者です。

ミュージシャン/バンドマンのみなさんはぜひ一緒に勉強してください!

 

また昨今はなかなか給料が増えない時代です。

多くのサラリーマンも実は不労所得には興味をもっていると思いますので、そういった方にもぜひ読んで欲しいと思います。

 

スポンサーリンク

初心者におすすめの不労所得は3つ

不労所得を作るとはつまり「資産を持つ」ということです。

資産に対して、お金や時間、労力を投入していく。

 

コツコツと「投資」を続けることで、収益を生む資産へと育てていきます。

とは言え、投資には常にリスクがつきものですよね。

株やFXには怖いイメージをもっている人も多いと思います。

そこでおすすめするのが超低リスクの投資です。

「そんなものあるの!?」と思うかもしれませんが、色々調べて勉強しました!

 

元手が少なく、今すぐに始められる投資をぼくはやっています。

注意してほしいのはリスクとは「危険度」ではなく、「振れ幅」を意味するということ。

 

つまり低リスクとは大きく儲けられる可能性は低いということです。

本当に時間をかけてコツコツ投資して、ゆっくりと資産を構築していってます。

なので「株式投資でイッパツあてたい!」「億り人になりたい!」という方には残念ながら参考になりません。

 

具体的には、

  1. 投資信託
  2. ネット上の資産
  3. 著作権

の3つをご紹介していきたいと思います。

低リスクと言えども、時間をかけて育てれば強力な資産になってくれますよ!

 

株式投資をおまかせする投資信託

投資信託の仕組み

投資信託の仕組み

不労所得と言うと、パッと思い浮かぶのがみなさん「株」ではないでしょうか?

最近はマイナス金利と言うこともあって、ただ口座にお金を預けていてもなんにもならないので、興味をもっている人が増えているようです。

 

ただ難しそうだしリスクも大きそうなので、なかなか手を出せないでいる人も多いと思います。

そこで、実際にぼくが実践中なのが投資信託です。

その名の通り、投資を専門業者にお願い(信託)して代わりに運用してもらうというもの。

 

投信信託にお金を預けると、勝手に売ったり買ったり運用してお金を増やしてもらえます。

年利〇〇%といった感じで割合で増やしてくれるので、元本(預けたお金)が多ければ多いほどリターンも大きくなってきます。

毎月決まった金額で投資信託を買うことで徐々に元本が増えていき、いづれはまとまった金額のリターンが生まれるというワケです。

 

30年間で年利6%の投資信託を毎月3万円買い続けた場合、順調に行くと2920万円になります。

対して、ただ貯金だけ続けた場合は1080万円です。

 

借金をすると利息がかかり、雪だるま式に借金が増えていくと言うじゃないですか?

投資信託はその逆で、雪だるま式に資産が増えていくというわけです。

 

それでも元本がとけるリスクが怖い…。

そもそも元手が少ないし…。

理屈はわかったけど、いざ始めようとすると色々イイワケをしてしまいますよね?(笑)

そんなスーパービビり貧乏のぼくたちが始めるべきなのがポイントを使った投信信託です。

 

なんと!

楽天証券では楽天スーパーポイントを使って投信信託を購入できるんです。

楽天ポイント、普段使ってますか?

ほったらかしでポイントが眠ったままの人も多いと思います。

それは超もったいない!

 

楽天スーパーポイントで投資信託を買えば、事実上ポイントを現金化できるだけでなく、さらに増やしてもらえます。

まさに現代の錬金術!(笑)

 

お察しの通り、楽天ポイントって毎月多くても1000ポイントぐらいしか貯まらないと思います。

ですから最初のうちはリターンはめちゃくちゃ少ないです。

それでもぼくには魅力的に思えますね。

 

ぼくは楽天カードfa-external-linkで日々の固定費(生活費)をカード払いにしています。

  • 光熱費
  • 水道代
  • ネット代
  • スマホ代

を楽天カードで支払えば、毎月自動でポイントが貯まっていきます。

そのポイントで投資信託を買って増やす。

つまり生きるために必要な消費で、ついでに投資ができるシステムなわけです。

 

長い目で見るとこのシステムを導入している人としていない人では大きな差が開くでしょう。

何よりポイントなので実質、元手はゼロ。

低リスクというかノーリスクの投資と言ってよいと思います。

 

初心者が株式投資を始めるにあたって、これ以上にうってうけのシステムはないですよね。

楽天ポイントをきっかけに投資を始めて、日々の生活に余裕がある人はさらに投資額を増やしていけば良いと思います。

 

ぼくが実際に購入している投信信託もご紹介しておきます。

投信信託には実に多くの商品がありますが、ぼくは「ひふみプラス(ひふみ投信)」を買っています。

 

ひふみ投信社長の藤野英人さんの著書を読んだのがきっかけです。

これを読んで、ひふみ投信投資に対してすごく誠実に志をもって取り組んでいるんだな~と思いました。

自分が一生懸命稼いだお金。

いくら増やしてもらえると言っても、ワケのわからん不穏な企業には貢献したくないじゃないですか!

ひふみ投信ならまじめで社会に貢献する企業に投資してもらえそうだなと思い、楽天証券で「ひふみプラス」を買っています。

 

実際に投資成績もよく、銘柄ランキングでは常に上位に入っている投資信託です。

「同じのを買え!」とは言いませんが(笑)、『投資家が「お金」よりも大切にしていること』はとても良い本です。

投資のイメージが変わると思いますので、ぜひ読んでみて下さい。

 

また投資全般について基礎的な知識を知っておきたい人は『マンガでわかる最強の投資術』がおすすめです。

20代からライフステージに合わせた投資術を紹介しているので幅広い年代の方が読んでも参考になります。

ムック本で読みやすいですし、低リスク・コツコツ型の投資をおすすめしている誠実な内容なので初心者の方に特におすすめですよ。

楽天証券に口座を開く方はこちらからどうぞ。

 

ポイントをガッツリ貯めるために合わせて楽天カードも作っておきましょう。

 

スポンサーリンク

自分の経験や知識を資産にするネット上の資産

ブログで価値を発信

資産から収入を得る方法は2つあります。

その資産を保有しているだけで収入になるインカムゲインと、資産を売買することで得られるキャピタルゲインです。

例えば、株の場合は配当金や株主優待がインカムゲイン、株の売買で得られる利ザヤがキャピタルゲインです。

不動産の場合は家賃収入がインカムゲイン、物件の売買で得られる収入がキャピタルゲインですね。

 

ウェブサイトにも同じようにインカムゲインとキャピタルゲインがあります。

素晴らしい内容のサイトには、Google検索エンジンから恒常的にアクセスがあるんですね。

まとまったアクセスのあるサイトなら、何らかの広告をはったりすることで収益を発生させることが可能なんです。

そうすると放置していも半自動で収益が発生するので、ウェブサイトでのインカムゲインになります。

 

またその価値のあるウェブサイトを「サイト売買Z」などのサービスで売買することも可能です。

これはまさにキャピタルゲインですね。

不動産 サイト・ブログ
インカムゲイン 配当金・株主優待 家賃収入 広告収入
キャピタルゲイン 株取引 物件売買 サイト売買

 

このようにウェブサイトは不動産や株と同じような性質を持つため、(賛否両論あるかもしれませんが)価値のあるウェブサイトやブログは資産と言って差し支えないと思います。

 

何を隠そう、ウェブ上の資産作りにいそしんでいるのがぼくです(笑)

今現在はブログの収入を軸に生計を立てています。

 

経験者として言わせてもらうと、ブログで収入を作るのはとてもおすすめですよ。

何と言っても、ブログは初期費用とランニングコストが安いのが魅力です。

無料ブログサービスからはじめればタダですし、本格的なレンタルサーバーを借りてWordpressを導入しても月々1000円程度ですね。

 

ブログ収入は月1万円程度の小額なら、ほぼ誰でも達成可能ではないかと思っています。

大げさに言うと、ブログは記事数とアクセス数が比例します。

なので日々更新を続けていば、おのずと収益も上がっていくんですね。

 

ただいきなりドカン!と収益が発生するものではありません。

最初の3か月は無収入・無アクセスを覚悟して記事の更新に取り組んで欲しいと思います。

 

もっとも「ご飯美味しかったー!」なんて一行日記じゃいくら書いてもダメですよ(笑)

多少コツはあるので、ブログに興味がある方はぜひ勉強してみて欲しいと思います。

 

ブログ指南本だと、プロブロガーのタクスズキさんの著書がおすすめです。

タクさんが実際にブログで稼ぐまでの道のりがドキュメント風に語られており、理解しやすいと思いますよ。

 

また拙著で恐縮ですが、ぼくもブログ運営ノウハウを販売しています。

ぜひ読んでみて下さい。

 

ミュージシャンなら挑戦したい著作権収入

印税生活のイラスト

さすがにコレ↑は無理w

著作権とは自分の創作物の付随する権利ですよね。

  • 音楽
  • 絵・イラスト
  • 文章
  • 写真

などあらゆる作品に著作権があります。

 

この著作権も立派な資産で、様々な形で収入を得ることができます。

音楽で言えば「印税」なんかがそうですね。

楽曲がテレビやラジオ、またカバーされたり世の中で流れることで著作者に著作権収入が生まれます。

 

印税と言えば、大手音楽事務所に所属するミュージシャンしかトライできないビジネスに思えますが、近年はストックミュージックサービスの登場で誰でも音楽の権利は販売することができるようになりました。

代表的なストックミュージックサービスは「オーディオストック」です。

自作の楽曲の使用料を一曲数千円で販売することができます。

 

オーディオストックを利用すれば、著作者(ミュージシャン)が営業したり、楽曲を売り込んだりする必要はありません。

クオリティが高く、需要のある作品ならコンスタントに売れてくれるのでまさに不労所得になってくれます。

オーディオストックには月に5万円以上の売り上げがあるユーザーもいるんですよ。

 

特に音楽活動のために不労所得を構築したいミュージシャンなら、音楽制作の腕を磨きながら不労所得をゲット出来て一石二鳥ですね。

もちろん努力は必要ですが、ミュージシャンにとってメリットの大きい資産だと思います。

オーディオストックについて詳しくはこちらの記事でも解説していますので興味ある方はご覧ください。

 

音楽以外にも写真ならストックフォトサービスなど著作権使用料を得られるサービスは多いです。

こちらの記事など参考にぜひ自分の特技にあったストックサービスを探してみて下さい。

 

何よりも始めるのが大事。投資に一歩を踏み出そう

以上、初心者におすすめの不労所得の作り方を3つご紹介しました!

 

ちなみに「ミュージシャンのためのお金のセミナー」で武田さんは不動産を購入して賃貸経営をする方法を紹介していました。

説明を聞くとなんだか自分でもできそうな気がしてきましたねw

物件はどうやって探すかというと、普通に楽待、健美家、HOMES、SUUMOなどネットを使って物件を探したり、仲良くなった不動産から物件を紹介してもらうこともあるそうです。

f:id:sohhoshikawa:20170228173808j:plain

とは言え、最初は銀行から借り入れして少なくない借金を背負わなければいけません。

なんだかんだ「投資初心者」にはおすすめできるものではないかと思います。

 

初心者の方ぜひ今回紹介した3つの方法にチャレンジしてみてほしいと思います。

ご覧の通り、ほとんど元手が必要ないものばかりですので!

 

いづれにしても、月1万円の収入をつくるのはそこまで難しくないと思います。

月1万円…。

それって少ないでしょうか?

 

年間で12万円ですよ。

12万円あったらあなたは何がしたいですか?

家族で旅行に行くも良し。

音楽だったら新しいギターを買うことだってできるでしょう。

 

また12万円とは時給1000円の仕事だと15日分に相当します。

15日間アルバイトを休めるとしたら、ツアーにもいけるし気兼ねなくレコーディングに集中するだってできますよね。

間違いなく音楽にいそしむ時間が増えると思います。

 

月1万の不労所得を起点に人生を自分の望む方向に変えていける。

ぼくはそう確信しています。

 

今回ご紹介した方法は、低リスクな分なにより時間を投資することで効果が生まれてくるものばかりです。

ぜひ気になるものは今すぐ始めてみて下さい。

階段を1つずつ積み上げ昇っていった者にしか遠くを見渡すことはできません。

来月、再来月は結果がでなくても来年、再来年になると挑戦した人としなかった人との差は限りなく大きくなりますよ。

 

まずはやってみましょう!

 

以上、「初心者が不労所得を作るおすすめの方法3選」でした。

参考になったらうれしいです。

 

 

それでは!

関連記事
スポンサーリンク
音楽活動に納得していますか?

バン活!はバンドマン/ミュージシャンが音楽活動で迷ったり、悩んだりしたことを解決することを使命としています。

集客・宣伝、SNSやホームページの作り方。音楽でお金を稼ぐ方法を公開しています。

全てのバンドマンに悔いのない音楽人生を。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事