スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

えー!そうなんですね!?

全然知らんかった…。

スポンサーリンク

酒税法の改正によりライブハウスのドリンク代も値上げに

あまり詳しくないのですが、酒税法の「酒類の公正な取引に関する基準」が改正され、2017年の6月1日から施行されたそうです。

国税庁が公式に文書を通達しています。

https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/kokuji/170331/pdf/01.pdf

一応読んでみましたが、何言ってるかわからない(笑)

こうゆうのってわざと難しく書いてる感あるよなー。

とにもかくにも多くのライブハウスでドリンク代が値上げされるそうです。

公式にアナウンスしているライブハウスもいくつか見受けられます。

また、ゲスト枠やスタッフ枠の変更で対応するライブハウスも。

おそらくここ以外にも多くのライブハウスで値段の改定があったと思います。

たかが100円、されど100円。

気になる方はぜひ一度、行かれる予定のライブハウスに問い合わせてみて下さい。

そもそもなぜライブハウスはドリンク代を取るの?

この話題の中で「そもそもドリンクとかいらないし…!」という意見も見受けられました。

でもコレもまた法律上の問題なんですよね。

ぼくが聞いた話によるとライブハウスの多くは「飲食店」として届出をしているので、何かしらの飲食物の提供が必要なんだそうです。

同じ意味のツイートを発見。

なにぶん法律の専門家ではないので確実にとは言えませんが、まぁそうゆう理由なんです。

スポンサーリンク

ユニークな取り組みを始めるライブハウスも

ツイッターでこんな意見も発見しました。

あー、確かにそうですよね。

若い子ほどライブハウスには行って欲しいですし。

ってそんなこと思っていたら、四谷アウトブレイクでおもしろい値段設定を実験されるそうです。

以前は、

  • 入場時ドリンク 500円
  • 追加ドリンク(アルコール)400円
  • 追加ドリンク(ソフトドリンク)300円
  • 追加ドリンク(ビン類、特別)500円

だったのが6月1日より、

  • 入場時ドリンク 500円(ソフトドリンクは2杯分)
  • 追加ドリンク1杯 500円(ビンは600円)
  • 追加3枚チケット 1300円
  • 追加5枚チケット 2000円
  • 追加28枚チケット 10000円
  • 追加100枚チケット 35000円

といった値段設定で実験的に運用していくそうです。

これですと6杯目以降は旧ヴァージョンより安く飲める感じですかね。

別に5枚チケットをみんなで分けても良いんですよね?

友達誘っていくのが良いってことですな!

100枚チケットをサクッと買っておごれるロックな大人になりたいですね~(笑)

それより何より入場時にソフトドリンクが2杯と言うのは良いですよね!

未成年大歓迎です!

しかしアウトブレイクはいつも面白いことをしますね~。

サボらず、どんなことでも頭をひねる姿勢は尊敬です。

関連記事:バカなの!?同じライブハウスで同じバンドが、7日間連続でライブをやるらしい… #1週間住み込みギグ

関連記事:【レビュー】「四谷OutBreak!」を初めての方にご紹介!

ライブハウスをもっともっと楽しい場所に

何はともあれ、今回はドリンク代の話でしたがこうやってライブハウスの情報がオープンになっていくのはとても良いことだと思うんですよね。

今、ライブハウスが抱えている問題の原因の多くはミスマッチにあると思うんですよ。

バンドとハコ、ハコとお客さん、お客さんとバンド…。

「こんな感じだったの…?」という嫌な思いをすると、その人とはもう二度とそこには足を運ばなくなります。

とりわけネットの一番の得意技がマッチングなんですね。

「知りたい!」と思った時に検索やSNSを使えば情報に出会える。

つまるところこのブログを読めば「へー、ライブハウスってドリンク代必要なんだー」と初めての人も知ることができるわけです。

他にもこんな感じでどんどん書いていくと良いと思います。

そんなわけで音楽ファンみんなでガンガン情報発信しましょう。

そうやってネット上に「ライブハウスを楽しむガイド」が形成されていけば良いな~って思います!

それでは!

ところで俺、まちがってねぇよな?

スポンサーリンク
音楽ニュースの関連記事
  • 【2017年】楽器店の年末セールまとめ!クリスマスプレゼントに楽器を考えている方にも
  • 綾小路翔さん「岡村靖幸先輩とhyde様を繋げられるのは、この世で僕しかいない」
  • ギターウルフのLINEスタンプが最高すぎる件
  • ネット上のセッションバー!?『BAND-ONLINE』が非リアなミュージシャンを救う!
音楽活動に納得していますか?

バン活!はバンドマン/ミュージシャンが音楽活動で迷ったり、悩んだりしたことを解決することを使命としています。

集客・宣伝、SNSやホームページの作り方。音楽でお金を稼ぐ方法を公開しています。

全てのバンドマンに悔いのない音楽人生を。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事