スポンサーリンク

 

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

ロックバンドやっていると必要なのがアーティスト写真、略してアー写です。

 

宣伝材料写真、略して宣材写真なんても言いますね。

みなさんどんな写真をつかってますか?

ちなみにぼくのバンドのThe Hayseedsはこんな感じです。

ヘイシーズのアーティスト写真

これはカメラが趣味の友人に一肌脱いでもらいました。

加工もお任せしましたね。

ざっとライブハウスのスケジュールを眺めていると、あまり工夫のない写真をアー写にしているバンドも少なくありません。

たしかになかなか気が回りにくい部分であるんですが、写真は今の時代重要です。

スキルや協力してくれる友人がいない場合、このスマホアプリを使ってみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

写真加工アプリ「サイメラ」

サイメラはおそらく写真加工アプリではかなり有名ではないでしょうか?

おそらく女性は知っている。

恥ずかしながらぼくは最近知りました。(笑)

このアプリ、すごく簡単に写真が加工できるんですよ。

論より証拠。

まずはこちらの写真を見てもらいましょう。

星川

なんてことないぼくの写真です。

(ちなみにぼくはドラマーですw)

サイカメラを使って適当に加工してみましょう。

できた結果がこちら。

星川の写真加工後

どうでしょうか??

加工のセンスはおいといて(笑)インパクトはでましたよね?

かなり直感的な作業で、フィルターをかけたり文字を入れたりできます。

サイカメラ操作画面

アー写を適当にとった生写真にしちゃっている場合はサイカメラを使って加工してみてください。

ちょっと良い写真にできますよ!

余裕があればプロに!

もちろん余裕があればちゃんとプロに頼んで撮影するのが良いです。

ぼくが以前やっていたバンドのアー写がこれです。

ランダバンアーティスト写真

なかなかカッコイイでしょう?(笑)

これは当時学生でカメラを勉強していた友人に協力してもらいました。

学校のスタジオを使わせてもらってます。

なのでちゃんとしたフォトスタジオを使えばこのくらいのクオリティは十分でるってことですね。

参考までに。

 

プロに写真撮影をお願いできるサービスは色々ありますが、fotwaがおすすめです。

格安で撮影を依頼できます。

詳しくはこちら。

⇒19800円でプロにアーティスト写真を撮ってもらおう!

     

    特に頼る知り合いがいない場合はこういったサービスを使ってみてください。

    「音楽活動の宣伝」に戻る

    関連記事
    スポンサーリンク

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事