読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

仕事がないミュージシャンにおすすめの副業7選

音楽 音楽-音楽と仕事

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

「音楽だけではなかなか食えない時代」と言われて久しいです。

だからと言ってミュージシャン人口が減るのはダメだと思うんですよ。

 

今、世の中では「複業」という言葉も生まれています。

様々な仕事を組み合わせて生計を立てていく生き方です。

 

ミュージシャンもその複業の一部になればいいなと思います。

そこで、今回はミュージシャンを続けながらできる副業をピックアップしてみたいと思います。

 

比較的、音楽活動に重きを置きたい人のために時間の融通が利くものを選びました。

 

ぼくもバンドマンのはしくれとして、生活基盤が整うと音楽活動も充実すると実感しています。

 

やりたくもないアルバイトで消耗しているミュージシャンの方は必見ですよ。

 

 

①音楽講師をはじめる「ストリートアカデミ」

まずはその音楽スキルを活かすのはどうでしょうか?

ストリートアカデミーは誰でも「先生」になれるプラットフォームです。

色んなものを教えている人がいますが、もちろん楽器演奏や作曲を教えている人もいます。

 

よく音楽講師の話になると「自分なんてまだ人に教えるほどの実力じゃない・・・。」と言う人がいます。

でも、例えば少年野球のコーチってプロ野球のOBじゃないですよね?

(まぁ、プロはアマチュアに指導できないことになってるんだけどw)

サッカーなんかもそう。

先生は必ずしもトッププロである必要はありません。

 

むしろ教えられる側からすると、あんまりにも肩書きが立派すぎると気がひけるものです。

生徒目線で言うと、求められるのはコミュニケーション能力ですよね。

 

一生懸命練習してきたミュージシャンたちです。

ぼくはもっとその演奏スキルが「教える」という仕事で活かされると良いと思うんですよね。

⇒ストリートアカデミーの公式サイトを見てみる

 

②フランチャイズ開業する「フランチャイズの窓口」

自分で商売を開業すれば、仕事のペースを自分で決めれるので音楽活動とのバランスがとりやすいです。

しかし開業には資金がかかる。

 

そんな時は「フランチャイズ」が選択肢に入っていきます。

フランチャイズとは簡単に言えば、お店の屋号を借りて商売をはじめることです。

 

よくコンビニや居酒屋など店舗が必要になる商売を思い浮かべると思いますが、中には店舗がいらないものや、開業資金が格安なものもあります。

 

どんなフランチャイズがあるかは知りたい人は「フランチャイズの窓口」を見てください。

気になるフランチャイズの資料請求ができます。

⇒フランチャイズの窓口の公式サイトを見てみる

 

③せどりをする「ヤフオク!」

比較的稼ぎやすい副業として、「せどり」を紹介しておきます。

例えば古本のせどりとは、古本屋で安く買ってネットオークションで高く売ることで利益を得ます。

 

完全に一人でやる作業なので仕事のペースは自分次第。

もちろん本だけでなく、色んな商品で考えれれます。

 

せどりは「ヤフオク!」を使うのがベターです。

最近ではフリマアプリの「メルカリ」や「Amazon」でもせどりは活発みたいですね。

 ⇒ヤフオク!の公式サイトを見てみる

 

④ブロガーで稼ぐ「はてなブログ

文章を書くのが好きな人はブロガーになるのもおすすめです。

なにを隠そう、ぼく自身ブログで稼いでいて2016年1月は8万円の収入がありました。

(参考記事:2016年1月の活動報告 収入8.6万円 ブログ16万PV ブログは過去最高記録でした

 

いきなりドカンと稼げる商売ではないのですが、マイペースに好きなことを書いて収入が得られるので気に入ってます。

それでいてトッププロは年収2000万円クラスもザラなので夢のある商売と言えるでしょう。 

 

ブログをはじめたい人は「はてなブログ」がおすすめです。

このブログもはてなブログで運営されています。

 

はてなブログには活発なコミュニティがあり続けやすく、またマネタイズに取り組むのにもすぐ始められる使い勝手の良いサービスです。

 

本気ではじめるならまず独自ドメインを取得するのがおすすめです。

独自ドメインをとっておけば、母体となるブログサービスを変えても影響力を引き継げるので。

ぼくは「お名前.com」を使って取得しています。

⇒はてなブログの公式サイトを見てみる 

 

⑤君はエンターテナー!「YouTube」

 ちょっと前に流行りました「YouTuber」に挑戦するのはどうでしょうか?

一過性の流行に思えますが、YouTubeはまだまだ使えるプラットフォームだと思います。

 

また、ミュージシャンやバンドマンには映像編集のスキルを持った人が多いので、比較的挑戦しやすい分野だと思います。

 

特にバンドマンは元来、目立ちたがり屋です。(笑)

六畳一間のエンターテナーになれるYouTuberは、意外と性に合っているかもしれませんよ。

 

⑥自分のスキルで副業「クラウドワークス」

 ここまで紹介したものでどうもしっくりこない人は「クラウドワークス」を覗いてみたください。

クラウドワークスはクラウドソーシングサービスでは日本最大手のサイトです。

 

クラウドソーシングとは自分のあらゆるスキルをネット上で受注、販売して収入が得られる仕組みです。

プログラミングやデザイン、翻訳などあらゆるスキルが売買されています。

 

さらに「楽曲制作の依頼」などの仕事もあり、とくにDTMerの方などには必見のサービスです。

サイトを覗いてみて、自分のスキルで思い当たるフシがあれば挑戦してみましょう。

⇒クラウドワークスの公式サイトを見てみる

 

⑦個人ではじめる投資「FX」

FXは比較的小額から始められる投資です。

早く、楽に、大金を稼ぐ可能性のあるFXですが、もちろん金融商品ですからリスクがあります。

やりたい場合は事前に勉強して知識を身につけてからやってみましょう。

 

初心者でもはじめやすいと評判なのがDMM FXです。

興味がある人はまずはここから覗いてみましょう。

⇒DMM FXの公式サイトを見てみる

 

おすすめは「はてなブログ」と「YouTube」

この中で個人的に特におすすめしたいのが「はてなブログ」と「YouTube」です。

この2つはそれ自体で、マネタイズが可能なツールでありながら宣伝ツールでもあります。

 

例えばストリートアカデミーで音楽講師を開業したなら、演奏講座動画をYouTubeにアップすることで集客に役立つでしょう。

これは実際にチャレンジしている人は相当数いるように見受けられます。

またフランチャイズで開業したとして、ブログはやはり集客に役立ちます。

 

それこそ、本業である音楽活動の宣伝にもなりますよね。

 

つまり「ブログ」と「YouTube」は複業する上でシナジー効果(相乗効果)が得らるツールなんです。

 

とりあえずどちらかを開設しておいて損はないかと思います。

 

まとめ

それでは今回紹介したサイトをまとめます。

 

繰り返しになりますが、音楽活動がうまくいかない原因は生活基盤にあったりするものです。

ぜひ、今回紹介したものを参考にしていただきより良い音楽活動に舵を切ってください!

 

ミュージシャンみんなに充実した音楽活動を。

 

 

 

以上、バンドマンがお送りしました!

 

 

 

こちらもどうぞ!

 

www.shellbys.com