スポンサーリンク

どうも、星川(Soh_RundabanSP)です。

 

意外と知られていないのですが、音楽教室の中には友人、兄弟、夫婦などで一緒のレッスンを受けられるペアレッスンがある教室があるんです!

 

ペアレッスンを検討中の方にその雰囲気を知ってもらいたくて、独自にアンケートを取ってみました!

回答から見えてきたペアレッスンのメリットやデメリットを紹介しますので、ぜひ参考にして下さい。

 

ペアレッスンのメリット

セッションができる!

ペアレッスンの魅力は何と言ってもセッションが楽しめるということです。
1人では奏でられない音楽があります。
また、1人で演奏するのとは違い2人で息を合わせなければいけないので上手く揃った時にはなんともいえない感動と達成感と楽しさがあります。
ペアレッスンの場合、自分1人だけに先生が集中して教えるということがないので人見知りの人やあがり症の人にとっても無理することなく通えるということもメリットだと思います。

一人ではできないアンサンブルを楽しめるのが大きな魅力です。

また、緊張しがちな人も友達や兄弟と通うことでリラックスしてレッスンを受けることができます。 

モチベーションが上がる!

発表会の前のピアノ連弾でのレッスンでしたので、非常に効果的でした。
レッスンの前にもお互いの家で練習を重ね、合わせて演奏もしていましたが、やはり第三者の方に聴いていただくことで、程よい緊張感もありました。
また、客観的に音の強弱やお互いの課題を指摘していただいたことで、練習の励みになりました。
ペアレッスンを終えた帰り道では、友人と「次の練習までにこうしようね」と具体的な目標を持って会話もでき、とても有意義でした。

仲の良い友人同士だとプライベートの時間も練習で盛り上がりとっても楽しそう。

課題や目標を共有出来て、1人で取り組むよりも確実にモチベーションが上がります。

 

スポンサーリンク

ペアレッスンのデメリットは相手に気を使うところ

ペアレッスンはどちらかがソロの曲を練習したり教わっている時の待機時間があるので、少し時間とお金が勿体無いと感じてしまうことはあります。
また練習不足などで先生にきつく怒られた時などは若干気まずい空気になってしまうことはあります。
また、セッションの練習で自分のミスが続いてしまうと相手にも迷惑をかけるので多少仕事や勉強の時間を削って練習してしまったりと趣味でやっているはずの音楽が少し負担になってしまうこともありました。

逆に相手がいることで気を使ってしまうこともあると。

これを回避するためにはしっかり、目標を共有することが大切です。

 達成困難な目標を立てるのではなく、あくまで2人一緒にゴールできるレベルで目標を立てると良さそうですよ。

 

 以下、実際にペアレッスンを受けた方にその様子を伺いましたのでこちらも参考にしてみて下さい!

 

ペアレッスンの実例①姉と通った経験があります

エレクトーンのグループレッスンで友人と、ペアレッスンで姉と通いました。
1人で演奏する曲を2〜3曲選び、先生が決めたペアでの連弾を1〜2曲選び1時間のレッスン時間で練習します。
エレクトーンだけでなく、時には1人がピアノや打楽器を使ってセッションしたり先生も参加して3人でアンサンブルをするといったこともありました。
発表会やコンコールにも、希望した場合ソロとしてもアンサンブルとしても出ることができます。
またアンサンブルの発表会やコンサート前は、音楽教室の別の地域の生徒との合同練習をして一緒に出ることもありました。

先生も交えての三人のアンサンブル!

バンドを組めたみたいで、とっても楽しそうですね。

 

ペアレッスンの実例②仲の良い友達と通いました

幼稚園の頃からピアノを始めていました。
仲の良い友達とピアノ教室に通っていました。通常は一人一人単独で先生からレッスンを受けていましたが、
時折、お楽しみレッスンのようなかんじで友達と自分がペアになり、曲を弾くということがありました。
ペアレッスンは2人で弾くので、曲も盛り上がり、とても楽しかったです。
先生が教えるのは大変だったと思いますけど(笑)。
本番でどちらかがお休みしてしまうと、曲を弾くことが出来ません。
それで予定が変更になってしまったことがありました。
それは注意したいですね。

短期的にペアレッスンを実施するパターンもあるようですね。

仲の良い友達だとなお楽しそう。

 

ペアレッスンの実例③発表会の前だけピアノの連弾を友達と練習しました

スタジオが開催する発表会へ友人とピアノの連弾で参加することになり、発表会の2週間ほど前にペアレッスンを受けました。
ピアノ一台での連弾でしたので、通常のレッスンと同様の部屋で、ピアノ一台の前に椅子を2脚置き、友人と並んで座りました。
事前に発表会の曲目を決め、それぞれが練習していましたので、レッスンの日は先生の前で一曲通しで弾き、先生にそれぞれがアドバイスをいただきました。
レッスンは30分で、先生からのアドバイスをいただいた後は時間の許す限り演奏し、またアドバイスをいただく形でした。
レッスン料は通常のレッスン料と同額でしたので、二人で割り勘としました。

こちらも短期的なパターン。

個人レッスンを受けている人でもこういった形でペアレッスンに発展することがあるようです。

誰かと一緒に演奏するアンサンブルはやっぱり音楽の醍醐味ですから、やはり発表会のある大手音楽教室が良いかもしれませんね。

 

ペアレッスンはBeeミュージックスクールで受けられる

最後にペアルックを受けられる音楽教室を紹介しておきます。

 

東京だとBeeミュージックスクールがペアレッスンを実施していますよ!

f:id:sohhoshikawa:20171030103523p:plain

 

ペアレッスンを前述したメリットだけでなく、レッスン代金がお得になるのも魅力です。

詳しくは公式サイト↓もご覧ください!

Beeミュージックスクール

 

その他、音楽教室をお探しの方はこちらの記事も読んでみて下さい。

独自調査した口コミからランキングを作成しています!

⇒人気の音楽教室おすすめランキング!【大人むけ】

 

 

それでは!

 

 

ところで俺、まちがってねぇよな?

スポンサーリンク
音楽教室の関連記事
  • 音楽教室で男女の出会いはあるの!?経験者に意見を聞いてみた
  • 渋谷駅周辺の音楽教室、ドラムが習える教室を紹介!月謝や入会金、レッスンの特徴など
  • 音楽教室のグループレッスンのデメリット!トラブルの事例
  • 【徒歩10分以内】新宿駅周辺の音楽教室で、ドラムが習える教室を紹介!月謝や入会金、レッスンの特徴など
  • 個人経営の音楽教室でのトラブル事例!機材の購入を無理に勧められた
  • 新宿でおすすめの音楽教室11選!月謝や特徴まとめ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事