読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

【評判口コミ】オーディオストックは売れない?いやいや、ぼくはスグ売れたから!

バン活!(バンド飯) バン活!(バンド飯)-便利なウェブサービス

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

バンドマン/ミュージシャンのみなさんはオーディオストックというサイトはご存知でしょうか?

ぼくのバンド「ヘイシーズ」も登録したんですが、登録してすぐ楽曲が購入されて利益が出たんですよ。

 

多分、知らない方も多いと思うのでご紹介しておきます。

やっておかないとだいぶ機会損失ですよ!

 

オーディオストック(Audio stock)とは?

オーディオストック

音素材マーケットプレイス「オーディオストック」はロイヤリティフリー形式で楽曲や効果音などのライセンスを販売するサービスです。

オンライン上で購入手続きを行うだけで、映像制作、ゲーム、アプリ、イベント等のさまざまな商業用途のコンテンツに音素材を使用することができます。

24時間いつでも検索・ダウンロードが可能です。

引用元:著作権フリーBGM/効果音の音楽素材 - 「オーディオストック」

世の中色んなクリエイターさんが音楽を欲しています。

映画、ドラマ、ゲームなどなど様々な場面で音楽が使われています。

 

普通、メジャーなアーティストの楽曲を自分の作品に使用しようとすると、JASRACに申請しなければならず結構めんどうなんです。

そこでオーディオストックなんですね。

 

オーディオストックにはプロ、アマ問わず色んな音楽が登録されています。

音楽の使用権の購入も非常に簡単で、クリエイターさんにとっては気軽に音楽を購入、使用ができるというわけです。

オーディオストックは超簡単に言えば、「アマチュア版JASRAC」ですかね。

 

逆に言うと、アーティスト(ロックバンド)はオーディオストックに楽曲を登録することで、かつてないほど簡単に自分の楽曲を二次利用してもらえるんです。

 

ではアーティストがオーディオストックを使うと具体的にどんな利点があるんでしょうか?

 

色んな作品に使われて宣伝になる

まずはコレですよねぇ。

ぼくの知っている範囲で知人のアーティストは、お笑いのDVDのBGMに使用されたり、地方のCMソングに使用された、なんて話も聞きました。

特にロックバンドのようなアーティスト系のミュージシャンにとっては思わぬ宣伝になり得ます。

 

本来、そういったメディアに自分の楽曲を売り込む(営業)ことや、使用料を請求することは個人レベルではまず不可能です。

オーディオストックはいとも簡単それを実現しちゃいました。

 

報酬が受け取れる

もちろん、タダで使ってもらうわけではなくちゃんと報酬を受け取ることができます。

歌モノの場合、最低販売価格は3240円~で、アーティストが受け取れる報酬はその内の40%。(実績によって上昇する)

 

つまり1曲につき1200円が報酬として受け取れるわけです。

 

歌もの以外にも、「BGM」「効果音・ボイス」といったジャンルがあります。

それぞれ最低販売価格はBGMが1080円~。

効果音・ボイスが540円~です。

 

きちんと報酬が発生した上で自分の音楽が世に広まっていく。

これはミュージシャンにとってもとても嬉しいことですよね。

 

オーディオストックは売れない?いやいや、何も宣伝していないのに売れたよ!

で、実際にオーディオストックに楽曲を登録すると(使用権は)売れるのか!?といった話ですが、ぼくらは売れました。

オーディオストックの販売実績

ご覧のようにステファニー×ステファニーという楽曲が売れました。

ちなみにこの曲です。

www.youtube.com

 

興味深いのは、ぼくたち「オーディオストックで楽曲購入できます!」とかほとんど宣伝していないんですよ。

ホームページにちょっと記載しているだけです。

つまり半自動で収益があがったことになります。

 

しかもこの楽曲を登録したのが、10月9日なので1か月たらずで成果がでちゃった。

これはオーディオストックそれ自体が活発な市場であることを示唆しています。

 

以上のことから、アマチュアからプライベーターのミュージシャン/ロックバンドが使わないのはかなり期間損失であるのがわかってもらえたと思います。

 

ロックバンドはチャンスがいっぱい?

オーディオストックの音素材のジャンル分けを見て下さい。

f:id:sohhoshikawa:20161205180610j:plain

(2016年12月5日現在の画像)

全体的にゲーム音楽や電子音楽の音素材が多く登録されているのが伺えますよね?

 

「ロック」や「エレキギター」を見るとかなり少ない。

これはロックバンドのような楽曲が相対的にあまり登録されていないということだと思います。

この状態は使う側からすればチャンスです。

 

ロックバンドにとってはオーディオストックは活発な市場でありながらもライバルは少ない。

単純にロックに登録されている楽曲が3240って個人的にはメッチャ少ないと思う。

 

そういった市場環境からぼくらの楽曲を比較的簡単に収益をあげることができたのではないかと予想しています。

 

音楽の権利をちゃんと管理しよう!

ご覧のように、オーディオストックを使えば自分の楽曲の使用権をちゃんと管理したうえで、収益を上げることができます。

月額費用などはかかりませんので、登録するだけならタダです。

そのことからも使わない理由はないと思うんですよね。


公式サイトはこちら。

⇒箸作権フリーBGM/効果音の音楽素材 - 「オーディオストック」

 

最近ではオーディオストック以外にも楽曲の使用権を管理・収益化するサービスが充実してきています。

例えばTUNECORE JAPANの「YouTube コンテンツ収益化サービス」を使えば、あなたの楽曲が誰かにカバーされYouTubeにアップロード、再生されると収益が受け取れます。

⇒TUNECORE JAPAN

 

「著作権」とか権利関係と言うと、どうも難しくて腰が重いミュージシャンの方は多いと思います。

しかしオーディオストックはその難しいところをむしろ簡単にして、ミュージシャンの利益を守ってくれるサービスです。

関連記事:ミュージシャンが自分の音楽著作権を管理する3つの方法

 

ぜひオーディオストックを活用して、自分の音楽を活躍させてあげて下さいね!

また普通に音楽を作品として売りたい人はこちらをご覧ください。

関連記事:音楽を売るには?音源をリリースする6つの方法

 

 

 

 

 

それでは!

 

 

 

 

ところで俺、まちがってねぇよな?