バン活!~バンドマンのための音楽活動サイト~

バンド活動のお悩み解決!音楽でメシを食うための方法。

 

ぼくがCDを全国流通した方法。ディストリビューターを比較

スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

ぼくは以前、自分が所属していたバンドでCDを全国流通した経験があります。

いわゆる自主レーベルで、メンバー自身が手続きをし、ディストリビューターというCDの卸問屋さんと直接契約してCDショップに置いてもらいました。

 

なので、これからご紹介するのは個人でもできるCD全国流通の方法です。

 

CDをリリースしてみたい方はぜひ参考にして下さい!

 

ディストリビューターはUltraVybeがおすすめ!

f:id:sohhoshikawa:20171115114142p:plain

ぼくが実際に流通をお願いした会社がUltra Vybeと言います。

 

老舗のディストリビューターで素人の自分にもやさしくしてくれましたよ(笑)

CDの販路は全国の大手CDショップはもちろん、主要通販サイトAmazon、楽天なども網羅しています。

デジタル販売はiTUNESに対応しています。

CDリリースに必要なJANコードも発行して貰えます。

 

CDが一枚売れた場合、CDの販売元(ぼくら)が貰える金額は売価の50%です。

普通、レーベルに所属するとバンドが貰えるのは高くても10%程度と言いますから、そこは自主レーベルの強みですね。

 

その他のディストリビューターと比較

その他には主に以下のディストリビューターがあります。

リリースの際にいくつかのディストリビューターを調べてみました。

実際に資料を問い合わせてみたところ、「メジャーレベルの流通をします!」という会社さんの場合、ランニングコストがかかる場合がほとんどでした。

在庫を倉庫において置く際の「場所代」が毎月かかるんですね。

これがなかなかバカにならず、小規模のアーティストだと赤字になってしまうレベルです。

 

「メジャーレベルの流通」の方が、店舗で売り切れた際の即時発送などメリットもあるのですが、個人でリリースを考えている方の場合はほとんど気にする必要はないと思います。

そういったディストリビューションは個人よりも、中規模のレーベル事業者さんむけですね。

 

タワーレコードのディストリビューションの場合、流通はタワレコのみとなります。

逆に「タワーレコード限定販売!」とキャンペーンを打ちたい場合は良いかもしれませんね。

 

その他にも、CDプレス会社がCDの全国流通を代行してくれるサービスがあります。

しかし販売元の取り分がUltraVybeほど高い割合ではないところがほとんどです。

 

UltraVybeの場合、販売価格の50%を受け取れますし、自社の倉庫に保管しているため、ランニングコストは必要ありませんでした。

個人でリリースを考えている方は、そのコスト面からUltraVybe以外の選択肢をなかなか見つけられないのではないかと思います。

ULTRA-VYBE, INC. | インディーズCD流通 レコード制作会社

 

全国流通しなくても全国のファンにCDを届けられる 

f:id:sohhoshikawa:20171115114207j:plain

なんだかトンチみたいですが、今日びディストリビューターを利用してCDショップにCDを置かなくても、全国のファンに届けることが可能になってきました。

Amazonはじめネット通販が一般化し、個人でも販売者としてプラットフォームを利用することができるようになったからです。

 

個人でもAmazonでCDを流通できる

Amazonで個人がCDをリリースする方法は

  • Amazon e託
  • マーケットプレイス
  • Amazon DOD

などいつくかの選択肢があります。

こちらの記事でまとめてあります。

⇒Amazonで自分の音楽CDを委託販売する方法

 

自分で通販サイトを立ち上げて販売もできる

またBASEなどのサービスを使うと、簡単に自分のウェブショップが立ち上げられて通信販売がスタートできます。

BASEはショップの開設もタダ、年会費などの維持費もタダです。

 

その上で自分の通販サイトですから、例えば1000円のCDが売れた場合、9割程度が売り上げになります。

BASEの特徴についてはこちらの記事でまとめてありますのでご覧ください。

⇒【手数料激安!】ミューシャンはBASEで音楽を売ろう!

 

CDリリースは戦略的に!

言わずもがな、CDの販売数は年々下がってきてます。

日本こそ特殊な状態で、まだまだCDは売れていますが、近年ではTSUTAYAの多く店舗が閉鎖したり、音楽ストリーミングが興隆したりと、やはり徐々に徐々にその存在感は薄れています。

 

個人レベルで活動するミュージシャンにとってCDは、愛着がありながらもコストがかかる悩ましいものです。

持続的な活動をするためにも、ぜひCDリリースは戦略的に行ってください。

 

例えば、TUNECORE JAPANが提供する「Amazon DOD」ではランニングコストOでAmazonでCDを受注販売することができます。

ハンドメイドで凝ったジャケットのCDを信頼できる一部のショップと個人で取引したり、BASEだけで販売するなんていうのも素敵ですよね。

流通の方法がたくさんある現代では、流通をデザインする技術も大切になってきています。

 

【余談】注目サービスCD BABY

CDBABYロゴ width=

余談ですが、個人的にCD BABYというサービスにも注目しています。

CD BABYは海外では有名なディストリビューターで、CDやアナログレコードの柳津はもちろん、デジタル配信ストアへの販売もできるサービスです。

 

が!

 

まだ日本ではスタートしていません。

コレ、もう2年ぐらい待たされてるんですよね(笑)

 

日本でもデジタル配信ストアのディストリビューターは増えてきました。 

⇒iTUNESやApple MUSICで音楽を配信するには?6つの方法をまとめてみた

 

CDBABYはフィジカルとデジタルを一元的に扱ってくれて便利そうなんですけどね。

早く始まって欲しいものです(笑)

CD BABY

 

 

それでは!

 

 

ところで俺、間違ってねぇよな?

バンド活動ノウハウ集

音楽活動の宣伝
音楽で稼ぐ方法
ライブハウスの選び方
ライブとレコーディング
メジャーデビューする方法
音楽と両立できる仕事や副業
独立して活動するアーティスト
ミュージシャンにおすすめの本
バンドコラム

 

演奏力アップ

おすすめの音楽教室
ドラムのコツ

音楽ファンむけ

音楽業界の仕事
音楽ニュース
おすすめの音楽
音楽の楽しみ方