スポンサーリンク

台湾初のライブ配信サービスの「17live(イチナナライブ)」が日本に上陸しています!

誰でも簡単にライブ配信ができるので、ミュージシャンやモデル、アイドルに限らず色んな人が配信しています。

 

バンドマンには使いやすい?

利用価値はあるのか?

 

気になったので調べてみました!

 

17Liveの特徴

まずはざっくり特徴を言うと、

  1. 誰でもスマホから簡単にライブ配信ができる
  2. 画像と動画の投稿も可能
  3. 補正機能が標準装備
  4. 配信者にデジタルギフトを贈ることができる(ギフティング)
  5. 配信者はギフティングされたアイテムに応じてロイヤリティを受け取ることができる
  6. ライブ配信にいいね、コメント、Pokeができる

ライブ配信サービスは数えきれないほど増えてきていますが、17liveの大きな特徴はやはり、ギフティングに応じてロイヤリティをもらうことができる点です。

ライブ配信で"稼げる"サービスなんですね。

 

視聴者(ファン)はギフティングすることで、コメントが配信者に届けやすくなったり、配信者と距離を縮めることができます。

海外ではギフティングの収益だけで生活する「ライバー」と呼ばれる人も珍しくなっているようです。

 

このシステムは日本ではSHOWROOMが先行しています。

ですが、17Liveはすでに世界では3000万人がユーザーになっています。

ちょっとケタ違いですよね…。

今後はSHOWROOMと17liveで熾烈な競争がありそう。

 

またPokeという独特のコミュニケーション機能があります。

ニュアンス的にはLINEスタンプに近い感じですかね…。

まず配信者がPokeを発信し、それに視聴者が返すという形でコミュニケーションができます。

 

スポンサーリンク

17liveの使い方

それでは簡単に17liveの使い方を見ていきましょう。

まずはアプリをダウンロードします。

  • アイフォンの方は⇒17 Live(iOS) 
  • それ以外のスマホの方は⇒17 Live(andoroid) 
 

アプリを起動するとアカウント登録の画面になります。

ツイッターやフェイスブック、LINEでもログインできます。

ログインするとアカウント作成画面になるので、アルファベットでアカウントを登録しましょう。

f:id:sohhoshikawa:20171128210427j:plain

 

こちらがホーム画面です。

主な操作は画面下のボタンで、それぞれ左から

  • タイムラインとおすすめライブ
  • 検索
  • ライブ配信スタート
  • 通知
  • 自分のアカウントの確認

ができます。

f:id:sohhoshikawa:20171128211148j:plain

 

操作自体はそんなに難しくないかなぁって感じですね。

 

実際に配信するには真ん中のボタンをタップ。

画像、動画、ライブ配信から選びます。

f:id:sohhoshikawa:20171128211402p:plain

 

「LIVE」を選ぶと、タイトルやハッシュタグをつけたり、SNSでシェアができる画面に変わります。

「ライブ配信を作成」をタップするとすぐに配信がスタートです!

f:id:sohhoshikawa:20171128211720p:plain

 

配信中の右下のボタンをタップすると、インとアウトのカメラの切り替えや、投票機能にPokeチャレンジなどなどいろいろ行えます。

f:id:sohhoshikawa:20171128211856p:plain

配信を終了するには右上の「×」をタップすればOKです!

 

そして、こちらはマイアカウントの画面です。

f:id:sohhoshikawa:20171128212745j:plain

投稿したコンテンツや、ギフトを贈ってくれた視聴者のランキングなどが確認できますね。

 

ちなみにロイヤリティの計算は日本円でもできます。

マイアカウントのページの右上の設定ボタンから日本円に変更できます。

f:id:sohhoshikawa:20171128212438p:plain

 

実際に触って色々調べてみて、「おもしろいな~」と思った機能はガーディアン機能です。

これはどうやら特定の視聴者(ファン)をひいきすることができるような機能のようです。

f:id:sohhoshikawa:20171128212224p:plain

う~む、そこはかとない商売上手さを感じます(笑)

ガーディアンに指定されたファンは嬉しいでしょうねぇ。

 

また分析機能が充実していましたのは驚きでした。

「今月のロイヤリティ」をタップするとロイヤリティレポートが見られます。

f:id:sohhoshikawa:20171128213415p:plain
f:id:sohhoshikawa:20171128213403p:plain

いつどのようなタイミングでライブ配信したら成果が上がるかを、配信を繰り返しデータを取っていくことでわかってきそうです。

このあたりはかなりプロっぽいですね。

 

バンドマンは使える?今ところ「微妙」です…

もちろん、バンドマンであろうが誰であろうが17Liveは使うことができます。

しかしその雰囲気とか風土を見ると、例えばゴリゴリのパンクロッカーが使っている感じはしませんねぇ(笑)

海外はヒップホップ系のアーティストが普通に使っているようなんですけどね。

 

ただSHOWROOMよりは泥臭いバンドマンでも使えるかな?という印象を持ちました。

SHOWROOMの配信画面を見て下さい。

f:id:sohhoshikawa:20171128213924j:plain

視聴者がアバターとなって可視化されています。

かわいくてポップな雰囲気ですね。

ここで革ジャンとサングラスは無理ってなんとなく思いませんか?(笑)

(個人の感想です)

 

そしてこちらが17liveの配信画面です。

f:id:sohhoshikawa:20171128214309j:plain

全体にどーんと配信者が映し出されます。

コメントこそ見えますが視聴者は数字でしかわかりません。

どちらかと言えば、17liveの方が男性も配信しやすい感じがします。

 

なんにせよ、ギフティングがあるのが大きな特徴です。

ファンに課金してもらうことなので利用する際は計画的に行うべきかなと個人的には思います。

興味ある方はダウンロードして一度触ってみて下さい。

  • アイフォンの方は⇒17 Live(iOS) 
  • それ以外のスマホの方は⇒17 Live(andoroid) 
 

以上「ライブ配信サービス17liveの使い方」でした!

参考になったらうれしいです。

 

ギフティング機能のないライブ配信サービスは他にもいろいろあります。

ぜひこちらも合わせてチェックしてみて下さい。

⇒ライブ配信サービス7つまとめ 音楽も生で届けよう!

 

その他、音楽活動の宣伝についてはこちらからご覧ください。

⇒音楽活動の宣伝

スポンサーリンク
音楽活動の宣伝の関連記事
  • チラシ(フライヤー)配布代行サービスまとめ。ポスティングやコンビニ配布、ヴィレッジバンガードにも
  • インディーズバンドのミュージックビデオ(PV・MV)作り方色々(僕のドキュメントを含めて)
  • 世界最大のライブ配信サービス17live(イチナナライブ)の使い方。バンドマンも使えるか調べてみた
  • ライブ配信サービス7つまとめ 音楽も生で届けよう!
  • 路上ライブの許可がとれる場所や方法を紹介。必要な機材やファンを増やす効果的な方法も!
  • ファンクラブの作り方!ミュージシャンの音楽活動で使える作成サービスまとめ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事