世界中、空前のレコードブームですが、ミュージシャンだったら自分の作品はレコードで発表してみたいと思いますよね?

 

そこでこの記事では、日本でもレコードを作れるサービス(レコードプレス会社)を紹介します。

 

主にこちらの2つのサービスを使うとレコードをつくることができますよ!

おすすめ

音楽サブスク『Amazon Music Unlimited』が、今なら4ヶ月間、無料10月13日まで)

 

無料体験中に退会すればお金はかかりませんので、ぜひ今のうちに試してみてください!

\4ヶ月間、無料!/


※操作が不安なら→Amazon Music Unlimitedの始め方、使い方をわかりやすく解説!初心者でも簡単に9,000万曲が聴き放題できます

WOLFPACK JAPAN

 

2017年に日本でスタートしたサービスです。

 

本場のレコードプレスの会社の日本支社ですね!

わたしたちウルフパックは、高品質なレコードをスピーディーに安価でお届けするグローバルなレコードプレス・サービスです。

フランスパリを拠点に世界中のアーティストや音楽レーベルの作品作りをサポートする私たちは、このたび東京にオフィスを構えビジネスをスタートすることになりました。私たちのレコード製品作りを支える提携プレス工場のひとつ、チェコのGZ Media社は1951年に誕生した世界最大のレコード工場です。創業から65年に渡りレコード製造に情熱を注ぎ続け、その知識と経験を最高のサウンドに落とし込んで来ました。ヨーロッパのものづくりの伝統と最先端のプレスマシンによる精密な技術によってデジタルでは表現できない別次元のリッチな音質でアーティストのクリエイティブな作品作りをサポートします。

 

当たり前ですが、CDプレスよりはコストは高いです。

 

ですが意外と手が届きそうな値段…!

 

サイトからはカンタン見積もり機能がありますので、興味ある方は利用してみて下さい。

 

ミュージシャンはチェックしておきましょう!

ART VINYL .TOKYO(アート・ヴァイナル・トーキョー)

レコード・カッティングですが、例えば、バンドのプロモ用7”を数枚作ったり、DJ用で7”、12”を作ったり、プレゼント用に世界で1枚しかないレコード作ってみたり、CDしか出ていない音源をレコードで聞きたい時など、、、、いろんな用途用に気軽にオリジナルレコードが作れちゃいます!

 

2015年2月にCUT BY 1977 RECORDSとしてスタートし、2021年11月11日に名前をART VINYL .TOKYOに改名。

日本のレコードプレスとしては老舗ですね。

 

音源を専用サイトにアップロードするカタチで申し込めるのが手軽。

バンドからプレゼントまで多用途で利用できます。

家庭用のレコードカッティングマシンが販売された例

こちらは2020年に発売された「家庭用レコードカッティングマシン」

 

KICKSTARTERにてクラウドファンディングとして発売されました。

PHONOCUT. HOME VINYL RECORDER

 

現在は終売しており、新品を手に入れることはできないようです。

 

もし購入するならヤフオクやメルカリで探すことになるでしょうか?(余談ですが、よくわからないオンラインストアで売っているように見えますが、詐欺サイトも多いので注意して下さい)

 

いづれにせよ、カッティングマシーン購入すると数十万かかるので、上記のサービスを使うのをおすすめします。

いろいろな音源販売のカタチ

今やCDやレコード、さらに配信以外にも、いろいろなカタチで音楽を売ることができます!

 

合わせてチェックしてみて下さい!

 

関連記事CD以外のフィジカルパッケージの作り方。カードや缶バッチに音楽を閉じ込めよう