「絶対内定をとる!」

 

今日はそんな人におすすめの就活サービスをご紹介します。

ウェブサービスと言うと、今までは転職系が主だったのですが、最近は大学生むけの就職サービスを充実しています。

もちろん、音楽関係以外に興味がある方にとっても便利ですよ!

 

おそらくほとんどの学生さんは以下のサービスを知らないですよね?

逆に言うとそれはすっごくチャンスで、内定をスムーズに決める裏技と言っても良いです。

 

19卒の方むけと、まだ少し余裕のある20卒の方にも使える全部で5つのサービスをご紹介します!

ぜひチェックしてみて下さい!

 

【新定番】就活前から絶対に使うべき就活サイト4選

①1000社を超えるエントリーシートの実例を無料でゲット!「就活ノート」

f:id:sohhoshikawa:20170925110340j:plain

就活ノートは累計10万人以上の就活生が利用した就活情報サイトです。

  1. 1000社を超える企業の通過ES実例
  2. 就活の情報が網羅された就活特集記事
  3. 先輩がまとめたリアルな選考情報
  4. いざという時のための就活の心得・マナー
  5. 業界で活躍されている就活のプロが語るコーナー

などなど就活生なら一度は見ておきたい情報が満載です!

 

特に注目したいのはやはりエントリーシートの実例ですね。

実に1000社以上のエントリーシートが読めるわけですが、全てがちゃんと"通過"したエントリーシートなんです。

 

数だけ水増ししたものでなく、確実に結果を出した実例が読めるのは信頼できますね。

もちろん登録は無料です。

 

メアド登録の以外にも、Facebookでサクッと登録できますよ。

②動画で企業研究ができる「ねっとで合説」

ねっとで合説

「ねっとで合説」は今までになかった就活支援サービスです。

なんと動画で企業研究ができてしまいます。

 

動画を見るだけで企業理解や強み、弱みがはっきりとわかり、働いている人や職場の雰囲気を詳細に見ることが出来ます。

正直、文面でいくら読んでもわからないことって多いですよね。

 

あらかじめ企業の担当者の顔を見ておくことで、いざ面接というときに緊張を和らげるという効果も期待できます。

いつでも企業研究ができるので、特に地方在住の就活生の方には重宝しそうです。

 

さらにサイトに無料登録して動画を観覧すれば、すぐに採用にエントリーできます。

効率的かつスピーディに就活をすすめたい人におすすめです。

 

もちろん利用は完全無料で、こちら↓から1分で会員登録できますよ。

③就活のマスト!新聞購読を格安で便利に「朝日新聞デジタル就活割」

朝日新聞デジタル就活割

「面接対策と企業研究に必ず新聞を読みなさい!」

 

就活が始まる前に誰かにそんなこと言われませんでしたか?

就活において新聞を読むことはもっともベターかつ効果的な努力の方法になっています。

 

ところが、新聞って意外とお金もかかるし、今日び大学生のぼくらが紙の新聞なんて読まない。。。

そこで朝日新聞デジタルの「就活割」が役立ちます。

 

就活割りなら、

  1. スマホで新聞紙面がそのまま読める
  2. 気になる記事をボタンひとつでスクラップ
  3. 過去記事検索で1年分の記事が検索し放題
  4. MYキーワード登録で、志望企業の記事がスマホに届く

といったメリットがあります。

 

さらに通常(3800円/月)がほぼ半額の2000円で利用でき、卒業まで変わりません。

しかも「就活割」があるのは朝日新聞だけなんです。

 

面接時に「「新聞を読んでいる」と言うと、面接官に好印象でした!」なんて体験談は列挙にいとまがありません。

ぜひ、就職を攻略する武器を手に入れて下さい。

④自己分析ツールつきの「Future Finder」

f:id:sohhoshikawa:20170201113555j:plain

こちらは”超”本格的な自己分析ツールがついた就職サイトです。

心理統計学に基づき、実に150もの質問に答えます。

 

時間にして25分!

長いですね(笑)

でも、だからこそ根拠のある信頼のおける診断データを手に入れることができます。

 

そしてFutreFinerではそのまま自分の性格にあった企業とマッチングしてくれます。

自ら企業を探すことができますし、スカウト型オファーを待つことも。

 

もちろん自己分析だけを利用することも可能です。

「まだ就活にピンと来てない」という人も一度やってみると良いでしょう。

必ず就職活動の手助けになりますよ。

 

もちろん利用は無料です。

 

【2019卒におすすめ】どうしても内定がとれない時の"切り札"的就職サイト2選

①スカウト型の就活サービス「キミスカ」

キミスカ

「キミスカ」は、ヘッドハンティング会社が運営する新卒の就職活動サイトです。

 

学生はプロフィールや選考の状況を開示することで、企業から特別選考のスカウトをもらうことができます。

キミスカを使うことで、今までの学生からアプローチする就活だけでなく、企業から逆指名を受ける就活というもう一つのルートを確保できるんです。

 

つまりキミスカを使えば就職のチャンスが2倍に膨らむということ!

また、希望すれば就職コンサルタントが自己分析からES添削、面接対策まで徹底サポートを受けることができます。

 

こんな悩みをもっていませんか?

  • 就職活動って何をしたら正解なのかわからない。
  • ES・面接が通らない
  • いち早く就職活動を終わらせたい!
  • 幹部候補生としての採用枠なんてあるの?
  • 企業人事はどこ見ているか知りたい

少しでもピンときたら「キミスカ」にGOです!

 

キミスカからしかエントリーすることのできない非公開説明会・求人多数があったり、特別フローとして1,2次選考をパスできる可能性もありあります。

 

自分一人の就活に限界を感じているなら特に使うべきサービスです。

②イッパツ逆転!「内定直結型プレミアム就活面談」

一般的な人材紹介サービスは、ヒアリング後に数十の企業リストを提示して終わり、ということが珍しくありません。

 

株式会社Rootsのプレミアム面談は、経験豊富なキャリアコンサルタントが就活生としっかり向き合って、数ある企業から本当に適していると思われる企業を数社に絞って紹介、企業に学生を推薦してくれます。

初回面談後も、面接、内定、入社に至るまで、担当コンサルタントがしっかりフォローするので、内定率の高さはもちろん、離職率が圧倒的に低いことが特徴ですね。

 

「既に内定はもらっているけど…どうしても粘りたい!」

そうは思っていても、また0から企業研究するモチベーションが残ってない人が大半ではないでしょうか?

 

そのモヤっとした妥協や不安を「Rootsのプレミアム就活面談」にぶつけてみましょう。

もちろんまだ内定をもらっていない学生も、ギリギリでイッパツ逆転の優良企業の内定を勝ち取りたい人におすすめのサービスです。

【2020卒におすすめ】一足先に就活を始める就活サイト

先輩に焼き肉をおごってもらえる!?「ニクリーチ」

f:id:sohhoshikawa:20170201112141j:plain

ニクリーチは一言でいうと「コネがつくれるスカウト型就職サービス」です。

使い方は簡単。

まず、大学生のあなたはニクリーチにプロフィールを登録します。

 

すると企業からスカウトが届くので、実際に先方とお会いします。

その際に焼き肉を食べることもあるそうで、だからニクリーチとw

(寿司リーチの場合もあるらしい!)

 

学生さんにとっては、プロフィールを登録して待つだけの簡単サービスですね。

たったこれだけで就職活動を同級生から一歩リードできる非常に有能なサービスだと言えるでしょう。

 

ちなみにニクリーチは、好待遇・高報酬に限定した転職サービスである「ビズリーチ」が運営しているサービスですので、その意味でも良質な求人に期待が持てます。

利用はもちろん無料

関連記事:ニクリーチの評判まとめ

 

まとめ:就活は椅子取りゲームという残酷な現実を勝ち抜くには?

ぼくも経験あるんですが、大学の就職指導課ってびっくりするくらい何もしてくれないですよね?(笑)

基本的に就活は自分の力で進めないといけません。

とは言え、誰しもが初めての経験で右も左もわからない。

 

そんな時、以上で紹介したようなサービスが力になってくれます。

残念ながら就職とは「イス取りゲーム」です。

 

採用される人数、仕事の数はあらかじめ決まっている

 

残酷ながら厳然たる事実です。

もうそれはしょうがない。

それが就活の現実だったら誰よりも早く動くことが間違いなく必要です。

 

繰り返しですが、これらのサービスはまだあまり知名度は高くありません。

それは明らかにチャンスなんです。

ぜひ今すぐ行動して自分の手で未来を掴んでください。

 

それぞれの公式サイトにはこちら↓からいけます。

  1. 内定したESをのぞき見できる「就活ノート
  2. 動画で企業研究ができる「ねっとで合説
  3. 格安で新聞購読できる「朝日新聞デジタル就活割
  4. 自己分析ができる「Futuer Finder
  5. 企業からスカウトが届く「キミスカ
  6. エージェントのサポートが手厚い「Rootsプレミアム就活
  7. 企業にコネが作れる「ニクリーチ

 

その他、就職したい人へのおすすめ記事はこちらです。

 

それでは!

Twitterでフォローしよう