読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

ライブに行けない!余ったチケットどうする?「チケットぴあ」で買っておけば安心な2つの機能を紹介

音楽 音楽-音楽ウェブツール

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

「明日のライブ行けなくなった!どうしよう!?」

 

ライブが好きな方ほど、こんなことはよくあると思います。

そんな時便利な機能をチケットプレイガイド大手の「チケットぴあ」で見つけたので、ご紹介します。

 

たくさんライブに行くライブフリークのみなさんほど「チケットぴあ」でチケットを購入するのがおすすめですよ。

 

①定価リセールサービス

定価リセールサービス

行けなくなったライブのチケットを払い戻しできるサービスです。

戻されたチケットは他の人が買うことができます。

 

リセールが成立するとチケットをリセールした人(ライブに行けなかった人)は、チケット代の10%を支払うだけで済みます。

なんとシステム利用料や発券手数料も戻ってきます!

定価リセールサービスの説明

定価リセールサービスを使うには

  1. クレジットカード・ちょコムで決済している
  2. まだ発券していない

の2つの条件を満たしている必要があります。

 

再販期間は公演前日までなので、かなりリセールできる可能性は高いです。

また「チケットとれなかった…!泣」という人も、定価リセールサービスでチケットを探してみると見つかるかもしれません。

アラート機能でお知らせもしてくれますよ。

⇒チケットぴあ定価リセールサービス

 

②チケットガード

チケットぴあチケットガード

こちらはライブに行けなかった場合の「ライブチケット保険」です。

保険に該当する理由でライブに行けなかった場合、チケット代金が戻ってくるサービスです。

 

保険が適用されるには

  • 病気・ケガによる入院・通院
  • 急な出張
  • 交通機関の遅延
  • 家族の病気・ケガによる入院・通院
  • 親族の死亡
  • 裁判員任命
  • 火災・家屋損壊

などの理由が必要です。

さらに同行する予定だった人が以上の理由で保険が適応される場合は、自分のチケットも保証されます。

 

保険料も意外と高くないですね。

以下とのとおりです。

チケットガードの保険料

さらにわずかですが、無料でチケットガードがついてくるチケットもあるようですよ。

チケットガードに申し込むにはチケットの購入から120時間以内に申し込む必要があります。

また保険金の請求には「チケットの原本」と「理由を証明する書類」が必要ですので、注意して下さい。

 

詳しくは公式ページをどうぞ。

⇒チケットぴあチケットガード

 

音楽業界「チケット転売NO!」⇒ファン「じゃあ、どうすりゃいいの!?」

最近は「チケット転売問題」が話題になりましたが、ライブに行けなくなることはよくありますよね。

ライブが好きなコアな音楽ファンほど、よくあることだと思います。

 

転売業者と音楽業界が対立するのはしょうがないことですが、健全な音楽ファンにとっては「知ったこっちゃない」って感じですよね。

でも、知らず知らず非合法的な方法でチケットを転売してしまっているかもしれません。

 

最近ではアーティスト単位でチケット再販のシステムを導入していたりします。

復活したイエモン(THE YELLOW MONKEY)のマーケティングが最先端ですごい

自分の好きなアーティストも同じようなシステムを使っていないかチェックしてみましょう。

 

ぜひ「チケットぴあ」のこのようなサービスを知ってもらい、利用してもらえればと思います。

特にリセールサービスは手間も少なくて良さそうですね。

⇒チケットぴあ

 

 

それでは!

 

 

 

ところで俺、まちがってねぇよな?