どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

音楽イベントの宣伝にポスターやチラシを活用する人は多いと思いますが、これが意外と貼る場所が少なくて苦労している人も多いかもしれません。

意外な宣伝場所として郵便局があります。

 

実は手ごろなお値段で利用できるようなのでご紹介します!

 

郵便局に広告ポスターを貼れる

郵便局向けの広告事業を展開しているのが「JPコミュニケーションズ」という会社です。

公式サイトによると、料金は以下の通り。

種別サイズ期間SS局S局A・B局
ポスター(専用ボード)B2タテ以下(1枚)2週間6,500円5,500円4,000円
ポスター(空きスペース)B2タテ以下(1枚)2週間3,000円

 

専用ボードとは一部の郵便局で導入されているポスターを貼るための専用スペースです。

郵便局のポスター専用ボード

SS、S、A、Bなどは集客力や宣伝力で分けられた区分。

SSが一番宣伝効果が見込める店舗のようですね。

 

ちなみにぼくが住んでいる狛江市の郵便局はAが最高でした。

郵便局の宣伝区分

狛江はAが最高

 

ご覧のように空きスペースに対する料金が最安でわずか3,000円で郵便局にポスターを貼ることができます。

 

郵便局にはチラシ・パンフレットも置ける

またポスターと同様にチラシやパンフレットも置いてもらうことができます。

料金は以下の通り。

種別サイズ期間SS局S局A・B局
パンフレット(専用ラック)A4以下(1枠)2週間4,000円3,500円3,000円
パンフレット(空きスペース)A4以下(1枠)2週間2,000円

 

こちらはさらにリーズナブル。

2000円から利用できますね。

 

ただし、

  • サイズ:A4以下(B5、A4/3つ折サイズ可)(A4サイズ:29.7×21cm)
  • 厚さ:1部あたり1cm以内 トータル5cm以内
  • 重さ:トータル重量2kg以内
  • 部数:200部以内

などの条件がありますので注意してください。

 

郵便局の広告効果はどれくらいあるのか?

実際に郵便局にポスターを貼ってどのくらいの効果が見込めるか、「JPコミュニケーションズ」がデータを公開してくれています。

郵便局の広告効果①

郵便局の広告効果②
郵便局の広告効果③

 

ご覧のように、郵便局の利用は40代以降の女性が多いようですね。

(※さらに詳しいデータはこちら(pdf))

 

音楽イベントで言うと、これはかなりターゲットが絞られます。

言うまでもないですが、ロックバンドやポップスのコンサートではかなり効果が薄いでしょう(笑)

 

逆にクラシック、演歌などご年配の方が比較的好む音楽だと効果がありそうです。

ライブ会場に近い郵便局にピンポイントに宣伝できるのは大きなメリットです。

しかも郵便局は確実に集客がある施設ですから、ある程度の宣伝効果は必ず見込めそうですよね。

 

なお、2018年度は割引キャンペーンが開催されています。

(1) 3期以上10%割引
期間
:2018年4月1日(日)2019年3月31日(日)お申込み分まで
(キャンペーン実施期間を延長いたします。)
媒体
:ポスター(専用ボード)、パンフレット(専用ラック)、Aラック
割引適用条件
:1申込みにつき、連続3期(6週間)以上のお申込みに対して、
お申込み金額の合計から10%割引いたします。

 

ポスター(空き巣スペース)に1カ月半ポスターを貼れば、割引が適応されて8,100円です。

 

公式サイトでは全国のポスターが貼れる郵便局を検索することもできます。

興味ある方は任意の郵便局を検索してみましょう。

 

広告の審査に1週間ほどかかり、さらにポスターの現物の提出は掲載開始の8営業日前まで提出する必要があります。(郵便局に直接持ち込む場合は3営業日前)

利用を考えている方はお早めに申し込んでくださいね。

 

なおポスターやフライヤー(チラシ)のデザイン方法や印刷についてわからない方はこちらの関連記事をご覧ください。

関連記事ロックバンドのライブフライヤー、チラシの作り方

 

以上、お役に立てたらうれしいです。

それでは!

関連記事

Twitterでフォローしよう