バンド活動においてリハーサル代って基本のコストですが、それを劇的に安くする方法があります。

それは公共施設を利用することです。

 

現在、住んでいる狛江市にも音楽ができる施設がたくさんあるんです。

その中の一つ「かわせみ館」に行ってみたのでレポートします。

 

かわせみ館

f:id:sohhoshikawa:20150730150933j:plain

 

正式名称は「谷戸橋地区センター」です。

狛江市の施設の中でも音楽設備が特に充実しています。

 

屋内の雰囲気はこんな感じ。

けっこう大きな建物です。

f:id:sohhoshikawa:20150730151141j:plain

 

主に音楽活動で使える部屋は「多目的室」です。

すっごい広い。

f:id:sohhoshikawa:20150730151405j:plain

 

それもそのはず、ここでコンサートをすることもあるそうです。

アンビエンスがよく今回は弾き語りのプリプロを決行。

 

機材室には機材がこーんなに。

f:id:sohhoshikawa:20150730151246j:plain

とはいえ、全てが使えるわけではありません。

事前に確認しておきましょう。

 

そして特筆すべきはその使用料金。

9~12時、13~17時、18~21時をそれぞれ一区分とし、一区分なんと200円!!

 

さすが公共施設です(笑)

利用できるタイミングがあったらどんどん使いたいですね。

 

注意点

このカワセミ館、ドラムセットもアンプも置いてあるのですが防音はかなり簡易的です。

なので、ロックバンドがアンプとドラムでドカンと音を出すのは不可能です。

 

逆にそれ以外のジャンルや形態の音楽だったら問題ないですね。

なので弾き語りの人とか特にオススメです。

 

あと、時間はたっぷりあるのですが準備、片づけまで利用者が行います。(場合によっては施錠も。)

あとの利用者に迷惑をかけないように注意しましょう。




音楽の街「狛江」?

狛江市は「音楽の街」でおしていて、ホームページもあります。

音楽の街-狛江

 

「かわせみ館」以外にも音楽活動ができる施設がたくさんあるのでチェックしてみてください。

そして、狛江市以外に在住の方も是非、公共施設を探してみてください。

 

とにかくコストパフォーマンスが良い場合が多いので音楽活動の強い味方になってくれるはずです。

狛江にもロックバンドがやれる施設ができるといいな~(笑)

 

その他、狛江の住みやすさをミュージシャンの観点で考察した記事があります。

東京で音楽活動したい方は読んでみて下さい。

関連記事貧乏バンドマン(ミュージシャン)は狛江においでよ!お得な音楽ライフを伝授します

Print Friendly, PDF & Email
※バンドミーティングにご利用ください ※PDFダウンロード、メール送信もできます
関連記事
「タワレコ」でバン活!

タワーレコードの新規事業「タワーアカデミー」にてバン活!が講座を開催します。

 

  • 音楽を副業にしたい社会人の方
  • バンドをがんばっているバンドマンの方

 

はぜひチェックしてみて下さい。