プライベーターの音楽人生

 

プライベーターとは?

プライベーターとは個人事業として音楽を仕事にしている人を言います。

日本の音楽の世界ではなじみのない言葉ですが、欧米ではプライベーターのミュージシャンはごくごく一般的です。

元々はモーターレースの世界でチーム(会社)としてではなく、個人として参加する人のことをプライベーターと言うそうで、それが音楽の世界でも使われるようになりました。

 

プライベーターのミュージシャンになるには?

プライベーターは音楽を作ること以外の仕事も全て自分でやらなければいけません。

総合的に音楽活動をプロデュースする力や、事務作業をこなす力も求められます。

 

 

まずは肝心の音楽の中身!

こちらではライブ力のアップとと良い音源を作る方法を紹介しています。

「ライブとレコーディング」カテゴリー

 

音楽ができたら広めていきましょう!

ホームページの作り方やSNSやブログの使い方、YouTubeの使い方を紹介しています。

「音楽を宣伝する」カテゴリー

 

ファンが増えてきたらマネタイズをして音楽を仕事にしていきます。

様々なマネタイズ手法を紹介しています。

「音楽で稼ぐ」カテゴリー

 

東京のおすすめライブハウスや、選び方を紹介しています。

「おすすめのライブハウス」カテゴリー

 

参考になるアーティスト

最も稼いだヒップホップスターの5位にチャンスザラッパー。CDや音源を"売らない"ビジネスモデルを確立

もっとバンドマンの力になりたいからライブハウスを辞めた!?印藤勢の「バンド無料相談」がスゴイ

『Sleepy Headjamie』に学ぶ稼げる音楽活動論

田舎で自由に音楽をするという最高の生活『mothercoat』と『凡人ハウス』

ミュージシャンは業界に頼らずに「こおろぎさん」と「まつきあゆむさん」を目指すのはどうだろう?

現役バンドマンが思う『Yellow Studs』のここがスゴイ!