スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

 YouTubeの再生回数って水増しできるんですよね。

ぼくは以前から知ってましたよ。

さすが星川さん(?) 

 

もしこういったサービスを使って、自分たちのミュージックビデオの再生数を増やそうとしているバンドマンがいたら止めといた方が良いですよ~。

 

YouTube再生回数増加サービス

普通に「YouTube再生回数増加サービス」でググると出てきます。

あとは各種クラウドソーシングでも見受けられますね。

 

「1再生、○円!」みたいな感じで再生数を購入できます。

 

再生数を増やすとどんな良いことがあるんでしょうか?

まぁ、「行列のできる店」が美味しいと思う感じと一緒ですよね。

みんな良いって言ってるから、多分良いんだろうっていう。

サクラとか、ステルスマーケティングとも言うな。

 

ぼくは別にそれほど悪いことだとも思わないんですけど、単純に宣伝として効果的ではないよなぁ…。

っていうのも結局、動画みたあとにどんなアクションを取ってもらえるかが重要じゃないですか?

ミュージックビデオだったらその後でライブに来てもらったり、楽曲を購入してもらったり。

「再生数を増やす」それ自体は目的じゃないですもんね。

 

例えば、ぼくらのバンド「ヘイシーズ」の場合。

動画をこのブログのトップに貼ってあるんですね。

そうすると淡々と再生回数は増えていきます。

今現在で2000くらいですね。

 

でも、まぁ以前の記事でも書いたのですがちゃんと最後まで聞いてくれている人はその中でもわずか。

ぼくのインディーズバンドのMVが再生回数1000回突破!けど、このキビしい現実をみてよ・・・

それでも中には、LINE@に登録してくれる人がいたり、ライブに足を運んでくれる人がチラホラと現れてきているんですよ。

 

「YouTube再生回数増加サービス」はもちろん、最後までMVが再生されることはありませんし、口コミで大拡散!とかもないんです。

ぼくたちみたいなロックバンドのミュージックビデオにおいては、ただ再生回数を増やすだけは意味がありません。

ましてや再生数の増加に予算を使うなんてお金の無駄遣い。

 

やっぱり中身が大事です。

そんなことよりも、しっかりと音楽を聴いてもらえる工夫をすることに心血を注ぐべきですよね。

 

スポンサーリンク

YouTubeの再生数を増やすためにやるべきこと

とは言え「少しでも多くの人に自分の音楽を聞いてほしい!」というがバンドマンの人情。

健全に再生数の増加にアプローチする方法をご紹介しておきます。

 

①新しい動画をアップする

YouTuberよろしく、再生回数数を増やしたいなら新しい動画をアップするのが最大の援護射撃になります。

まぁ、よく考えれば当たり前ですよね(笑)

 

関連動画やチャンネルから連続で視聴してもらえたりするし、投稿数が多い=とっかかりが多いということですから、それだけ見てもらえるチャンスは増える。

ロックバンドだったらミュージックビデオを連続投稿するのは無理ですが、カバー動画やスタジオライブを簡単に編集して投稿数を増やしていくのはできそう。

 

当たり前なんですが、この当たり前の努力がなかなかできない…!

この方法で人気を獲得していった有名なアーティストと言えばGooseHouseさんですかね。

 

②ネット広告を使う

チマチマと「再生回数増加サービス」にお金をかけるくらいだったら、正攻法のネット広告を使った方が良いと思います。

ネット広告は「再生回数増加サービス」と違い、ユーザーの趣味趣向や場所を限定して、効果的に潜在顧客にアプローチするためのツールです。

YouTubeだと、Google Adwordsが誰でも使えるネット広告になります。

 

そうは言っても、素人に効果的なネット広告の運用は難しいもの。

しかし最近ではネット広告の運用を代行してくれるサービスも登場しています。

 

Draftというクラウドソーシングサービスがあります。

ネット広告運用専門のクラウドソーシングでスキルのある人に自分の動画の宣伝を頼めます。

 

 

ちなみにぼく(ヘイシーズ)も目下、Draftの利用準備中でして近々ネット広告での宣伝がはじまります。

利用方法や効果のほどはまた別途、記事にしたいと思います。

 

あとは基礎的な設定をちゃんとやって、関連動画や検索エンジンから視聴されやすくしておきましょう。

YouTubeに最適な設定をしてミュージックビデオの再生回数を増やそう!

 

 

宣伝って麻薬的なところがあって「これやれば世界が変わるんじゃないか…?」っていう淡い期待を抱かせるものです。

でも現実は全然そんなことなくて、効果的なものほど地味で地道なモノです。

 

バンドマンのみなさんはぜひ、無駄なことにお金と労力をかけずにがんばってくださいね!

 

 

 

それでは!

 

 

 

 

ところで俺、まちがってねぇよな?

 

 

 

 

こちらもどうぞ!

www.shellbys.com

スポンサーリンク
バンドコラムの関連記事
  • 音楽は未来における最強の資産
  • 売れないバンドマンだってお金持ちにならなければダメだ
  • これからのライブハウスの経営戦略はこれだ
  • 【ダメバンドマンへ】「ライブに呼ぶ」じゃなくて「チケットを売る」だよ
音楽活動に納得していますか?

バン活!はバンドマン/ミュージシャンが音楽活動で迷ったり、悩んだりしたことを解決することを使命としています。

集客・宣伝、SNSやホームページの作り方。音楽でお金を稼ぐ方法を公開しています。

全てのバンドマンに悔いのない音楽人生を。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事