スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

人気WEBライターのヨッピーさんの本『明日クビになっても大丈夫!』にめっちゃ共感しました!

もう面白くて一気に読んじゃいましたよ…。

ヨッピーさんの会社員時代から現在までを綴った内容で、現代を生き抜くバイブルに成り得る内容だなと思いました。

生きがいを感じてないサラリーマンや、今現在ネットで何かを発信している人にとってはかなり参考になります。

冒頭に、

結局のところどの本も「行動しろ」という事が大きなテーマになっているし、僕もそれは正しい事だと思っている。

だからこの本ではその「行動する」という部分について掘り下げていきたい。

とあるように、より具体的なのが嬉しいポイントでした。

特に感銘を受けた部分を抜き出して紹介してみますね!

副業、今すぐはじめていいんだ!

今の時代、なんとなくサラリーマンをやり続けるだけでは危険だし、だからと言って安易に仕事をやめたり、起業も進められない。

そこでおすすめなのが「副業」です。

この本は「副業のススメ」が大きなテーマになっていています。

副業が良いと思っていても、なかなか一歩が出ないもの。

そんな人に対して、ヨッピーさんはこう言い切ります。

趣味でお金を稼ぐことって、今の時代においては実はそんなに難しい事ではない。

ぼくもブログがお金になっているのでこれはホントですよ!

誰もが発信できる時代。

ブログでもツイッターでもフェイスブックでもインスタでもYouTubeでも、ツールはそろっています。

また、「そんなに難しい事ではない」という根拠としてヨッピーさんはこうも言っています。

「嫌々やっているプロ」と「好きでしょうがない素人」が勝負したら素人が勝つことの方が断然多いのではないだろうか。

グルメライターよりも、食べログのカリスマユーザーの方が信頼され、人気が高いし、アイスの情報だけを発信してアイスのプロ評論家になったアイスマンさんなど「好きでしょうがない素人」の例は列挙にいとまがありません。

誰でも好きを発信して良いんです。

スポンサーリンク

実績を発信しよう!

少しづつ副業で稼げるようになったら次の段階です。

さらに副業を大きくしていくコツとして、

大事なのはちゃんと「自分の実績を世に発信する事だ」。

ハイクオリティな仕事をこなしつつ、「これが自分の仕事だ」と発信することも同時に行わないといけない。

自分の名前が世に出ない仕事ならクオリティの追及はあんまり意味がない。

それを見た人があなたにたどりつかないし、新しい仕事も生まれないからだ。

と、アドバイスしてくれています。

ネットはあなたのポートフォリオ、履歴書ですよね。

なんだかんだ実績は仕事を頼む側からすると一番判断材料になり得るもの。

しっかりと発信ツールを使って実績を記録・アピールしましょう。

お金は後からついてくる!

とっても興味深いな、と思ったのがこの記述。

Twitterのフォロワーが3万人を超えればなんだかんだで何かしらの「お金」に関わるような発注、打診が届くようになるはずだ。

それはその通りだと思ったのですが、具体的な数字にまで言及している情報は初めて見ました!

個人的には2000人でも、3000人でもフリーランスで食べれている人をたくさん知っています。

ジャンルによりますが、その程度でも十分食べれますよ。

ですが、逆に「3万人」超えれば、ほぼ確実にメシのタネになるというのは貴重な知見です。

「あれ~、いつのまにか3万人になっちゃった!」という人は独立へのGOサインかもしれません。

独立するための条件

そうして副業をこなしていくうちに、それで独り立ちしたくなるかもしれません。

ここでもヨッピーさんはアドバイスしてくれています。

「会社を辞めても良い三つの条件」として、

  • 会社員をしながら、副業で月に10万円以上稼いでいる事
  • 1年間生活出来るだけの貯金がある事
  • 身軽になる事

を挙げています。

特に共感したのは「身軽になる事」

独立に際しては「月あたりの支出をおさえること」を推奨しています。

この例えはわかりやすい。

「お金」というのはゲームで言うところのヒットポイントのようなもので、ヒットポイントは多いに越した事はないし、毎月ジワジワそのヒットポイントを削っていく家賃や車というものは手放した方が生存率は上がる。

さしずめ、財布のヒモがゆるみっぱなしで、支出を管理できてない人は毒沼を歩いているのと同じ。

ぼくも3万4000円という超格安賃貸アパートに住んでいるからこそ、フリーランスになれた実感があります。

「三つの条件」の中でも意外と忘れがちなことかと思うので、強く推奨したいですね。

人気ウェブライター、ヨッピーの戦略論を学ぼう!

ライターとして、良い文章を書くことができている人はとても多いと言います。

ですが、「ライターとしてどう生き残っていくか!?という生存戦略」まで考えが及んでいる人は少ないです。

これはまさに「生存戦略」を語った本。

そして、ライターのみならず多くの方に応用のきく内容になっています。

あなたも、これを読んで生き残っていきましょう!

それでは!

ところで俺、まちがってねぇよな?

スポンサーリンク
雑記の関連記事
  • Amazonアソシエイト(アフィリエイト)を使ってブログで稼ぐには?この3パターンしかない
  • コンビニで売ってるデカフェ(カフェインレスコーヒー)5選【通販あり】
  • 生活レベルを落とすには?その方法と大きなメリット
  • 移住するなら読んでおくべき本やサイト50選
音楽活動に納得していますか?

バン活!はバンドマン/ミュージシャンが音楽活動で迷ったり、悩んだりしたことを解決することを使命としています。

集客・宣伝、SNSやホームページの作り方。音楽でお金を稼ぐ方法を公開しています。

全てのバンドマンに悔いのない音楽人生を。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事