どうも、星川(Soh_RundabanSP)です。

 

ビットコインでクリエイターが支援を受けられるVALUがアップデートしました!

動画の投稿と、投稿にYouTubeの埋め込みができるようになりました。

これはミュージシャンにとって良いアップデートで、音楽コンテンツをVALU内で投稿&楽しめるようになったことを意味します。

 

VALUは2017年11月にはチップ(投げ銭)機能が実装され、非常におもしろいプラットフォームに進化していますね。

  • 音楽(動画&YouTube)
  • 投げ銭(ビットコイン)
  • SNS(フォロー)

の機能がそろっているプラットフォームはVALU以外にないかな?

(noteは日本円で投げ銭できますが)

今後、アプリもリリース予定だそうでさらに注目です。

 

ミュージシャンは今すぐVALUに参戦すべき?

音楽活動をしているLucirさんがVALUについてこんなツイートをしてくれました。


激アツなVALUを見ると「ん~、やった方が良いかな~?」と悩むミュージシャンの方も多いと思います。

 

特に2017年は色々と面白いプラットフォームが続出して、どれを使うべきかホントに迷いましたよね!

どれをどう使うべきか?

VALUを例にぼくも考察してみました。

 

VALUへの参戦は「いつでも良い」

VALUは目に見えない価値・信頼・影響力をマネタイズできる(ビットコインに変える)プラットフォームだと考えています。

 

ここで問題なのは「③マネタイズ」の源泉となる「②価値・信頼・影響力」がちゃんと貯まっているか?ですよね。

②が不十分な人がVALUを使ってもうまくマネタイズは起こりません。

 

もちろん、VALU内でコンテンツを投稿していき②を高めていくというこはできます。

しかし、なまじマネタイズの仕組みが実装されているので、ちょっと戦略が必要です。

投げ銭のデメリットについてはこの記事でも書きました。

⇒投げ銭の意外な弱点!?「毎回"清算"されてしまう」「心理的コストがかかる」

 

なのでVALUを使う前に考えてほしいのは、

  1. マネタイズの源泉となる価値や信頼はあるか?
  2. 「投げ銭」「株式」というマネタイズがホントに自分の理想や目的に叶うか?

という2点を考えてほしいと思います。

 

あと、インフルエンサーの世界では「先行者優位」なんてよく言われますけども、ことミュージシャンで言うとそこまで意識高くなくてよいかな?と(笑)

そもそもVALUで先行者優位を求めるならもう遅い気が…w

 

まずは価値や信頼を貯蓄!可視化しよう

価値や信頼って目に見えませんよね?

ですが、ひとつの指標となるのが「フォロワー」です。

 

多けりゃ良いってわけではないですが、フォロワー数は自分の影響力の数値化です。

ミュージシャンは色んな場所で音楽を発表しています

ぜひ、そこで出会った人たちをツイッターに誘導してみて下さい。

フォロワーを増やそう

 

ツイッター単体でマネタイズするのは難しいです。

ですが、いざマネタイズしたい時にマネタイズプラットフォームに案内するのに向いています。

 

次に理想のマネタイズを選ぼう

VALUは確かに「儲かりそう…」って感じがしますが(笑)、大事なのは「そのマネタイズが本当に自分のやりたいやり方か?」ということです。

価値や信頼はマネタイズすればその都度減っていきます。

ちょうどロールプレイングゲームのMPみたいな感じ。

ですから、やみくもにマネタイズするのは効率が悪いです。

 

例えば、「ライブにお客さんを呼びたい!」という人だったら、VALUではなくライブに注力した方が良いでしょう。

逆もそうです。

もちろん、価値が臨界点を超えていれば、ライブでもVALUでもグッズでもなんでもマネタイズすることは可能でしょう。

ですが、多くのアマチュアミュージシャンにとって「何でもかんでもマネタイズ」は非現実的に思います。

まずは「自分がホントにやりたいこと」「これにはお金を払ってほしい!」というマネタイズに絞る方が良いのではないでしょうか?

マネタイズを選ぼう

これは逆に言うと、価値や信頼が貯まっていれば、いかようにもマネタイズできるということを意味します。

「まだ自分のやりたい活動はわからない…でも音楽は発表したい!」という方はとりあえず、ツイッターのフォロワーをKPIに音楽を頑張ってみるのをおすすめします。

 

活動をデザインしよう!

色んな情報が多くて何でもかんでもやらないといけない気がしてきますよね?(笑)

ですが、重要なのはマネタイズプラットフォームそれ自体より、前段階の信頼や価値であり、まずはそれを貯蓄し続けることだと思います。

 

なにより幸せな音楽人生をおくるために大切なのは

  • できること
  • できないこと
  • やりたいこと
  • やりたくないこと

をハッキリ自覚することです。

 

今は本当に色んな活動のスタイルがあります。

活動をデザインしよう

 

今回は信頼貯蓄のプラットフォームとしてツイッターをおすすめしましたが、このポジションはLINE@でも、noteでも良いでしょう。

ここでは最も親しみやすく、それ自体で拡散力も高いツイッターで説明させてもらいました。

ぜひ色んなサービスに触ってみて、自分の肌にあったやり方を見つけてみて下さい。

ウェブサービスについては一通り「音楽活動の宣伝」で解説しています。

 

そんなわけで、まずはVALUやる前にツイッターがんばろう!という結論でした(笑)

せっかくフォローしてくれた人を飽きさせないためにツイッターにコンテンツを投入することも大切です。

ツイッターの運用方法についてはこちらの記事を参考にして下さい。

⇒ミュージシャン/バンドマンのツイッターの使い方!ゼロからフォロワーを増やす方法【ツイート例付き】

 

それでは!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事