スポンサーリンク

 

どうも、星川(Soh_RundabanSP)です。

 

投げ銭プラットフォームはがたくさん出現する中で、ついに音楽に対しても投げ銭できるサービスが登場しています!

今回は、tipmusicとMUSICOINの2つをご紹介します。

 

近未来のスタンダードになっていく予感です…!

 

スポンサーリンク

Soundcloudの音楽を投稿して仮想通貨で投げ銭できるtipmusic

 

使い方は非常に簡単です。

ユーザーが用意するのは、

  • Soundcloudに投稿した音楽(投稿側)
  • ツイッター(投げ銭に必要)

のみ。

 

Soundcloudの自作曲の埋め込みコードと曲のタイトル、ツイッターアカウント、曲の説明を入力するだけでアッという間に投稿できます。

対応している仮想通貨は、

  • モナコイン
  • BitZeny
  • NEM
  • XRP

の4種類です。

この中だと、特に同人作家のためのコインであるモナコインが一番ポピュラーでしょうか?

 

サイトを作ったのはなんと個人で、れとると・きゃりー(@retoruto_carryさんという方。

いや~、すごいですね!

音楽の在り方を変えそうなサービスがイチ個人から生まれるなんてすごい時代です。

尊敬です。

 

ブロックチェーンをベースに、投げ銭ができる音楽SNS的なMUSICOIN

 

MUSICOINは仮想通貨であり、プラットフォームの名前でもあります。

MUSICOINに音楽を登録すると、その権利がブロックチェーン上に登録されます。

 

そしてスマートコントラクトによって、曲の再生にともなう報酬の発生と配分が自動化されます。

 

簡単に言えば、JASRACとiTUNESとFacebookが合体して、お金に関する手続きを自動化できるサービスと言えるでしょうか。(強引w)

ブロックチェーンが音楽ビジネスを変える、なんて言われるのは、MUSICIONのようなサービスが作れるからです。

 

ブロックチェーンによって、人間よりも確実に著作権の管理、著作権料の徴収ができます。

スマートコントラクトによってそれらの作業は全て自動化。

そして仮想通貨は送金にさいして、複雑な手続き手数料を必要とせず、ノンストレスな経済活動が行われます。

 

少しづつこういったサービスによって既存の音楽サービスが取って代われるのは間違いないでしょう。

 

とは言え、MUSICOINは海外のサービスで、どうも日本からは使いにくい…。(英語だし)

MUSICOINを取り扱っている仮想通貨取引所も(日本では)マイナーですね。

一般のアーティストや音楽ファンにはまだ使いづらい感じです。

 

それでも、教養として知っておくと良いと思いますよ。

 

スポンサーリンク

まずは口座を開設して、tipmusicがおすすめ!

こういった仮想通貨の投げ銭プラットフォームに興味がある方は、とりあえずtipmusicがおすすめできそうですね。

シンプルで分かりやすいので使いやすいですよ。

 

音楽そのものは投稿できませんが、VALUという選択肢もあります。

合わせてチェックしてみて下さい。

 

仮想通貨取引はモナコインの簡単売買があるZaifがおすすめです。

板買いとか、あの難しそうなチャートが苦手な人でも簡単にモナコインが日本円で買えますよ。

 

Zaifはビットコイン積み立てなどもあったり、仮想通貨初心者には何かとやさしい取引所です。

もちろん口座開設は無料ですので、興味ある方は本人確認に必要な身分証明書をご準備の上、手続きをしてみて下さい。

なお、今現在すごく人気らしく、本人確認の手続きが遅れ気味だそうです。

興味がある人は今すぐに申し込んでおきましょう。

 

ブロックチェーンとか仮想通貨にピンと来てない人はこちらの本がおすすめです。

自身も仮想通貨の事業を手掛ける森川さんの著書。

ブロックチェーンの基本から学べて、音楽に関することまで言及してますよ。

興味ある方はぜひ読んでみて下さい。

 

それでは!

関連記事
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事