投げ銭プラットフォームはがたくさん出現する中で、ついに音楽に対しても投げ銭できるサービスが登場しています!

今回はMUSICOINをご紹介します。

 

近未来のスタンダードになっていく予感です…!

おすすめ

音楽サブスク『Amazon Music Unlimited』が、今なら30日間、無料

 

無料体験中に退会すればお金はかかりませんので、ぜひ今のうちに試してみてください!

\30日間、無料!/

※操作が不安なら→Amazon Music Unlimitedの始め方、使い方をわかりやすく解説!初心者でも簡単に9,000万曲が聴き放題できます

ブロックチェーンをベースに、投げ銭ができる音楽SNS的なMUSICOIN

 

MUSICOINは仮想通貨であり、プラットフォームの名前でもあります。

MUSICOINに音楽を登録すると、その権利がブロックチェーン上に登録されます。

 

そしてスマートコントラクトによって、曲の再生にともなう報酬の発生と配分が自動化されます。

 

簡単に言えば、JASRACとiTUNESとFacebookが合体して、お金に関する手続きを自動化できるサービスと言えるでしょうか。(強引w)

ブロックチェーンが音楽ビジネスを変える、なんて言われるのは、MUSICIONのようなサービスが作れるからです。

 

ブロックチェーンによって、人間よりも確実に著作権の管理、著作権料の徴収ができます。

スマートコントラクトによってそれらの作業は全て自動化。

そして仮想通貨は送金にさいして、複雑な手続き手数料を必要とせず、ノンストレスな経済活動が行われます。

 

少しづつこういったサービスによって既存の音楽サービスが取って代われるのは間違いないでしょう。

 

とは言え、MUSICOINは海外のサービスで、どうも日本からは使いにくい…。(英語だし)

MUSICOINを取り扱っている仮想通貨取引所も(日本では)マイナーですね。

一般のアーティストや音楽ファンにはまだ使いづらい感じです。

 

それでも、教養として知っておくと良いと思いますよ。

 

ブロックチェーンとか仮想通貨にピンと来てない人はこちらの本がおすすめです。

自身も仮想通貨の事業を手掛ける森川さんの著書。

 

ブロックチェーンの基本から学べて、音楽に関することまで言及してますよ。

興味ある方はぜひ読んでみて下さい。

 

その他、投げ銭ができるサービスもまとめてあります。

仮想通貨ではないサービスもあるので、より手軽に導入できますよ。

合わせて読みたい投げ銭ができるウェブサービス・アプリ12選