スポンサーリンク

 

どうも、星川(Soh_RundabanSP)です。

 

岡崎体育さんが新しい取り組みをはじめられたのでご紹介します!

コレ、日本では初なんですね~!

 

ファンの熱量を可視化するファンクラブ

岡崎体育さんのファンクラブ「Wallets」に「bitfan」というサービスが連携します。

bitfanはファンの”熱量”を計測し、それに応じてトークン(※ポイント)を付与します。 トークンの総量に応じて特別な体験をプレゼント。 どれだけのトークンをゲットできるかは日々のアクションから計測されます。

なるほど、なるほど。

どうやらツイッターなどSNSNでの投稿や、ライブへの参加でポイントが貯まる仕組みのようです。

bittfanはファンクラブなどの対象コンテンツの閲覧、イベント参加、グッズ購入、インターネットのアクションなどを計測して、独自のポイントに変換します。(変換対象及びポイントの率はサービスにより異なります) ※bitfan×岡崎体育 PROJECT において、ポイントが付与される行動内容、ならびにポイント数は現在公表しておりません。

そして、ポイントに応じてランク付け。

上位ランク者にはプレゼント的なものがあるようです。

 

つまり、実際に岡崎体育さんを応援すればするほどファンの人にはリターンがある!という仕組みですね。

 

スポンサーリンク

テイラースウィフトが近いシステムを導入していた

日本初のこの岡崎体育さんの取り組みは、海外ではテイラースウィフトが近いことをやっていました。

ファンたちはサイトに登録した後「ブースト・アクティビティ」という活動に参加することでチケットが取りやすくなる。 報道によるとそのアクティビティの中には、スウィフトの動画を視聴することや、ソーシャルメディアに投稿を行うこと、さらには新アルバムの「Reputation」を最大で13枚購入することなどが含まれている。

これがなかなか批判されたようで…。

ツイートによってもポイントも貯まるし、日本ではCDにライブの先行予約シリアルナンバーがついているのとか当たり前なので、そこまで批判されるモノでもないかな?と個人的には思います。

 

で、コレが岡崎体育さんのところにも批判めいたものが集まっているらしいんですよ(笑)


う~む、そこまで叩かれているのか…?

繰り返しですが、個人的にはアリですねぇ。

 

多分、ソーシャルでの行動ってファンの人が思っているよりアーティストにとって価値があるものなんです。

オリコンも複合チャート化を決めたようで、今後はますますネットで話題になることがアーティスト活動にとって重要になるでしょう。

なので、アーティストとしてファンに積極的なツイートを促すこと、そして拡散してくれたファンにお礼をすることは普通に思えます。

 

まぁ、逆に「コミュニティ×課金」で炎上しない例をネットでは見たことがないですねw

オンラインサロンもSHOWROOMも始まった当初はやはりそういった批判がありました。

実は参加してみると楽しいモノだったりするので、あまりにもファンの人に損なことがなければ、ぼくは良いと思います。

 

このような高度なシステムをもったファンクラブシステムをアマチュア~インディーズミュージシャンが作るのは難しいですが、ファンクラブそれ自体は誰でも作ることができます。

こちらの記事も読んでみて下さい。

 

それでは!

スポンサーリンク
音楽ニュースの関連記事
  • 【渋谷】ハロウィン2017の着替え場所、トイレ、荷物の預け場所、ゴミ捨て場まとめ
  • バンドマン注目!あなたのバンドが記事になるかも?音楽メディア「Diggity」でプレスリリースを募集中!
  • ツイッターで投げ銭が可能に!アーティストはネットでストリートライブができる
  • 紅白歌合戦2017を見た感想【ネタバレあり】
音楽ブログの教科書

今、副業として、専業としてブログで稼ぐ人が増えています。

あなたも好きな音楽のことをブログに書いて収益を上げることができます。

音楽ブロガーのノウハウを知りたい方はこちら。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事