どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

ネット上で活躍するクリエイターやコンテンツを眺めてると、「自分もバズりたい!」なんて思いませんか?

誰でも情報発信・作品発表ができる時代になった。

ところが今度は作品が多くなりすぎて、日の目をみるのがまた難しくなっている。

クリエイターの多くはネットでバズることに夢をもち、目標にしています。

ではどうやればバズることができるのか!?

ぼく自身、日々ブロガーやバンドマンとして発信していて気付いたのは「バズりたかったら、ネットをやめろ」ということ!

逆に~、という話です。

「飢餓感」をあおるジャニーズの戦略

ジャニーズ事務所のアーティストのコンテンツって極端にネット上に無いですよね?

おそらく違法ダウンロードを警戒していのことでしょうが、結果的にその状況はファンの情報発信を活発にさせる裏付けになっています。

公式の発信がないと、ファンの間で強い伝達意識が生まれ、情報をやり取りする繋がりが生まれる。

もはや義務感・使命感といって良いほどファンの情報発信に対する熱量は高い。

ツイッターをやっているみなさんだったら、トレンドワードがジャニーズ関連で埋まる風景はよく見ていると思います。

バズはジャニーズにとって日常茶飯事。

参考記事:ジャニーズがネット上に作り上げているファンコミュニティは、大正解なのかもしれない。 | 隠居系男子

ジャニーズは極端な例ですし、事務所自体がそれを意識しているわけでもないかもしれません。

しかし、ここから学べるのは「情報はコントロールすべき」ということです。

  • 情報を積極的に発信し、共犯者ともいえる仲間を作るか
  • 徹底的に情報を統制し、神秘性を作りあげるか

前者で成功した例はキングコング西野さんの『えんとつ町のペプル』、後者はハイスタンダードのCDの「ゲリラ販売」ですね。

「ファンは勝手に拡散してくれる」と知る

このジャニーズの事例から事実として浮かび上がってくるのは「ファンは勝手に拡散する」ということです。

最近、ギターウルフが新ベースのオーディションをやっていたのをご存知ですか?

関連してこんなツイートがバズってました。

ファンと信頼を築き、コンテンツがすばらしければ自然と拡散される。

この事実は意外と忘れがちで、小手先のテクニック論に走りがちです。

「ファンになってくれれば誰でも良い」ではない

ではそういったファンとの信頼関係を築くにはどうすればよいか?

大切なのは自分が「何を喜び、何を大事にしているのか?」を見極めることです。

もう1つギターウルフが新ベーシストのオーディションから。


この感想、ぼくもわかります。

なんかギターウルフがあんまりネットに堪能だと残念だもん(笑)

これはズバリメンバーを選ぶオーディションなので、応募者の価値観をしっかり”絞る”必要がありました。

同様にファンを作りたいんだったら「ファンとどんな価値観を共有したいか?」を考えるべきです。

そして、それに適した情報発信の方法をとるべきなんです。

それは必ずしもネットとも限りません。

不特定多数を目指して適当に情報発信しても、多数のリーチは得れどファンの熱量は獲得できません。

バズとは口コミの連続なわけですから、何より個々人の熱量が大切になってきます。

アツいコミュニティを自分の作品を中心につくるためには、やはりまずは「自分自身の価値観」をしっかり見つめ直す必要があるでしょう。

バズるのは「カロリー消費が高い」コンテンツ

単純にコンテンツのクオリティが低いからバズらないだけでは…?

そんな疑問も当然浮かびますよね。

ではクオリティの高いコンテンツとは何か?

それはリアルで手間暇かかった(クリエイターの)カロリー消費が高いコンテンツです。

例を出すと、この記事なんかどうでしょう?

【記憶力対決】電話で指示して物を買え!「うろ覚えコンビニ選手権」 | ヌートン 新たな情報未発見メディア

コンビニというありふれた題材ですが、ここまで面白くなるもんですね…!

なぜ4人も検証するのか(笑)

(だからオチがきいてくるのだろうけど)

これは「バズりたいなら、ネットをやめろ!」というよりかは、「良いコンテンツを作りたかったら、パソコン(スマホ)を触っているヒマはない」と言った方が正しいかもしれません。

ネットは”意識”して使うべき

以上、まとめるとこのようになります。

  • 情報はコントロールすべし
  • 本当に良いモノはファンは評価してくれる
  • ファンと価値観を共有する
  • 手間をかけてコンテンツをつくる

結果的にそれは「ネットをやめる」ことに近くなるでしょう。

少なくとも、何の意識もなくSNSをなんとな~く使っていてもバズは起きません。

そしてバズがなければ作品を見てもらえないという現実。

その中で叩かにはまずはスマホの電源を落として、考え、行動する必要があるのかもしれません。

以上、何か参考になったらうれしいです。

それでは!

ところで俺、まちがってねぇよな?

関連記事
音楽活動に納得していますか?

バン活!はバンドマン/ミュージシャンが音楽活動で迷ったり、悩んだりしたことを解決することを使命としています。

集客・宣伝、SNSやホームページの作り方。音楽でお金を稼ぐ方法を公開しています。

全てのバンドマンに悔いのない音楽人生を。

Twitterでフォローしよう