スポンサーリンク

 

どうも、星川(Soh_RundabanSP)です。

 

この記事では意外と知られていないバンド活動費を捻出するアイディアをご紹介します!

 

  1. バンドのサイトやブログに設置
  2. 一度設定すれば後は放置
  3. 続けていけば収益があがっていく

 

そんなメリットをもった簡単な方法ですのでぜひ導入してみて下さい。

 

スポンサーリンク

サイトから送客して、サービスや商品が購入されると収益が発生するアフィリエイト

アフィリエイトって聞いたことありますか?

最近では副業がブームで、ご存知の方も多いと思います。

 

アフィリエイトとはサイトやブログで商品を紹介して購入ページへのリンクを設置して、そのリンクを経由して商品が購入されると、紹介したサイト側に収益が発生するという仕組みです。

f:id:sohhoshikawa:20171203200902j:plain

アフィリエイトはサイト側のリスクがなく、タダでシステムを使うことができます。

購入者も別に上乗せで代金がかかるわけではないですよ。

今や多くのウェブメディアで導入されているマネタイズツールですね。

 

このアフィリエイトをバンドのホームページに導入してみてはどうでしょうか?

 

音楽アーティストのホームページには、リリースした音源やCDの紹介ページがありますよね?

もちろん各ストアへのリンクも設置していると思います。

そのリンクをアフィリエイトリンクに差し替えてみましょう。

 

アフィリエイトは儲かるの?大儲けは難しいですがお得です

で、導入したら儲かるのでしょうか?

こればっかりは何とも言えません(笑)

ただ、ぼくはアフィリエイトを導入していないのは純粋に損だなと思っています。

 

例えば、Amazonのアフィリエイトシステム「Amazonアソシエイト」です。

AmazonアソシエイトはAmazonで買える商品をサイトで紹介できます。

当然、自分がリリースしているCDや音源も成果対象です。

Amazonアソシエイトではデジタルミュージックが購入された場合の報酬が8%なんですね。(2017年12月現在)

もし自分の曲をAmazon mp3で販売していて、自分のサイトを経て購入された場合、通常の音源売り上げにプラスして8%の収益がもらえる、ということになります。

 

250円で販売していたら20円ですね。

これって結構お得でしょう!

 

さらに、先日スタートしたAmazon Music Unlimitedの無料体験でもサイトに報酬が発生します。

報酬は500円です。(2017年12月現在)

これまたもし、ユーザーがホームページのアフィリエイトリンクを経て、Amazon Music Unlimitedに登録してあなたの音楽を聴いてくれた場合、通常の再生ごとの収益にプラスして500円が受け取れるわけですね。

f:id:sohhoshikawa:20171203200846j:plain

またAmazonアソシエイトは24時間のクッキー保存があり、ユーザーが踏んだアフィリエイトリンクの種類に関係なく、24時間以内の購買全てが成果対象になります。

 

つまりファンがあなたのホームページであなたの音源を紹介したアフィリエイトリンクを経て、テイラースウィフトの音源を購入した場合でも、あなたに収益が発生するわけですね。

たま~に思わぬラッキーパンチがあったりして、結構大きな収益が発生して楽しいですよ(笑)

 

スポンサーリンク

アフィリエイトは怪しいシステムではないです

もしかしてアフィリエイトに怪しいイメージを持っていますか?

よくネットワークビジネスと混同されがちです。

ですが、似て非なるもの(ってか全然違うもの)でアフィリエイトはごくごく健全なシステムです。

 

ネットワークビジネスは自分の下に販売員が増えて、その販売員の収益を紹介元が搾取できるのが特徴ですよね。

しばしばそれが問題視されます。

 

アフィリエイトは子ネズミをつくって搾取するシステムではありません。

 

収益はメーカーやプラットフォームから支払われます。

ピラミッド構造になっているわけではないんですよ。

なので安心して使ってもらって大丈夫です。

繰り返しですが、アフィリエイトを導入したからってファン(購入者)に不利益が発生するわけではないので。

 

活動費の足しにアフィリエイトを導入してみよう

アフィリエイトはその道のプロだと法人化して年商何億と稼げるビジネスです。

ですが、音楽アーティストのホームページで多額の収益を発生させるのはまぁ難しいです。

 

それでも、

  1. リスクなく
  2. 簡単に
  3. 収益を上積みできる

システムなのでぜひとも導入してみてほしいと思います。

 

アフィリエイトを利用するには、まずは広告主とサイト運営者を仲介するASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)というサービスに登録します。

あとは任意の広告主と提携して、ホームページのリンクをアフィリエイトリンクに差し替えるだけです。

その後はメンテナンスも特に必要ないので、気長に収益の発生を待ちましょう!

 

最初は「もしもアフィリエイト」に登録しよう

実はAmazon以外にも楽天もアフィリエイトシステムを利用できます。

楽天は紹介料は1%ですが、クッキーの保存期間が30日間と長いのでじみ~に収益を上げてくれますね。

Amazonと楽天はそれぞれ独自にアフィリエイトシステムを利用できますが、初心者の方は「もしもアフィリエイト」というASPに登録することをおすすめします。

 

もしもアフィリエイトでは、Amazonと楽天とまとめて締結することができます。

窓口が一つになると管理も楽ですし、特に楽天の独自システムだと報酬を現金化するまでのハードルが高いです。(3000円まではポイントでしか受け取れない)

もしもアフィリエイトは最低振り込み金額が1000円からで、楽天も1円から現金で換算されます。

なので、まずは「もしもアフィリエイト」からAmazon、楽天のアフィリエイトを利用すると良いでしょう。

もちろん登録料や年会費はありません。

 

ちなみにバリューコマースというASPからはタワーレコードと提携できます。

iTUNSにもアフィリエイトシステムがありますし、その他の音楽配信サイトもアフィリエイトシステムを利用しているところが増えてきていますね。

音楽系のアフィリエイトについては、こちらにまとめてありますので見てみて下さい。

⇒音楽ブログで稼ぐ!音楽系アフィリエイト案件まとめ【ASP比較】 

 

CDの流通方法や音楽配信サイトへの楽曲登録の方法がわからない方はこちらをご覧ください。

サービスや方法をまとめてあります。

以上「アフィリエイトで活動費を捻出してみよう!」という話題でした。

 

お役に立てたらうれしいです。

 

それでは!

「音楽で稼ぐ」カテゴリー一覧に戻る

関連記事
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事