音楽業界は不景気だ!と言われて久しいですが、それでも音楽に携わる仕事には否定できない魅力があります。

 

「音楽業界で働くのが夢だった!」

 

今は違う仕事をしていても、そんな希望をもつ人は多いと思います。

そこで今回は音楽業界に転職したい人におすすめの転職サービスをご紹介します。

 

転職支援サービスはとてもたくさんあって迷ってしまいますよね?

ここでは音楽業界を目指す上で使いたい転職サービスを厳選して5つお届けします。

 

まずは転職サービス選びにあたって基本となる知識をご紹介したいと思います。

あなたも転職活動でこんな損をしてませんか!?

 

音楽業界への転職でエージェントサービスをすすめる2つの理由

まず転職サービスには単純に求人を紹介するだけの「転職サイト」と専任のキャリアアドバイザーが存在する「転職サエージェント」の2種類があります。

以下で紹介する5つの転職サービスは全て「転職エージェント」です。

 

実は転職サイトより転職エージェントサービスをおすすめするのには理由があります。

明らかにエージェントサービスの方がメリットが大きいのです!

 

キャリアアップできる!

エージェントサービスは優良な求人を担当エージェントが探してくれるだけでなく、職務経歴書、履歴書のチェックなどをしてもらえて、時間のない人にとってはありがたいサービスになっています。

 

転職を考えている方…。

その自分で作った職務履歴書で本当に大丈夫ですか!?

 

エージェントに書類をチェックしてもらうことによって、客観的に自己PRなどを評価してもらえます。

自分一人で書いたPRというのは独りよがりで、相手に魅力が伝わらないことが多いので、エージェントにチェックしてもらうと良いですよ。

そっちの方が相手に魅力を感じてもらえます。

 

実際に厚生労働省の『雇用動向調査』の特別集計によるとエージェントを使うと離職期間が短くなり、転職後の年収もあがることがわかっています。

エージェントサービスを使うと離職期間が短い

エージェントサービスを使うと年収があがる

 

また、音楽専門系の転職サイトもあまりおすすめしていません

利用したことのある友人に聞いたところ、良い評判を聞けませんでした。

Aさんは転職の際に「音楽系求人の専門サイト」を使ったそうです。 そのサイトのサービスを具体的に伺ったところ「ほぼただの掲示板」だと。 転職サイトのスタッフに相談できたり、ましてや顔を合わせることすらなかったそうです。

関連記事:音楽業界への転職に失敗!その理由とは?

  • 転職サイト⇒サポートが少ない
  • 転職エージェント⇒サポートが手厚い

 

音楽業界に限らず、転職は人生を左右する一大事ですからぜひ転職エージェントを利用しましょう。

 

③エージェントと繋がるだけで安心できる!

さらに転職エージェントにはこんな意外なメリットがあります。

それは「定期的に自分の市場評価を確認できる」ということ。

 

例えば、経験者の方々のこんな声を発見しましたよ。


「人生100年時代」と呼ばれる現代では、一生ひとつの会社で働き続けるのはほぼ不可能と言われています。

その意味で、今現在、転職の意思が薄くてもエージェントに自分の会社外での評価を判断してもらうことはとても重要なことです。

 

いつでも素早く動けるように準備をしておく。

ある意味で、それはセーフティネットとも言えますよね。

 

今の仕事に不満をもっている人だけでなく、将来に不安を持っている人にもエージェントサービスは心強い味方になってくれます。

 

音楽業界を目指すあなたにおすすめの転職エージェント5選!エージェントは特徴と強みを理解して使う

では以下ではおすすめの転職エージェントサービスを紹介していきます。

それぞれの特徴、強みと共に紹介しますので自分の希望職種にあったサービスを使ってみて下さい。

 

これらのサイトを利用して夢を叶えましょう!

 

①【本命】20代におすすめ、東京の企業に強い「マイナビエージェント」



「マイナビ」と言えば、就活でお世話になった人も多いと思います。

マイナビエージェントはそのマイナビのエージェントサービスです。

 

特徴としては、

  • 20代、第二新卒に強い
  • 東京中心に関東の求人に強い
  • サポートが手厚い

という点があげられます。

 

なので、

初めての転職で不安…

夢を諦めたくない…!

という方には特におすすめできるエージェントですね。

 

通常、転職における書類選考の通過率は二割程度と言われていますが、なんとマイナビエージェントでは五割を超えています!

さらに職業紹介優良事業者認定マークを取得しているのも安心なポイント。

 

これは2015年に厚生労働省委託事業「職業紹介優良事業者認定制度」において、「職業紹介優良事業者」として認定されたことを示します。

経営の安定性、法令の遵守、業務の適正運営などの審査基準をクリアした事業者が認定されるものですで、「求職者の希望、能力、適性把握」や「求職情報の管理」など厳しい審査基準があります。

 

以上のようにマイナビエージェントは実績のあるエージェントサービスなんですね。

求人数は業界トップクラスで、8割は非公開求人です。

 

マイナビエージェントは音楽業界でも中心になるクリエイティブ職(マネージェー、ディレクター)に強いのも魅力です。

ぜひ登録してキャリアアドバイザーに相談してください。

 

②サポートが充実している「パソナ」

パソナキャリアは大手人材派遣企業「パソナグループ」によるエージェントサービスです。

この道のプロ!ということで、きめ細かいサポートが特徴となっています。

 

まずパソナキャリアでは転職サポートに「平均20時間以上」という長い時間をかけています。

転職の経験のある方なら、転職エージェント側の都合で時間を制限されてしまったことがあるかもしれません。

パソナならその心配はないんですね。

 

またパソナキャリアには、登録しておけば経歴に合う求人を探してスカウトメッセージを送ってくれるサービスがあります。

普通、エージェントサービスと言うと「今すぐ転職したい」方むけのサービスに思えますが、パソナならスカウト機能がありますのでマイペースに転職活動がはじめられます。

 

さらにユニークなのが「円満退職サポート」です

トラブルなく退職するためのアドバイスや入社日の調整などのサポートも行っています。

今いる企業からの退職は転職希望者にとってはストレスが多い部分ですから、これはうれしいサービスですね。

 

利用者の年齢層も幅広く、20代はもとより30代、40代の利用者も多いです。

ですから、今まで転職でイヤな思いをした人や、一度失敗した人にもおすすめできるエージェントサービスですよ。
⇒パソナキャリア

 

③ライター、編集者向け「マスメディアン」

マスメディアン

マスメディアンは広告・メディア業界の転職支援サービスです。

音楽業界の中でも、とりわけ「音楽ライター」は人気の職種です。

 

マスメディアンではライター業や編集業の仕事を探せます。

マスメディアン仕事検索

転職相談会やセミナーが全国に展開されていますので、気軽な情報収集にも使えます。

マスメディアンの仕事セミナー

物書きとして新しい人生を歩みたい人はベンチマークしておくべき求人サービスです。

 

④IT・ゲーム×音楽なら「ワークポート」

ワークポート

ワークポートはIT・ゲーム業界に特化した転職サービスです。

とりわけゲーム音楽を作成する「サウンドクリエイター」を目指す人には欠かせないサービスです。

 

また昨今はアーティスト活動にウェブサービスを使うのが当たり前になってきました。

オンラインファンクラブの運営、電子チケットサービスなど音楽とITがコラボした仕事も多数、見受けられます。

また、IT・ゲーム業界に特化していると言っても職種に関してはクリエイター職のみというわけではありません。

 

広く一般的な職種も多く求人があります。

ワークポート職種一部

音楽業界で言えば、求人は少ないですがアーティストマネージャーの仕事も見つけられました。

 

⑤経理・ハイクラス求人なら「ビズリーチ」

f:id:sohhoshikawa:20160727202602j:plain

ビズリーチは年収1000万円レベルのハイクラス求人を専門に扱う転職エージェントです。

音楽コンテンツの制作、配信事業をメインに展開するメディアコンテンツ企業からの経理職の求人についても常時扱っています。

 

連結決算、開示書類作成、子会社経理指導などの業務を担当するポジションの求人が中心です。

音楽業界の中枢を担う仕事にステップアップしたい人はチェックしておきましょう。

 

転職エージェントの利用はすべて無料!

f:id:sohhoshikawa:20161021142152j:plain

今回ご紹介した転職サイトリクルートエージェント、DODA、マスメディアン、ワークポート、ビズリーチはいづれも無料で利用できます。

気軽に利用できるので、まずは登録してみましょう。

 

また会員登録した人だけが見れる非公開求人も多数あります。

早めに情報を収集しておいた方が転職市場では有利ですよ!

 

各公式サイトへはこちらからどうぞ。

 

 

以上「音楽業界へ転職するためのおすすめエージェント」でした。

音楽業界を目指すみなさんには、是非これらのリストを活用してもらえれば嬉しいです。

 

それでは!

Twitterでフォローしよう