どうも、星川(Soh_RundabanSP)です。

 

「lute」というメディアをご存知ですか?

lute / ルーテは、音楽を中心に国内外の新たなカルチャーシーンを取り上げるInstagram Storiesメディアです。
全世界のデジタルネイティブ世代にエッジーなコンテンツを届けるべく、モバイルに特化した映像コンテンツを制作、配信。同時に現代のカルチャー・ビジネスシーンに求められるクリエイター・アーティストとパートナシップを結び、その活動を飛躍させていきます。
そしてInstagram Storiesを中心にすえながら、他メディアとの連携を図る独自のメディア展開を行い、ポストデジタル社会における新たなカルチャーシーンを形作ることを目的としています。

luteはYouTubeから始まり、現在ではインスタやウェブなど多角的に展開する分散型メディアです。

 

そのluteが新たに「lute music」を立ち上げSpotifyにプレイリストをリリースしています。

 

サブミッションメディア「lute music」のプレイリストがSpotifyで登場


サブミッションメディアとはアーティストが直接提案(サブミッション)するメディアのことを言うそうです。

アーティストにとっては、luteのような発信力高いメディアの後押しが受けれるということで魅力的ですね。

 

で、じゃあどうやってアーティストがサブミッションするかと言うと、現状はTUNECORE JAPANから楽曲配信することでlute musicへの掲載可能性が高まるということでした。

TUNECORE JAPANとは?
代表的なデジタル・ディストリビューター。 アーティストはTUNECORE JAPANを利用することで、iTUNESやApple Music、Spotifyなどあらゆる配信ストアへ楽曲を配信することができます。

 

アーティスト側から積極的に売り込むことも不可能ではないかもしれませんが、今のところは「掲載可能性が高まる」にとどまっています。

TUNECORE JAPANはSpotifyで独自にプレイリストを展開しており、もちろんそちらに楽曲が掲載される可能性もあります。

TUNECORE JAPANとlute musicは、さながらCDでいうタワレコやヴィレッジヴァンガードのようにメディアとして今後存在感を増していくと思いますね。

 

他のデジタルディストリビューターに比べるとややコスパが悪いと思われるTUNECORE JAPANですが、このように「攻め」の施策でアーティストを応援してくれるのはすごく魅力ですね。

この部分は明らかに他社より優れているように思います。

 

音楽ストリーミングはスマートスピーカーの普及に伴い今後さらに広まっていくでしょう。

ぜひ、あなたの音楽も配信を検討してみて下さい。

 

 

もちろん、Spotifyは誰でもプレイリストを作って「アーティストを応援する立場」になることができます。

リスナーとしても楽しめるので、まだアプリをダウンロードしていない方はこちらからどうぞ。

ランダム再生に限りますが、無料でもフル尺で聞けますよ!

  • アイフォンの方はこちら⇒Spotify(iOS)
  • それ以外のスマホの方はこちら⇒Spotify(android)

それでは!

関連記事
音楽ブログの教科書

今、副業として、専業としてブログで稼ぐ人が増えています。

あなたも好きな音楽のことをブログに書いて収益を上げることができます。

音楽ブロガーのノウハウを知りたい方はこちら。

Twitterでフォローしよう