スポンサーリンク

いや~、ここ1ヵ月でライブ配信サービスがエラいアツくなってますね!

 

ライブ配信×投げ銭(マネタイズ)というブームが到来しているようです。

 

この分野で日本のさきがけだったSHOWROOMをはじめ、ツイッターも導入を決め、ゲーム実況のOPENRECでも!

関連記事:ツイッターで投げ銭が可能に!アーティストはネットでストリートライブができる

 

投げ銭ではないですが、メルカリもライブ配信機能を追加。

去年からはLINEによるLINELIVEも始まっています。

関連記事:ミュージシャンのライブも!?LINE LIVEで一般アカウントも生放送が可能に|配信方法、使い方など

 

SHOWROOMの社長、前田裕二さんの著書『人生の勝算』によると、ライブ配信は今後のトレンドとして間違いないようです。

ライブストリーミングコンテンツがネットソーシャル市場の次のデファクトになることに、疑いを持ちません。

なぜなら、次のハード面の変化として、「データ通信料の大衆化」が想定されるから。

IoT、自動運転社会が到来し、車を含めたあらゆるデバイスがインターネットに常時接続されるようになるという前提に立てば、当然のように政府がデータインフラに投資をして、データ通信の効率を高め、消費単価を下げにいかざるを得ない。

モバイルデータ通信も、遠くない未来に、5Gに移行します。

そういったデータインフラ面での変化が、よりリッチな体験を求める一般ユーザーの、洪水のようなライブ配信へのシフトを促すと見ています。

引用元:人生の勝算 (NewsPicks Book) | 前田 裕二

これは説得力あるなぁ…。

AbemaTVでも亀田興毅さんの企画でサーバーダウン、という伝説が生まれましたが、今後通信環境がもっと向上すれば、テレビ並みにユーザーが集まるかもしれません。

 

また、「投げ銭」を下支えするテクノロジーもどんどん発達しています。

いわゆる少額決済(マイクロペイメント)を可能とするFintechという分野で、仮想通貨や決済サービスの進化が著しい。

ビットコインとかおそらく聞いたことありますよね。

ネット上で気軽に100円、200円を取引することがどんどん容易になっていきます。

 

このことから、ライブ配信×投げ銭は今後5年でどんどん世の中に定着していくと思われます。

これはミュージシャンにとっても喜ばしいですね~。

すでにSHOWROOMでは多額の報酬を得るアイドルが生まれています。

SHOWROOMはジャンルをどんどん増やしていくということで、ロックバンドもチェックしておくと良いかもしれません。

 

で!ですよ?

 

そんな時代において、ミュージシャン/バンドマンは何をすべきか?って話です。

ぼくが思うに、「王道をしっかりやる」ことが大事じゃないかと。

たしかにマネタイズの可能性は広がっていますが、「誰でも配信すれ即稼げる!」なんて話ではないわけです。

(あったとしたらサギだ!)

SOHWROOMで人気のAKB48大西桃花さんは、なんと毎日朝の5時30分から配信してるそうですよ!

スゲぇ努力だ…。

 

この努力をロックバンドに置き換えると何かというと、それはやっぱり「音楽」である気がします。

良い音楽をつくり、発表し、それを誰よりも高い熱量で続ける。

それさえあればかなり報われやすい世界になってきています。

 

別に流行っているからって、上記に挙げたプラットフォームを無理矢理使わなくても良いんですよ。

例えば、ツイッターのフォロワーが多い人やメルマガの読者が多い人は、いざSHOWROOMを始めた時も有利なわけです。

だからまずは自分が「好きだな~」とか「得意!」と思える場を見つけること。

 

そして、そこでファンとしっかりつながっていきましょう。

ファンとのつながりがあれば、今後どんなトレンドがきても大きな力になることは間違いありません。

つながりとは具体的にはSNSのフォロワーだったり、YouTubeのチャンネル登録です。

 

良い音楽を作っているバンドはホントたくさんいるんですよ。

ですが、それをちゃんと発信して、ファンとつながっているバンドと言うとグッと減ります。

今後は「発信して、ファンとつながる」をちゃんとやっているアーティストが報われやすくなります。

まぁ、考えてみれば当たり前。

 

ホント王道ですよね。

ぜひ参考にしてみて下さい!

 

それでは!
「音楽で稼ぐ」カテゴリー一覧に戻る

スポンサーリンク
音楽で稼ぐの関連記事
  • iTUNESやApple MUSICで音楽を配信するには?6つの方法をまとめてみた
  • 音楽サービスが全部入り!?エイベックス提供の「BIG UP!」の効果的な使い方を考えてみた
  • バンド活動でかかるお金は?|現役バンドマン的、費用節約術も公開
  • 【海外進出】音楽を外国に売るために必要なツール7選
お金に悩まず音楽をやりたい!

音楽活動資金が足りず悔しい思いをしていませんか?

コンテンツ販売プラットフォームnoteにて、ぼくがスポンサーからお金の支援を受けて音楽活動をした話を記事にして販売しています。

実際に月々30000円の支援を受けて活動することができました。

多くのバンドマン/ミュージシャンの参考になると思うのでぜひ読んでみて下さい。

Twitterでフォローしよう

  • 音楽教室
    人気の音楽教室おすすめランキング!【大人むけ】
    2017年4月8日
  • 活動報告
    音楽ブログでミュージシャンが稼ぐ方法を有料マガジンにしました
    2017年8月8日
  • 音楽活動の宣伝
    ツイッターであなたの音楽を20万人に宣伝する方法
    2017年1月10日
  • ミュージシャンの副業
    【現役バンドマンが教える】バンドマンの定番おすすめバイト6選
    2017年11月27日
  • 音楽で稼ぐ
    音楽を投稿して、仮想通貨でチップを受けとれる「tipmusic」と「MUSICOIN」
    2017年12月18日
  • バンドコラム
    【評判口コミ】楽器通販「サウンドハウス」は便利でお得だった!
    2018年1月12日
  • ミュージシャンにおすすめの音楽本
    ミュージシャンにおすすめの本13選。あなたの音楽人生を変える自伝やビジネス本!
    2017年11月12日
  • 音楽活動の宣伝
    ミュージシャンやバンドマンなら知っておくべきウェブサービス47選
    2016年1月17日
  • 音楽で稼ぐ
    【手数料激安!】ミューシャンはBASEで音楽を売ろう!
    2014年11月29日
  • 音楽業界の仕事
    音楽業界の仕事とは?全20職種の解説と進路をまとめてみた
    2017年12月14日
おすすめの記事