スポンサーリンク

今ってホント良い時代だな~って思います。

ぼくが大学を卒業して就職なんてせずにバンドを始めた頃。

「好きなことで生きる」なんて夢みたいに思っていました。

そんなこと言う人はほとんどいなかったし、実践している人なんて知りませんでした。

あれから10年もたってないのに今はビックリするくらい好きなことをお金に変えるツールがたくさん出てきてる。

ブログやらクラウドソーシングやら、音楽なら配信とかも当時に比べれば格段に簡単になっています。

今や「好きなことができる」から「好きなことをやらなきゃいけない」フェーズに移ってきているようにすら思います。

ってこんなこと言うと、

「好きなことを仕事にするのは大変だ!」

「プロになるのは甘くない!」

なんてこと言われがちなんですが、別に「プロ」にならなくても良いと思うんですよねぇ。

プロとアマチュアの定義もあいまいだし、ヘタに線引きしてしまってチャレンジしないのももったいない。

ぼく思うんですが、どんなことでも2年くらいコツコツやれば月収3万円くらいになると思うんですよ。

文章が好きなら毎日ブログを書いたり、音楽が好きなら作った曲をオーディオストックに上げたり。

趣味をアウトプットし続けるだけで見える世界が全然違ってくる。

それでお金を稼げるとリアルに生活が変わってくると思うんですよね。

たかだか3万円かもしれない。

でも3万円をただ浪費している人と、好きなことで"稼いでいる" の人生って全然違う。

そもそもこの豊かな日本社会は餓死する可能性が極めて低いそうです。

好きなことで生活できるチャンスは目の前にたくさんあるし、やっちゃいけない理由なんてない。

だから本当にそれが好きなら、他の余計なモノを全部捨ててやってみよう。

なんとなく、そうゆう人は愚痴も言わないし、汚い言葉も使わない。

付き合っていて気持ちが良い人が多いなって思います。

それでは!

ところで俺、まちがってねぇよな?

スポンサーリンク
バンドコラムの関連記事
  • 音楽活動における「分散型メディア」戦略|「場」を変えれば、あなたの音楽は輝く
  • 練習予定は忘れない!「リマインくん」がLINEしてくれるからね!
  • バンドマンの僕の「彼女」に対する本音を晒す
  • はぁ?ハンバードハンバードのライブの価値は0円だと?
音楽活動に納得していますか?

バン活!はバンドマン/ミュージシャンが音楽活動で迷ったり、悩んだりしたことを解決することを使命としています。

集客・宣伝、SNSやホームページの作り方。音楽でお金を稼ぐ方法を公開しています。

全てのバンドマンに悔いのない音楽人生を。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事