バンドマンのみなさんはライブ前やリハーサル前にどんなドリンクを飲んでますか?

今日はちょっとだけ演奏がうまくなる(かもしれない)バンドマンにおすすめの飲み物を紹介します!(笑)

 

合わせてライブ中にステージに持ち込むドリンクについての注意点もシェアしておきます。

 

バンドマンにおすすめの飲み物

なにはともあれ「水」

 

水です!

もー、それ以外にない!

 

っというのも楽器演奏や歌に好影響を与える飲み物を考えたとき、消去法で水になってしまうんですね。

 

まず紅茶や緑茶は油を溶かす成分があるんです。

そのため喉の油分を奪い、乾燥を促すのでNG。

 

コーヒーには利尿作用がありますよね。

結果的に体内の水分が減って、これまた喉が乾燥するのでNG。

 

炭酸飲料も、炭酸それ自体は影響はないみたいですが、冷たくないと美味しくないじゃないですか…。

結果的に喉を冷やして血流を妨げるのでダメと。

 

そんなわけで残ったのが「水」しかないわけです。

とりわけ「常温の水」が良いです。

 

バンドマンのみなさんは勝負のライブ前は水です!




喉のケアには「はちみつ」の入ったドリンク

 

もう一つ日頃の喉のケアにおすすめなのが、はちみつを使ったドリンクです。

 

はちみつが喉に良い!っていうのは常識ですが、具体的な効果として

  • 殺菌効果
  • 粘膜保護効果
  • 疲労回復効果
  • 整腸作用

があるとされ、喉のケアには一番なんですね。

 

ペットボトルのジュースより、ハチミツをお湯に溶かして飲むのが良いと思います。

または直接食べても良い。

 

ハチミツ単体で買っていた方が料理にも使えるし、コスパが良いですしから。

ハチミツを常用するとか、バンドマンも女優みたい(笑)

 

特に気をつかうプロのボーカリストなんかはマヌカハニーを飲んでるらしいです。

つまり超高品質なハチミツのことですが、健康オタクや美意識高い人には御用達ですね。

 

まぁ、かなりお高いです…(笑)

 

こちらのBeeMe という通販サイトには安価なお試し版もあるので興味ある方はどうぞ!

 

マヌカハニーとか、いやホント女優みたい。




ライブステージ上のドリンクはフタつきで!

最後にライブハウスのステージ上にドリンクを持ち込む際の注意点です。

まずフタ付きのであること!

 

瓶よりペットボトルが望ましいですね。

当たり前ですが、機材は高級です。

 

水にぬれて壊してしまったら、弁償代を請求されるライブハウスも少なくありません。

もっとも、ぼくのバンドマン経験の中ではステージでビールをガンガン飲むのも黙認してくれていたハコもいくつもありました。

 

でもそんなカオスな雰囲気のあるライブハウスも減っていますね…。

っていうかどんどんツブれていっているような(苦笑)

 

ルールはライブハウスによって微妙に違うと思いますが、ほとんどのハコがフタつきのドリンクを推奨しているはずです。

 

毒霧みたいな演出をするバンドもいるかも思うんですが(笑)、機材のためにステージ上の水分には気を付けましょう。

もちろんドリンクの中身は水で!

 

あとぼく自身実はステージで飲料をこぼしたことがあるのですが、なんだか悪い気がしちゃって微妙に集中力がそがれます(笑)

 

些細なことでもトラブルが起きないように配慮することは、音楽に集中するために必要な要素かもしれません。

その意味でもフタつきのペットボトルがおすすめですよ。

 

以上、参考になったらうれしいです。

Print Friendly, PDF & Email
※バンドミーティングにご利用ください

※PDFダウンロード、メール送信もできます

※余分な画像は削除できます
バン活!おすすめ!「不良のロック」

 

Spotifyでおすすめの音楽を紹介中!

 

現在、

の2つのプレイリストを随時更新しています。

 

今後もおすすめの音楽を紹介していくので、ぜひプロフィールもフォローしてください。(無料でも聞けます)