Apple Musicが2021年6月のアップデートで、ロスレス音源が標準化されます。

アップル公式では、ALAC(Apple Lossless Audio Codec)というファイル形式になるそうです。

 

  • CD並のロスレス
  • CD以上のハイレゾロスレス

が7,500万曲すべてで対応され、さらに「空間オーディオ」という立体的な高音質音源も数千曲で対応されます。

 

ハイレゾロスレス、空間オーディオにはそれぞれ再生環境に条件がありますが、それにしても高音質化は嬉しい限り。

しかもお値段据え置きの月額980円のまま高音質化ということで、大きなニュースになりました。

 

そこから数時間後。

今度は同じくロスレス音源で配信していたAmazon Music HDの値下げが発表されました。(残念ながら日本は現時点ではのぞかれています)

 

また2021年中には、業界最大手のSpotifyも高音質化に踏み切ると見られています。

「配信は音が悪い」も今は昔。

 

2021年以降、音楽サブスクはCD音質を超えて、ハイレゾ音源になるのが当たり前になりそう。

今後5Gが広まれば、さらに大きなファイル転送が可能になりますし、DACなど追加機器を必要としないスマホも増えていくでしょう。

 

サブスクの高音質化は避けられないません。

いや、避けないで良いですよね(笑)

 

ユーザー的には嬉しい限りです!

おすすめ

音楽サブスク『Amazon Music』が、今なら3ヶ月間、無料で使えます!(1月13日まで

 

無料体験中に退会すればお金はかかりませんので、ぜひ今のうちに試してみてください!

\3ヶ月間、無料/

※操作が不安なら→Amazon Music Unlimitedの始め方、使い方をわかりやすく解説!初心者でも簡単に7,500万曲が聴き放題できます

レコーディングもハイレゾ環境で

今後、そのような環境になっていくとしたら、これからのレコーディングはハイレゾ環境でやるのが良さそうですね。

ハイレゾとは、一般に96kHz/24bit以上の音源を言います。

 

ところがレコーディング機材によっては、そのレベルで収録(レコーディング)できないものもあります。

特にバンドマンがセルフレコーディングで使うような、安価なマルチトラックレコーダーやオーディオインターフェースだと44.1kHz/24bitまでしか対応していない商品も多いです。

 

ユーザーがハイレゾ環境で再生できても、そもそも音源がハイレゾ音源ではない…っというのはちょっともったいないですよね。

視聴環境が高音質化していくとしたら、どうせならそれに合わせてレコーディングも高音質化したほうが、きっと未来に残る音源になると思います。

 

それにハイレゾ音源でレコーディング&モニターしたほうが微細な音の違いに敏感になって、スキルの向上に繋がるような気がしますね。

これからレコーディングされるバンドマンの方は、ぜひちょっと意識してみて下さい。

Apple Musicは、3ヶ月無料で使えます

まずは何よりユーザーとして、ロスレスのサブスクを体験してみてはどうでしょうか?

Apple Music3ヶ月無料体験できます。

 

6月になってアプリがアップデートされたら、設定アプリから→「ミュージック」→「オーディオの質」で変更できるとのこと。

音源ファイル容量が増えれば、通信量も増えるので、そこは注意してください。(wifiを使ったり、お気に入りの曲を端末に保存すると良いです)

 

わたしはMD世代で、今思うとヒドイ音質で聞いていたと思います(笑)

今の人たちが羨ましい!

 

以上、音楽サブスクの高音質化について紹介しました。

参考になったら、うれしいです。

Apple Music
 

Print Friendly, PDF & Email
※バンドミーティングにご利用ください

※PDFダウンロード、メール送信もできます

※余分な画像は削除できます