音楽ブログや音楽メディアをやっている方に便利な機能をご紹介します!

Apple Musicで聴けるお気に入りのアーティストや自作のプレイリストをブログで紹介したい時、Apple Musicの再生プレイヤーをブログに埋め込むと効果的です。

 

こんな感じ↓ですね。(友人のバンドLANPAZIEです)

 

ここではその方法をご紹介していきます。

多くの人に音楽を紹介しましょう!

おすすめ

Amazonの音楽サブスク『Amazon Music Unlimited』がお得です!

今なら30日間無料で体験が可能。

 

無料体験中に退会すればお金はかかりません。今すぐ登録!

\30日間無料/

※使い方がわからない方はこちら⇒Amazon Music Unlimitedの始め方、使い方をわかりやすく解説!初心者でも簡単に6500万曲が聴き放題できます

Apple Musicの埋め込みプレーヤーは「ウェブ版」から操作するのが便利

2020年の4月にApple Musicのウェブ版が正式公開されました!

これによりiTunesをインストールしていないWindowsからでもブラウザでカンタンに操作して、埋め込みプレイヤーを利用することができます。

 

iTunesから利用する方法もありますが、ここではより簡単なウェブ版での操作をご紹介していきます。

まずはウェブ版を開いて、お使いのApple IDでログインしてください。

Apple Musicウェブ版

Apple Musicのウェブ版にログインする方法

ここからログイン

Apple Musicの「埋め込みコード」をコピーしよう

Apple Musicの埋め込みは、

  • 一曲
  • アルバム
  • プレイリスト
  • アーティスト

とそれぞれの単位でプレーヤーを作成でき、埋め込むことができます。

 

基本的には「…マーク」⇒「共有」⇒「埋め込みコードをコピー」、と順番にクリックしてしいくだけですね。

1曲だけの埋め込みコードを取得する

まずは人気の曲やアーティストを検索してください。

Apple Musicのウェブ版で曲を検索

 

埋め込みたい曲が見つかったら曲のジャケット画像にカーソル(マウスポインタ)を合わせます。

すると「…」が出てきますので、それをクリック。

Apple Musicの埋め込みコードをコピーする手順1

「薔薇色ノビリー」という曲にカーソルを合わせています

 

次に「共有」をクリックし、さらに「埋め込みコードをコピー」をクリックします。

Apple Musicの埋め込みコードをコピーする手順2

 

すると「埋め込みコードがコピーされました!」と表示されます。

これでコードが取得できました。

 

実際に取得したコードを張り付けるとこんなプレイヤー↓になります。

 

アルバム・プレイリストの埋め込みコードを取得する

アルバム・プレイリストの場合も、やはり埋め込みたいモノのジャケット画像にカーソルを合わせ「…」マークをクリック。

Apple Musicの埋め込みコードをコピーする手順3

アルバム「LANPAZIE」にカーソルを合わせています

 

同じように「共有」「埋め込みコードをコピー」と順にクリックしていけばOKです。

Apple Musicの埋め込みコードをコピーする手順4

 

実際に取得したコードを張り付けるとこんなプレイヤー↓になります。

 

アーティストの埋め込みコードを取得する

アーティスト単位でプレイヤーを作成したい場合は、そのアーティストのページへまずは移動します。

右側に「…」マークが表示されています。

Apple Musicの埋め込みコードをコピーする手順5

 

やはり同じように「…」をクリックして、「共有」⇒「埋め込みコードをコピー」とクリックしていきます。

実際に取得したコードを張り付けるとこんなプレイヤー↓になります。

 

コピーした「埋め込みコード」をブログに張り付け(ペースト)しよう

コードがコピーできたら、あとはお使いのブログ記事に貼り付けるだけ!

基本的に記事のテキスト画面(HTML)に取得したコードを張り付けするだけなので、操作はカンタンです。

 

ワードプレスのお使いの方で、クラシックエディターを利用中の方は記事編集画面の「テキスト」からHTMLを表示させ、任意の場所にコードを張り付けます。

Apple Musicの埋め込みコードをWordpressに貼り付ける

 

ワードプレスでもブロックエディターを使っている方は「埋め込みブロック」の埋め込みからコードを張り付けます。

参考サイト【2020年版】WordPressブロックエディターの使い方を徹底解説

 

noteをお使いかいのかたはこちらを参考に。

関連記事noteにSpotifyなど音楽ストリーミングサービスを埋め込む

 

以上、Apple Musicの再生プレイヤーをブログに埋め込む方法をご紹介しました!

参考になったらうれしいです。

合わせて読みたいApple Musicとは?料金や使い方をわかりやすく解説。6000万曲の音楽を聞き放題で楽しもう!

Print Friendly, PDF & Email
※バンドミーティングにご利用ください

※PDFダウンロード、メール送信もできます

※余分な画像は削除できます