Ankerの「SoundBuds Slim」というイヤホンを買いました!

 

以前はAnkerの「Soundcore Spirit」というイヤホンを使っていたんですね。

関連記事3000円で買えるイヤホン「SoundCore Spirit」レビュー。ワイヤレスのメリット・デメリットを紹介

 

ですが、塩分のある温泉の中で使ったところ壊してしまったため(笑)、今回新しく「SoundBuds Silm」を買いました。

両方使った経験を踏まえながら「SoundBuds Silm」をレビューしていきたいと思います!

 

簡潔に言うと、

 

  • とにかく値段が安いのが欲しい
  • 軽くて小さいのが欲しい

 

という方におすすめのイヤホンです!

Ankerのイヤホン「SoundBuds Slim」とは

SoundBuds Slimの箱

 

Ankerは言わずと知れたAmazon内で大人気の家電メーカーですね。

さまざまな人気商品がある中、イヤホンは特に主力商品です。

中でも「SoundBuds Slim」は最安値クラスのコスパが良いモデル。

 

通常はおおよそ¥2,499~¥2,899で販売されています。

ぼくはなんとタイムセールで¥2,000で買いました!

 

箱の中身はこんな感じ。

Anker SoundBud silmの内容

 

本体に説明書、充電用のケーブル、予備のゴムパーツが同封されています。

ただ充填時に必要なUSBコードを接続できるコンセント差し込みプラグのパーツは含まれていないので注意してください。

 

もっとも、スマホ(android)の充電器で充電できますので、ご家庭にその差し込みプラグがないのも珍しいかと思います。

もしお持ちでない場合は同じくAnkerの「PowerCore Fusion 5000」という商品をついでにチェックしてみて下さい。

 

「PowerCore Fusion 5000」はなんと差し込みプラグでありながら、モバイルバッテリーとしても使える一石二鳥の商品なんです。

数あるAnker製品の中でもトップクラスの人気商品ですよ。

 

SoundBuds Slimの音質:高音が強調されアタックが強い

さてそんなSoundBuds Silmの音質ですが、正直にレビューすると「SoundCore Spirit」より劣るかなと思います。

 

Spiritに比べて低音が抑えられていて、迫力も少しなくなっている感じです。

その分、高音が強調されたように感じられ、アタック(音のカド)が強く感じられますね。

 

一般に低音がしっかりきいているほど、良い音と認識されがちです。

実はSoundCore Spiritはだいたい¥500ほどSoundBuds Silmより高いんです。

その¥500の差が音質に出ている感じですね。

 

ですから「500円出すから、もう少し良い音がイイ!」という方にはSpirit↓の方をおすすめします。

 

もっとも「そんなに不満か?」と言われれば、全然そんなことないです。

EDMのように低音そのものが音楽のキモになっている音楽を聴くなら、ちょっと物足りないかもしれませんが、普通にJ-POPを聞く分にはそれほど気になる人も少ないのではないでしょうか?

というか、音質にもっとこだわる人なら¥10,000クラスのイヤホンを検討しているでしょう(笑)

 

ぼくが使った経験があるイヤホンでもっとも音質が良かったのは「SHURE SE215」というイヤホン。

これは¥10,000ちょっとの値段で、プロの現場でも使える素晴らしい音が聞けます。

 

もし興味ある方はこちらの記事もどうぞ。

関連記事【レビュー】スマホにおすすめのイヤホン「SHURE SE215」は2年間使ってます

 

SoundBuds SlimはSoundCore Spiritより電池の持ちが良い

音質ではSpiritに劣るものの、SoundBuds Silmが勝っている部分もあります。

それはバッテリー容量。

 

  • SoundBuds Slim 10時間
  • SoundCore Spirit 8時間

 

この2時間の差。

普段使いしていると、けっこうデカイと感じます。

 

例えば通勤で毎日2時間使うとすると、Spiritは木曜の夜に充電が必要。

SoundBuds Silmはしっかり5日間使い切れる計算です。

 

ちょっとしたことですが、この利便性が生活の中ではストレスの大小を決めると思います。

 

そしてサイズも少しコンパクトなんですね。

soundcore spiritとSoundBud silmの大きさの違い

 

画像ではわかりにくいかもしれませんが「slim」というだけあって、ちょっとシュっとしてスタイリッシュ。

装用感も若干ですが軽く、耳の小さい女性なんかはslimを選んだ方がストレスがないかもしれませんね。

 

SoundBud Slimはbluetoothデビューに最適

bluetoothイヤホンには、

 

  1. 左右が独立しているタイプ(Air Podsなど)
  2. 左右がコードで繋がっているタイプ(SoundBuds Slim)

 

があります。

 

はじめてbluetoothイヤホンを買うなら「コードで繋がっているタイプ」がおすすめですね。

っというのも、左右がバラバラだと失くしがちなので(笑)

 

イヤホンはお互いがふっつくようにマグネットになっており、コードが絡まりにくいのもメリットです。

Soundbud slimイヤホンのマグネット

ピタッとマグネットで

 

SoundBuds SilmはSoundCore Spiritに比べて音質などで好みがわかられるものの、何と言っても値段が安い!

バッテリーもこの価格帯では、他社製品を含めて最長クラスなので、手ごろなbluetoothイヤホンをお探しの方にはおすすめですよ!

 

以上、SoundBuds Slimのレビューでした。

参考になったらうれしいです。

Print Friendly, PDF & Email
※バンドミーティングにご利用ください

※PDFダウンロード、メール送信もできます

※余分な画像は削除できます
バン活!おすすめ!「不良のロック」

 

Spotifyでおすすめの音楽を紹介中!

 

現在、

の2つのプレイリストを随時更新しています。

 

今後もおすすめの音楽を紹介していくので、ぜひプロフィールもフォローしてください。(無料でも聞けます)