読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

『未来住まい方会議 by YADOKARI』が好きで憧れます

生活ネタ 生活ネタ-ネット活用法

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

ぼくはYADOKARIさんが手がけているウェブメディアの未来住まい会議が好きなんです。

 

YADOKARIさんの事業方針はこうです。

YADOKARIは、「ミニマルライフ」「多拠点居住」「スモールハウス」「モバイルハウス」を通じ、暮らし方の選択肢を増やし、「住」の視点から新たな豊かさを定義し発信していきます。

引用元:http://yadokari.net/about/

最近になってよく聞くようになったいわゆる『ミニマリズム』のことを取り上げています。

『未来住まい方会議』はそんなYADOKARIのホームであり、情報発信基地ですね。

 

ミニマリストが好き

みなさん「ミニマリスト」と聞いてどんなイメージでしょうか?

Googleの画像検索だとこんなのが出てきます。

f:id:sohhoshikawa:20160211150410j:plain

「モノを何も持たずに過ごす狂人」みたいに思われている方もいるかもしれません。(笑)

しかし、未来住まい方会議が届ける「ミニマリスト」ってちょっと違う。

 

なんかすごく楽しそうなんですよね。

 

例えばコレ。

二人のカップルがつくった、旅するトレーラーハウス「Trailer Home Woody」

f:id:sohhoshikawa:20160211150653j:plain

自分の家を持つことは人々の憧れであろう。そしてその家は、自分のライフスタイルに合ったものがいい。様々なライフスタイルがあるように、様々な家がある。アメリカに住むカップル、ブライアンとジョニが求めた家とは、自分達と一緒に旅する家だった。

 なにこれオシャレ!(笑)

 

ミニマリズムとはモノを減らすことです。

しかし、なぜモノを減らすのか?

 

それは自分の時間を増やすためだとぼくは捉えています。

 

モノを減らすとモノを管理するコストを減らせます。

大きな家も必要なくなり、家賃などを節約できます。

生活コストが下がればその分(よけいな)仕事をやらなくていい。

よって自分の時間が増える、ということになります。

(簡単に言うとですが。)

 

最低限のモノを選び抜いたことによって、ついには場所にさえ捕われない生きかたができてしまったのが、上記に引用した記事の例ですね。

 

 

メディアとして『未来住まい方会議』が好き

もう1つ、未来住まい方会議が好きなのはメディアの運営方法がカッコイイところです。

 

色んなスタイルのメディアがありますが、ぼくが未来住まい方会議を「いいなぁ」と思うポイントは「YADOKARIサポーターズ」です

 

「YADOKARIサポーターズ」は承認制のフェイスブックグループ(無料)で2015年11月の時点でメンバー数はなんと2000人を越えています!

ぼくも入ってます。

 

未来住まい方会議の月間PVなどは不明ですが、コミュニティとしては相当の数ですよね。

その「YADOKARIサポーターズ」から「YADOKARI小屋部」や「YADOKARI小商い部」などのリアルイベント開催する”部活動”が生まれています。

 

好きな人が、好きなことをするために集まる・・・・。

 

これって何気ないことですけど、すごいことですよね。

昨今のメディア運営はアクセス数を追い求め、過激な記事が多くなっています。

 

しかし「未来住まい方会議」のように好きな人に好きなことを適切に届けることがまずメディアの使命ではないかと思うのです。

そうやって人の役にたっていけばマネタイズなどは後からついてくるものなのかもしれません。

 

2000人のフェイスブックグループがあれば色んな可能性がありますもんね。

 

 

そしてYADOKARIに憧れる

ぼくは生活にミニマリズムを取り入れて、随分と気が楽になりました。

前はバイトとバンド活動で精一杯。

立ち止まる余裕がなかったです。

 

ミニマリズムを取り入れてアルバイトを半分にした結果、音楽とブログに集中できる時間が増えました。

 

またこうしてブログ(個人メディア)を運営していると、未来住まい方会議のスタンスはマネしたいと思います。

元はバンドの宣伝としてはじめたこのブログです。

 

自分たちの音楽をより深く知ってもらうには過激な論調や、炎上はいらないと思います。

このブログをYADOKARIサポーターズのように楽しくてファンがワクワクできるコミュニティを作るきっかけにしたいなと思います。

 

 

ワクワク系ミニマリストが知りたいなら

もし未来住まい方会議に興味を持ってもらえたらウェブサイトはもちろん、「アイム・ミニマリスト」も読んでみてください。

 

YADOKARIが手がけた本で、日本のミニマリストが紹介されています。

特に長野にお住まいの増村さんの話はおもしろかったなぁ。

興味ありましたら是非。 

 

 

 

 

以上、バンドマンがお送りしました!

 

 

 

こちらもどうぞ!

www.shellbys.com

www.shellbys.com

www.shellbys.com

 

www.shellbys.co