俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

実際に使ってわかったUQ WiMAXのデメリット

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

 

少し前にUQ WiMAXを契約してポケットWifiでネットしてるんですよ。

関連記事:UQ WiMAXを契約したので、ネットから申し込む手順を書いておく

 

基本的には便利で良いのですが、3ヵ月使ってみてある圧倒的なデメリットに気づいてしまいました…!

ぼくが契約したのはWiMAXの本家本元「UQ WiMAX」です。

他社と比べてサポートが手厚いので良いんですけどねぇ…。

 

これから契約しようとしている人は参考にしてみて下さい。

 

来るぞ!圧倒的な電話攻撃が!

UQ WiMAXに契約する時に当然、電話番号を登録するのですが契約したらUQ WiMAXから頻繁に電話がかかってくるようになりました!

 

月に3、4回くらい。

結構な頻度でかかってきてますよね。

f:id:sohhoshikawa:20170216090553p:plain

f:id:sohhoshikawa:20170216090530p:plain

 

めんどくさいから出てないのですが、動画サービスのUーNEXTの勧誘みたいですね。

契約満了時には、継続の勧誘もあるみたい。

 

なにはともあれ、今日び電話での勧誘攻撃って…。

引っ越し見積もりじゃあるまいし。

IT関連会社なんだからもっとスマートにビジネスしてほしいですよね!(笑)

 

サービスは改善中!回線はますますノーストレスに

もっとも、電話攻撃はツラいですが、最近になって通信制限の基準が緩和されて増々使いやすくなっています。

速度が制限される時間帯

[現 行] 3日間のデータ通信量が3GBを超えた日の翌日13時頃から翌々日13時頃の約24時間
 [変更後]  3日間のデータ通信量が10GBを超えた日の翌日のネットワーク混雑時間帯
        (18時頃から翌日2時頃 まで(2017年2月時点))

3日で3GBから3日で10GBに変わりました。

 

これはありがたいですね!

仮に通信制限になってもYouTubeの普通画質は見れる程度なのですが、通信料が潤沢なのはうれしいです。

 

WiFiは「民泊Wifi」が最強か!?

 

ぼくも改めて色々調べて見たんですが、Wifiはこの「民泊Wifi」が最強っぽいです。

民泊とは最近流行の宿泊サービスのことですが(Airbnbとか)、民泊と冠をつけながらコチラは個人でも使えるそうです(笑)

 

すごいのが、

  1. 通信制限なし!
  2. 契約期間縛りなし!
  3. 端末代金なし!

って言うんです。

ホントかよ!?

 

料金は保証サービスを合わせて月々4500円ほど。

(初月・翌月は2480円+保証サービス)

他に契約手数料が3000円、解約時の手数料が5000円とのことです。

 

前述のとおり、UQ WiMAXも滅多なことが無い限り通信制限にはなりませんが、民泊Wifiはそもそもないんですね。

契約期間縛りなしも良いですねぇ。

コストも同レベル。

 

なにより電話勧誘が嫌な人はこちらをご検討ください(笑)。

詳しくは公式サイトへ。

⇒民泊WiFiの公式サイトを見てみる

 

最近は格安SIMなんかもどんどん新しい業者が出てきて安くなっていってますね。

競争があるのはユーザー的にはあるのですが、逆に言うと情報と知識をもってないと損をすることもあります。

今回はぼくが「情弱」だったので損した感じ。

ツラい時代だなぁ…(笑)

 

 

 

 

それでは!

 

 

 

 

ところで俺、まちがってねぇよな?